結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

そもそもエンゲージリング(婚約指輪)とは?どんな意味があるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

婚約指輪をつけた女性の手元

公式インスタグラムはじまりました!

プロポーズや結婚を考えている人がよく見かける、「エンゲージリング」という言葉。

エンゲージリングとは「婚約指輪」の別名なのですが・・・そもそもそれって、どんな指輪なの?

婚約指輪とは何なのか、意味や役割、デザインなどのキホンをご紹介。

価格の相場や購入タイミングといった知識も、あわせてお届けします!結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

エンゲージリングの意味や役割って?

エンゲージリング(婚約指輪)とは、「婚約の証として、男性から女性へ贈られる指輪」のこと。

女性の左手薬指に指輪を嵌める男性

「エンゲージメントリング」とも呼ばれます。

「エンゲージメント」とは「約束、契約」のこと。

古代ローマでは男性側の家から女性側の家へ、結婚という「契約」への「手付金」の意味で婚約指輪を贈っていたとの説があります。

これは結婚を「家同士の契約」ととらえていた時代の話で、現在では男性の愛情や決意を表すものとして、婚約指輪を贈るのが一般的です。

ふたつの家と交差する円

プロポーズの言葉とともに男性が小さな箱をパカッと開けて、指輪を差し出す・・・というシーンは有名ですよね。

跪いて箱に入った指輪を差し出す男性と驚く様子の女性

女性にとっては、彼が自分のために考えて選び、お金を出して用意してくれた「誠意の証」。

必ずプロポーズのときに必要という決まりはありませんが、プロポーズを後押しするアイテムとして、浸透しているのは事実です。

他にもエンゲージリングには、次のような役割があります。

周りにふたりの婚約が自然と伝わる

女性が左手の薬指に指輪をしていると、それを見た周りの人に「パートナーがいるんだ」と気づいてもらうことができます。

左手薬指に嵌められた指輪

普段から付き合いのある人には、なるべく自分の口で結婚報告をした方が良いですが・・・

それ以外の人にも、婚約指輪をつけていれば自然と伝わるのは便利かもしれませんね。

婚約の記念品になる

両家の親とともに集まって行う「顔合わせ食事会」や、婚約の儀式である「結納」の場で、婚約指輪を披露することも。

地域によっては結納で贈る結納品の1つに指輪が含まれることがあります。

婚約指輪と結納セット

顔合わせ食事会では「婚約記念品」として指輪をお披露目すると、場が盛り上がるとの声も多いですよ。

特別なおでかけにつけて行ける

エンゲージリングは結婚前の婚約期間につけるものと言われますが、結婚後にもいろんな場面でつけられます。

たとえば友人の結婚式や、子どもの入学式、記念日に夫婦でディナーを楽しむときなど。

ダイヤモンドがきらきら輝くエンゲージリングは、ドレスアップした服装に華を添えてくれます。

エンゲージリングをつけてドレスアップした女性

最近では、デートや外で食事をするときなど、普段から気軽につける人も増えているようです。

婚約指輪をつける場面については、こちらも参考にしてください。

婚約指輪はいつつけるの?結婚後の普段の使い道も解説!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

デザインや素材はどんなもの?

エンゲージリングには、大きめのダイヤモンドが留められていることが多いです。

ダイヤモンドが付いたエンゲージリング

いろいろある宝石の中でも、ダイヤモンドが選ばれるのはなぜなのでしょうか。

ダイヤは数ある天然の鉱物の中でも最も硬い鉱物の1つであり、長い年月を経ても変色せず、ずっと輝き続ける宝石として有名です。

また、「永遠の絆」や「純潔」といった宝石言葉もあります。

「硬く、変わらない」ダイヤの性質や宝石言葉が、ふたりの永遠の愛を結ぶエンゲージリングにぴったりなんですね。

輝くダイヤモンド

ダイヤモンドについてはこちらの記事が参考になりますよ。

婚約指輪に使われるダイヤモンドについて絶対知っておくべきこと3つ

婚約指輪のデザインとしてポピュラーなのは、一粒ダイヤを持ち上げるように留めてある、「立て爪」というもの。

立て爪の婚約指輪

他にはリングにダイヤがはめ込まれている「埋め込みタイプ」などもあって、こちらは引っかかりにくく、使いやすいデザイン。

ダイヤがはめ込まれた婚約指輪

下記の記事では代表的なデザインを紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

婚約指輪(エンゲージリング)のデザインってどんなの?選ぶポイントを解説!

