結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結納金ってなに?もらった結納金って誰のもの?使い方は誰が決めるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

淡路結びの水引が付いた祝儀袋

公式インスタグラムはじまりました!

結納で贈られることの多い「結納金」。
そもそも、その意味ってご存知ですか?

他にも、
「結納金を受け取るのは誰なのか?」
「使い道は誰が決めるのか?」

など、知らないと迷ってしまうことがあるかもしれません。

結納金の基本をおさえておきましょう!

INDEX

結納金ってどういうもの?

「結納では結納金をもらえるらしい。
けど、そもそも結納金ってなに?」

金封

結納金とは、結納をおこなう際に男性の家から女性の家へ贈られるお金です。

結納で用意される「結納品」のひとつに含まれます。

結納品は、大きく分けると関東式、関西式があり、それぞれ品目が異なりますが、「家内喜多留(やなぎだる)」や「寿留女(するめ)」などといった縁起物が揃えられます。

するめ

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

家内喜多留?長熨斗?初めて知る言葉続出!結納品の基礎知識

結納金の意味は、
「女性が嫁入りの準備をするためのお金」。

結婚支度金と言えばイメージしやすいでしょうか。

金封や桐箱におさめ、結納品と一緒に、「幾久(いくひさ)しくお納めください」といった口上とともに男性側から女性側に渡されます。

昔は花嫁衣裳として、「着物などの現物」が結納品として贈られていました。

結納品に贈られていた着物

それが、時代とともに帯地(布地)代や着物代などの「お金」に変わっていったのです。

こうした由来のため、結納金は「御帯料(おんおびりょう)」や「小袖料(こそでりょう)」と呼ばれることもあります。

結納金は昔からの習わしだったのですね。

ただ、最近では、結納の簡略化にともない、両家の話し合いで「結納金なし」にするケースもあります。

代わりに贈られるのは、婚約指輪などの「記念品」が一般的。

「記念品」の婚約指輪

ちなみに、結納金の相場は地域や家によっても違いますが、100万円が主流です。

相場について詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてくださいね。

ズバリ! 結納金の相場は? いくら包むべき?

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

用意するのは誰?

結納金は男性側から女性側へ贈るものなので、用意するのは、「男性本人または男性の両親」。

男性と男性の両親

ひと昔前は、次のような理由で、「男性の親」が用意することが多かったようです。

・若い年で結婚するカップルが多く、男性本人にお金の余裕がなかったから

・お見合い結婚で、「家同士の結婚」という意味合いが強かったから

現代では、遅めに結婚する人や恋愛結婚も増えたため、「男性本人」が用意するケースも。

どちらが出すかは、家の考え方や男性の貯金額などにより、ケースバイケースのようです。

贈られた結納金は誰のものになる?

「女性の家」へ贈られる結納金。

「女性の家」

「家」というと、女性本人と、女性の両親、もしかしたらその他の親戚も含むのか?という感じがしますよね。

結局、具体的に誰のものになるのか、気になる人もいるようです。

答えを言ってしまうと、一般的に結納金は、「女性の両親のもの」になります。

女性本人ではなく、あくまで「家」に納めるものなので、両親のものとされるのが基本。

「『両親のもの』ってことは、結納金の使い道も親が決めるの?」

婚約指輪を持つ手

はい。両親が決めることが多いようです。

実際、女性が結納金の行方を知らないという声もあります。

ただ、女性の両親が決めるといっても、自分たちのお金として自由に使ってしまうわけではないようです。

続いて、使い道の例をご紹介します!

結納金の使い方は?

女性の両親が使い道を決める場合

結納金がどのように使われたのか、先輩花嫁たちの声を聞いてみると・・・

ウェディングドレス姿の女性

・結婚式の費用にあててもらった
・新婚生活の家具や家電を買ってもらった
・タンスなどの婚礼家具や衣裳といった「嫁入り道具一式」を用意してもらった

ふむふむ。

結婚するふたりか、女性のために使われたケースが大半のようですね。

結婚は、挙式の費用からドレス代、新婚旅行代まで、なかなかお金がかかるもの。

結納金でサポートしてもらえると心強いですね!

しかし、だからといって、はじめから「結納金を結婚費用にあてよう!」と期待するのは、やめておいた方がよいかもしれません。

ストップ

もともと結納金の使い方に、はっきりとしたルールはないからです。

両親の考えによっては、
「ふたりに子供が産まれたときのために、貯金しておく」
という可能性もあります。

「あくまでも結納金の使い道は両親が決めるもの」
と思っておいた方が良いですよ。

女性本人が使い道を決める場合

一般的ではありませんが、結納金の使い道を女性が決める例もあります。

結納金の使い道を決める女性

「両親から使ってよいと渡された」
「結婚式費用をすべてふたりで出すから」
などのケースです。

使い道は、女性の両親と同様、結婚にかかわる目的に使うことが多いよう。

「男性への『結納返し』にあてた」という人もいます。

(『結納返し』についてはこちらをどうぞ。基本的な質問!結納返しってなに?

ただ、自由に使ってよいと言われた場合も、基本的に結納金は「嫁入り準備のために贈られるお金」。

女性からは、両親や男性側にどのように使うか報告するなど、気遣いができると良いかもしれませんね。

ハートマーク

使い道については、こちらの記事がより詳しく取り上げていますよ。

結納金の使い道は?

結納金を辞退することはできるの?

結婚の準備金としての役割がある結納金ですが・・・

「結納金の分のお金を新生活にかかる費用に回したい」
「結納返しが大変だから」

といった理由で、結納金をなしにしたいという場合も。

費用のイメージ

また、女性側の親からは

「お金でやり取りするのに抵抗がある」

といった意見もあるようです。

結納金を辞退することはできるのでしょうか?

答えはYES。

事前に両家で意思を確認したうえで、結納金をもらわないという選択をすることは可能です。

ただし、結納金は結婚支度金として男性側から女性側に贈られるもの。

男性側から「結納金はなしで」と申し出るのは失礼になります。

黒板とカップル

結納金をなしにする場合は、結納金をもらう側が提案するのが基本。

結納金をもらわない場合は、

・結納金なしで結納をする
・結納の代わりに顔合わせ食事会をする
・結納自体をしない

という選択肢があるので、両家でよく話し合って決められるといいですね。

結納金なしの結納については、こちらの記事でくわしく紹介しています。

結納金なしの結納ってあり? 最近の結納事情は?

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

もとは花嫁衣裳の着物から始まった結納金。

現代では、「嫁入り準備のために女性側に贈られるお金」ということがわかりました。

結納は家同士の儀式であり、結納金も家から家へ贈られるもの。

使い方を決めるのも、受け取った「女性の両親」が一般的でしたね。

結納金は金額が大きいことも多いです。

使い方にもはっきりしたルールがないことから、それぞれの考えが違っている場合もあります。

そんなときは、両家でしっかりとコミュニケーションをとり、上手にすり合わせていきましょう。

結納全般について知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

「結納」とは?どんな意味があるの?「顔合わせ食事会」との違いや準備の仕方も解説!

SNSでシェア

  • LINEで送る

「顔合わせ・結納」の他の記事

「顔合わせ・結納」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る