結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

国際結婚をしたら、国籍・戸籍はどうなる?名字は変わるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

外国人との「国際結婚」を考えている人。

「結婚したら、国籍や戸籍はどうなるんだろう?」

と気になっていませんか?

ここでは、国際結婚をした場合に、日本人と外国人それぞれの「国籍」「戸籍」がどうなるのかをご紹介。

結婚後の「名字」についてもまとめたので、ぜひ参考にしてください!

INDEX
結婚後の国籍について
戸籍はどうなる?
名字は変わるの?

結婚後の国籍について

国際結婚した場合、それぞれの国籍はどのようになるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

1 日本人男性と外国人女性が結婚した場合

この場合はとてもシンプルです。

・日本人男性・・・日本国籍のまま

・外国人女性・・・外国籍のまま

国籍についての手続きは必要ありません。

2 日本人女性と外国人男性が結婚した場合

日本人の女性が外国籍の男性と結婚する場合は、バリエーションが生まれて複雑です。

相手の国によって、つぎのa~cのケースが存在します。

a)手続きは不要
b)場合によっては手続きが必要
c)かならず手続きが必要

それぞれどんな流れになるのか、見ていきましょう。


a)
一番シンプルなのはこれ。

・外国人男性
⇒ 外国籍のまま

・日本人女性
⇒ 日本国籍のまま

この場合、国籍についての手続きは、特に必要ありません。


b)
男性の国籍がフランス、タイなどの場合。


・外国人男性
⇒ 外国籍のまま

・日本人女性
この場合、何も手続きをしなければ女性は日本国籍のままです。

日本国籍のままでいい人は、手続き不要ということになります。

一方、「パートナーの国の国籍を取得したい」という人は、結婚後に「意思表示の手続き」が必要です。

ただし、
パートナーの国の国籍を取得すると同時に、女性の日本国籍は失われることに。

意思表示の手続きは国によって方法が違うので、知りたい人はパートナーの国の大使館・領事館へ問い合わせをしてください。

c)
男性の国籍がイランなどの場合。

・外国人男性
⇒ 外国籍のまま

・日本人女性
自動的に外国籍を取得しますが、日本国籍も保持。

このとき、女性は2つの国籍を持つ「二重国籍」になります。

日本では「二重国籍」が認められていないので、女性はどちらかの国籍を選ばないといけません。

かならず手続きが必要、ということですね。

具体的には、
「国籍選択届」という書類を、結婚から2年以内に提出する必要があります。

国籍を選択しないままでいると、法務大臣から「国籍を選択してください」という通知が来ます。

それでも手続きを放っておくと、なんと日本国籍を失ってしまうことに…!

かならず「国籍選択届」を提出するようにしましょう。


以上、「国籍」についてでした。

続いて「戸籍」を見ていきましょう!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

戸籍はどうなる?

外国人パートナーについては、日本での戸籍は作れません。

その代わり、日本人の戸籍に、外国人パートナーの情報が追加されます。

具体的に言うと、戸籍の「身分事項」欄の「婚姻」という所に、パートナーの氏名・国籍・生年月日が書かれます。

※画像クリックで全体が見れます。  

ちなみに、この「日本人の戸籍」とは、「結婚する本人が『筆頭者』である戸籍」のこと。

「筆頭者」とは、戸籍の中で一番はじめに名前がくる人のことです。

・・・と言ってもよく分からないと思うので、例を2つの場合に分けて、見ていきましょう。

例1 結婚前に家族の戸籍に入っている場合

たとえば、結婚する前の時点で、あなたがこんな戸籍に入っているとします。

[結婚前の戸籍]



あなた(長男or 長女)
※筆頭者は父親

外国人パートナーの情報が載るのは、「結婚する本人が筆頭者」の戸籍でしたね。

上の戸籍は「父親が筆頭者」なので、あなたが外国人と結婚しても、外国人の情報はこの戸籍には載らない、ということに。

ただ、あなたが国際結婚の手続きを進めて、役所で認められると・・・
こんな戸籍が、新しく作られます。

[結婚後の戸籍]

あなた
※筆頭者はあなた

これは結婚する本人のための新しい戸籍。

「筆頭者」はあなた、つまり「結婚する本人」なので、この戸籍に外国人パートナーの情報が書かれることになります。

例2 結婚前に自分の戸籍を持っている場合

「結婚する前の戸籍で、自分が『筆頭者』になっている」という場合。

この場合、結婚の手続きをしても新しい戸籍は作られません。

今入っている戸籍に、外国人パートナーの情報が追加されることになります。

戸籍については以上です。
最後に、「名字」について見ていきましょう!

名字は変わるの?

たとえば、「鈴木 花子」さんという日本人女性と、「ジョン・スミス」さんという外国人男性が結婚した場合、

「鈴木 花子」さんの名字はどうなるのでしょうか?

つぎの2つのケースに分かれます。

ケース1 日本名そのまま

国際結婚の場合、ふつうに婚姻届を出して、他に手続きをしなければ、夫婦の名字は別々になります。

つまり、「鈴木 花子」さんの名前もジョン・スミスさんの名前も、そのまま変わらないということですね。

ただ、パスポートには、かっこ内に外国人パートナーの苗字をつけることもできます。

例えば鈴木花子さんの場合、

姓:SUZUKI(SMITH)
名:HANAKO

という形です。

ケース2 名字を変える

「名字を外国のものへ変えたい」というときは、結婚後6ヶ月以内に、市区町村役所に届け出が必要です。

必要な書類は
「外国人との婚姻による氏の変更届け」
となります。

役所に置いてあるので必要事項を書いて、提出してください。

この「変更届け」は、婚姻届と同時に提出すると一番スムーズなのでおススメです。

婚姻届の提出については、こちらの記事を。
国際結婚に必要な書類って?手続きの流れを分かりやすく解説!

もし同時に出せない場合は、戸籍謄本を準備する必要があるのでちょっと面倒。

さらに、結婚から6ケ月を過ぎてしまうと役所での変更はできなくなります。

この場合、家庭裁判所に申し立てをしなければならないので、かなり面倒なことに。

注意をしましょう。

無事手続きが済むと、「鈴木 花子」さんは戸籍上「スミス 花子」となり、名字がカタカナで登録されます。

まとめ

国際結婚をしたときの、国籍・戸籍・名字についてお届けしました。

パートナーの国籍によって、用意する書類や手続きのパターンが違うことには注意しましょう。

戸籍は、パートナーの分はできない代わりに、日本人側の戸籍にパートナーの情報を書いてもらえます。

名字は、基本的には日本名のまま。
変更したい人は、6ヶ月以内に役所へ届け出。
ということでしたね。

他にも疑問があれば、市区町村の役所や、パートナーの国の大使館・領事館に尋ねてみるのが一番ですよ。

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る