結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚姻届を出すのに必要な「戸籍謄本」と「戸籍抄本」…なにが違うの?

音声で聴く!

0:00

0:00

婚姻届を出すとき、
一緒に提出しなければならない「必要書類」がいくつかあります。

その中で、今回は「戸籍謄本」と「戸籍抄本」について調べてみました。

なんだか難しそうな名前の書類ですが、いったいコレは何なのでしょう?

そもそも読み方は?

あなたの「?」を
まとめて解決していきます。

INDEX
「戸籍」とは?
「戸籍謄本」とは?
「戸籍抄本」とは?
婚姻届に必要なのはどっち?
なぜ戸籍謄(抄)本が必要なの?
戸籍謄本・戸籍抄本の取り方について

「戸籍」とは?

まず最初に「戸籍」について。
聞いた事はあると思いますが、戸籍って何を指しているのでしょう?

「戸籍」とは、「国民の身分関係を登録しておき、それを証明する公文書」です。

…ムツカシイですね。

もう少し簡単に言うと、

『この人たちは親子ですよ』『夫婦ですよ』ということを、正式に証明してくれる書類

ということです。

戸籍って書類のことだったんですね。

戸籍は書類なので、オリジナルとなる原本が存在しています。

その「戸籍の原本」が保管されている場所を「本籍地」と呼び、役所でしっかりと管理されています。

例えば京都市が本籍地の場合、「戸籍の原本」は京都市役所に保管されています。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

「戸籍謄本」とは?

まずは読み方から。
「戸籍謄本」は、「こせきとうほん」と読みます。

「戸籍謄本(こせきとうほん)」には、この「戸籍の原本」にのっている内容が「全部」書かれています。

そして「その内容は正しいですよ~」と証明してくれる書類なんです。

戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」とも呼ばれます。
つまりフルバージョン。

「戸籍の内容『全部』を証明してくれる書類」というわけですね。

戸籍に入っている「全部の人の」情報がのっているのです。

また、戸籍謄本の「謄」とは、「原本どおりに写す」という意味だそうで、ここからも戸籍の原本を『そっくりそのまま』写した書類であることが分かります。

「戸籍抄本」とは?

まずは読み方から。

「戸籍抄本」は、「こせきしょうほん」と読みます。

戸籍抄本は、戸籍にのっている人のうち、「一部の人(たいてい1人分)の内容だけ」を写して証明してくれる書類です。

「戸籍部分事項証明書」とも言います。

「一部だけ証明する」ので「部分事項」という名前なんですね。

つまり「簡易版」。

また、戸籍抄本の「抄」とは、「長い文章などの『一部を抜き出して』書く」という意味のようです。

漢字の意味からも違いが分かりますね。

婚姻届に必要なのはどっち?

婚姻届に使うのは、「戸籍謄本」と「戸籍抄本」どっちなのでしょう?

多くの市区町村では、「婚姻届といっしょに『戸籍謄本』を出してください」と言っています。

しかし、一部の市区町村では「戸籍謄(抄)本」が必要と書いてある場合も。

この場合は「謄本」「抄本」どちらを出してもOKです。

不安な人は事前に役所へ連絡して、どっちを出せばいいか聞いてみましょう。

なぜ戸籍謄(抄)本が必要なの?

そもそも、なぜ「婚姻届」の手続きに「戸籍謄(抄)本」がいるのでしょう?

役所での「婚姻届」の手続きは、次のように進みます。

【役所のお仕事】
1.婚姻届を受け取る
2.結婚する二人それぞれの戸籍から情報を写して、新しい戸籍を作る。3.新しい戸籍に、「この二人は夫婦ですよ」と記録する。4.新しい戸籍が作られたことを、今までの本籍地に通知する。5.今までの本籍地にある戸籍から、結婚する二人の籍を抜く(除籍する)。


「戸籍謄(抄)本」がなぜ必要なのかというと、

それはつまり
結婚するふたりの戸籍を新しく作るために必要な書類だから。

ということなんですね。

戸籍謄本・戸籍抄本の取り方について

最後に、「戸籍謄本」や「戸籍抄本」の取り方をご紹介します。

戸籍謄(抄)本は、「本籍地の役所」でもらえます。

「本籍地」というのは「戸籍が置いてある場所」のこと。

本籍地『以外の』役所へ行っても、戸籍謄(抄)本をもらえないのでご注意を。

戸籍謄(抄)本の取り方には、次の3つの方法があります。

1 「結婚する本人が」役所へ「直接行ってもらってくる」

一般的には、役所では平日の決まった時間しか対応してもらえないので、事前に受付時間を確認しておきましょう。

2 「代理人が」役所へ「直接行ってもらってくる」

本人が直接役所へ行けない場合は、代理人に任せることもできます。

代理人が役所の窓口へ行くときは、次の持ち物が必要です。

・本人からの委任状

・代理人の本人確認のための書類

 (免許証やパスポートなど)

・代理人の印鑑(認め印でOK)

3 役所から「郵送してもらう」

本籍地が今の住所から遠い人や、平日役所に行けない人には、「郵送請求」がオススメです。

郵送してもらうためには、

「本籍地の役所の、戸籍をあつかっている部課」

に、次のものを送ってください。

・戸籍謄本の請求用紙

各市区町村のホームページからダウンロードできます。

「ダウンロードができない」「ホームページが見つからない」といった場合は、かわりに便せんを使うこともできます。

その場合は各市区町村の担当者に電話して、書き方を教えてもらいましょう。

・運転免許証などの身分証明書のコピー1枚

本籍地とは違う住所に住んでいる場合は、「いまの住所がわかる身分証明書(免許証など)」をコピーして送ってください。

・定額小為替(ていがくこがわせ)、または現金書留(げんきんかきとめ)

戸籍謄本を郵送してもらうには、一通450円かかります。

ただし、市区町村によって手数料が違う場合もあるので、役所のホームページや電話で事前に調べてみてください。

手数料の支払いには、「定額小為替」か「現金書留」を使います。

「定額小為替」は郵送用の金券のようなもの。
現金の代わりとして送ることができます。

「現金書留」は現金を専用の封筒に入れて送る仕組みのことです。

・返信用封筒

返信用封筒には自分の宛名を書き、切手を貼っておきましょう。

郵送してもらう場合は、請求してから手元に届くまでに1~2週間かかります。

余裕をもって、早めの行動が必要です。


以上、戸籍謄本の取り方でした。

わからない点があれば、市区町村の役所の担当者に問い合わせてみて下さい。
丁寧に教えてくれると思います。

まとめ

「戸籍謄本」は、戸籍を「全部」写した書類。

「戸籍抄本」は、戸籍の「一部」を写した書類です。

多くの場合、婚姻届と一緒に出すのは戸籍「謄本」の方。
市区町村によっては「抄本」でもOKな場合があります。

気になる人は、役所へ確認してみましょう。

また、戸籍謄本・抄本をもらえるのは、戸籍が置かれている「本籍地の役所だけ」ということでした。

本籍地から離れたところに住んでいる人は郵送してもらうのがオススメですが、手元にとどくまでには少し時間がかかるので注意しましょう。

婚姻届の提出の流れについては、こちらの記事で詳しく説明しています。あわせて読んでみてくださいね。

婚姻届をもらう場所・提出先・必要書類…手続きの流れカンタン解説!

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る