結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚姻届と住民票の関係って?どんな場合に住民票の変更が必要なの?

音声で聴く!

0:00

0:00

「結婚のための手続き」といえば、何を思いつきますか?

「まずは『婚姻届』、それから・・・『住民票』とか?」

そうですね。
でも、住民票の手続きって、しなくて良い場合もあるんです。

気になりませんか?

とまどう人も多い「婚姻届」と「住民票」の関係や手続きについて、分かりやすく解説します!

INDEX
婚姻届とは?
住民票とは?
婚姻届と住民票の関係
住民票の「異動」が必要な場合は?

婚姻届とは?

「婚姻届」と「住民票」の関係をみていく前に、それぞれどのような書類なのか、見ていきましょう。

まずは婚姻届から。

婚姻届は、「二人の結婚を法的に認めてもらうための書類」です。

婚姻届を役所に提出して受理されると・・・
それまで「親の戸籍」に入っていた二人が独立!

二人の「新しい戸籍」が作られ、「この二人は夫婦ですよ」と役所で記録をしてくれます。

また、婚姻届を書くときには、「結婚する二人のどちらの名字を、結婚後の名字にするのか」を選びます。

二人のうち、このとき選んだ名字の人が、新しい戸籍の「筆頭者」です。

「筆頭者」とは、「戸籍でいちばん初めに名前がくる人」のこと。

たとえば夫の名字を選ぶと、新しい戸籍の中で、夫の名字がいちばん最初にくることになります。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

住民票とは?

続いては住民票。

「住民票」と「戸籍」の違いがよくわからない人もいるのではないでしょうか?

簡潔に言うなら、
「戸籍」は「夫婦や親子の関係を公的に示すもの」
「住民票」は「個人の居住関係を公的に証明するもの」です。

と言ってもわかりにくいと思うので、住民票の見本を見てみましょう。

自治体によって様式は違いますが、だいたいこんな感じです。

「氏名」や「住所」、つまり「誰がどこに住んでいるか」が書いてありますね。
ほかにも、「住むことに関するいろいろな情報」がまとめてあります。

たとえば…「世帯主」ってなんでしょう?

まず、「世帯」とは?

これは、「いっしょに住んで、生計を立てている人たちのまとまり」を言います。
「住んでいるところ」ではないので、「住所」とは別。

一つの住所に二つの世帯があってもOKです。

そして「世帯主」とは、その「世帯」の「主」、つまり「代表者」のことです。

一般的には、「その世帯において、メインで生計を立てている人」が世帯主となることが多いようですが、厳密な決まりはありません。

なので、夫妻どちらが世帯主になっても良いですし、「同じ所に住んでいるけど、世帯は二つで二人それぞれが世帯主」というパターンもアリ。


あと、住民票の項目で他にわからないところとなると・・・

「本籍地」でしょうか?

これについては下の記事でくわしく説明しているので、気になる人はチェックしてください。

婚姻届を出すのに必要な「戸籍謄本」と「戸籍抄本」…なにが違うの?

婚姻届と住民票の関係

では、「婚姻届」と「住民票」にはどのような関係があるのでしょうか?

婚姻届が無事に受理され、二人の新しい戸籍が作られると・・・

手続きをしなくても、住民票の内容の一部が「自動的に」!変更されます。

変更される項目は次のとおりです。

・住民票の「氏」「本籍地」「筆頭者」

新戸籍の「氏」「本籍地」「筆頭者」に自動的に変わります。

・世帯主との「続柄」

たとえば、[同居人]から[妻][夫]というように変更されます。

まとめると、
住民票の「氏」「本籍地」「続柄」などは、婚姻届を出せば役所の方で変更をしてくれるのです。

ただ、変更してもらえない部分もあって、そこは自分で手続きをして変えないといけません。

「婚姻届」の提出の際に、「住民票」の変更手続きがいるのはどんなときでしょう?

続けて説明していきます。

住民票の「異動」が必要な場合は?

「異動」とは、公的な書類の内容を変更することです。

「婚姻届を出すのと一緒に、住民票の『異動』も必要となるケース」

について見ていきましょう。
大きく分けて次の2つです。

転居(転出・転入)を伴うケース


「転居」、つまり「引っ越し」ですね。
結婚を機に引っ越して新生活を始める、というカップルは多いと思います。

具体的に言うと、次の場合です。

・それぞれ別の住所に住んでいた二人が、結婚して二人で新住所に住む場合

・夫(妻)の住んでいる場所に、妻(夫)が引っ越して一緒に住む場合

これらの場合には住民票の異動が必要になります。

「世帯主」の変更を伴うケース


結婚前から同棲しているなどで、住民票はすでに同じ住所になっている二人。
しかし、世帯主はそれぞれ別になっているので、一つにしたい。

このときは異動の手続きが必要です。

以上をまとめると、
住民票の「住所」や「世帯主」を変更したいときは、異動の手続きをしなければならない。

ということでした。

それでは、住民票の異動は、どのようにして手続きを進めれば良いのでしょう?

引っ越しをする場合について見ていきます。

住民票の異動は、次の3ステップです。

ステップ1
前の住所の役所で「転出証明書」をもらう

ステップ2
「婚姻届」に[引っ越し先の住所]を記入

ステップ3
引っ越し先の住所の役所で「転入届」を書き、「転出証明書」「婚姻届」といっしょに提出


これで書類に間違いがなければ、新しい住民票をその日のうちに発行してもらえます。

なお、「転出証明書」の有効期限は2週間!

2週間以内に後続の手続きをしないと、転出証明書は無効になってしまうので注意です。

わからないことがあれば、引っ越し先の住所の役所に問い合わせてみましょう。

まとめ

住民票の項目のなかには、

・婚姻届を出しただけで、自動的に変更されるもの

・婚姻届を出した上で、変更の手続きをしないといけないもの

があるということでした。

変更の手続きをしないといけないのは、
「引っ越しをしたとき」もしくは「『世帯主』を変更したいとき」。

逆にいうと、それ以外の場合は手続き不要です。

自分たちがどのケースに当てはまるのか事前に確認してから、手続きするようにしましょう。

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る