また、結婚指輪と重ねづけできるデザインなら、つける機会を増やせますし、コーディネートの幅も広がります。

重ねづけを前提につくられたセットリングも人気です。
セットリングについてはこちらをどうぞ。

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけするにはどうする?セットリングの魅力って?

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけする女性


エンゲージリングの素材として使われる金属で人気が高いのは、プラチナとゴールド。

特にプラチナは美しい白色で変色しにくく、希少性も高いため、国内では人気の素材。

ゴールドはイエロー、ピンク、ホワイトと色にバリエーションがあり、好みや肌との相性に合わせて選べるのが魅力です。

プラチナ、ゴールド、ピンクゴールドのリング

素材についてはこちらをどうぞ。

婚約・結婚指輪の素材「プラチナ」「ゴールド」「ピンクゴールド」って何?

価格はいくら?いつ買えばいい?

「結婚スタイルマガジントレンド調査2019」(※1)によると、婚約指輪の価格の相場は30~40万円となっています。
(以下、データ出典は同じ)

婚約指輪の予算について詳しくは、こちらを参考にしてくださいね。

婚約指輪の予算の決め方はどうする?平均金額や彼女が期待する値段は?

購入の時期は、贈りたいタイミングと、指輪を受け取るまでにかかる期間を考えて決めましょう。

指輪を贈るタイミングについて考える男性

注文から受け取りまでの期間は次の通り、購入方法によって違います。

・すでに出来上がった指輪から選ぶ「既製品」
⇒2週間~1ヶ月(記念日などの刻印やサイズ直しの期間含む)

・デザインやダイヤモンドなどを選んで組み合わせられる「セミオーダー」
⇒3週間~1ヶ月半

・一からデザインを考える「フルオーダー」
⇒2~3ヶ月(デザイナーとの打ち合わせ期間含む)

これらはあくまで平均的な期間なので、正確な期間は必ずお店に確認を。

ちなみに、指輪を探しはじめるタイミングは「結婚式の1年以上前」を選んでいる人が一番多く、みんな早めに動いているようです。

カレンダー

購入のタイミングや納期については、下記の記事で詳しく紹介しています。

知りたい!婚約指輪を買うタイミングっていつ?

婚約指輪がプロポーズに間に合わない?!注文から出来上がりまでの期間は?

選ぶのは男性?女性?

エンゲージリングを購入するのは基本的に男性ですが、選ぶのは誰なのでしょうか?

既婚者へのアンケート(※2)では、「夫」が43.4%、「ふたりで選んだ」が39.8%、「妻」が16.3%という順に多くなっています。

おおむね、次の2パターンが多数派のようですね。

・サプライズで指輪を贈るため、プロポーズ前に男性1人で選ぶ

または、

・プロポーズの後にふたりで選ぶ

「サプライズしてくれたら嬉しい!」

喜ぶ女性と微笑む男性

という女性がいる一方で、

「自分好みの指輪を選びたい」
「ふたり一緒に選ぶ時間も思い出になる」

指輪を一緒に選ぶカップル

との意見もあります。

「サプライズ」と「一緒に選ぶ」両方を叶えたいなら、プロポーズリングがおすすめです。

プロポーズ専用の指輪であるプロポーズリングでサプライズをした後、エンゲージリングは一緒に選ぶことができます。

おすすめのプロポーズリングを下記で紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてくださいね。

プロポーズのためのスペシャルリング「PLEDGE for WEDDING」( ¥29,700)

「結婚スタイルマガジントレンド調査2019」
婚約指輪・結婚指輪に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男性(※1)、入籍5年以内の男女(※2)
調査時期:2019年1月
対象人数:男性500人 女性500人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

エンゲージリング(婚約指輪)とは、「婚約の証として、男性から女性へ贈られる指輪」のこと。
次のような役割があります。

・男性の愛情や決意を表し、プロポーズを後押しする

・周りの人に婚約を知らせる

・結納や顔合わせでお披露目する記念品になる

・特別なシーンからちょっとしたおでかけまで活躍する、大切なジュエリーになる

大きめのダイヤがついたデザインが多く、素材はプラチナやゴールドが人気です。

価格の相場は30~40万円。

女性にとっては一生ものの、大切な婚約指輪。

贈りたいタイミングや受け取りまでの期間も考えて、早めの準備を心がけると良いですよ。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪」の他の記事

「婚約指輪の基礎知識」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る