結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

式場探しから予約するまでの段取り・スケジュールって?

音声で聴く!

0:00

0:00

正式に結婚が決まって、ついに結婚式場探しをスタート!

「・・・式場探しって、どんな感じで進めればいいの?」

ここでは、結婚式場を探して予約するまでの「段取り」をご紹介します。

式場探しをいつ始めて、どのくらいの時間をかけるかについてもお届けします!

INDEX
段取り① 結婚式のイメージを話し合う
段取り② 情報収集をしよう
段取り③ ブライダルフェアに参加
段取り④ 式場を予約!
スケジュールはどんな感じ?

段取り① 結婚式のイメージを話し合う

式場を探すときには、「何を基準に探すか」が大切。

ということで、実際に探しはじめる前に「どんな結婚式をしたいのか」というイメージを固めましょう。

イメージを固めるために、具体的に決めておきたいのが次の5つ。

1 場所
2 ゲストの人数
3 挙式スタイル
4 予算
5 日取り

式を挙げる「場所」としては、

・今住んでいるところ
・ふたりのどちらかの地元
・憧れのリゾート地

などの選択肢が。

ゲストの顔ぶれや両家の希望によっても変わってくるので、両親にも相談してみた方が良さそうです。


「ゲストの人数」は、式場に「費用の見積もり」を出してもらうために必要。

見積もりがあれば、予算も立てやすくなります。

正確に何人、までは分からないかもしれませんが、「大体何人くらい呼ぶか」は話しあっておくのがオススメです。

また、「日取り」については、先にゲストの予定を確認することを忘れずに。

特に「結婚式に必ず来てほしい!」という人には真っ先に連絡をしましょう。

「人数」「挙式スタイル」「予算」「場所」については、それぞれ下記の記事で詳しく紹介しています。

参考にしてみてくださいね。

結婚式に招待した人数ってどのくらい?人数別の体験談もご紹介!

定番の教会式から個性派の茶前式まで!挙式スタイル一挙紹介!!

結婚式費用、予算の立て方について

結婚式の場所の決め方は?地元が離れているカップルはどうする?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

段取り② 情報収集をしよう

さて、いよいよ式場探しスタートです!

式場の情報を集めて、ふたりで決めた「結婚式のイメージ」に合う会場をいくつかピックアップしましょう。

情報収集の方法はいろいろありますが・・・先輩カップルは、どんな風に探したのでしょうか?

アンケート結果がこちら。

Q. 結婚式の会場を探す際、利用した情報収集方法はどれですか?(複数回答)
結婚情報誌 53.7%
SNS以外のインターネット 29.6%
結婚式場紹介所(ブライダルカウンター)での相談 26.9%
友人や知人の紹介 15.9%
SNS 12.9%
親の紹介 6.3%
その他 3.0%

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018より。以下、データ出典は同じ

結婚情報誌や結婚情報サイトなど、「情報媒体」で探した人が83.3%。

情報媒体のメリットは、

・たくさんの情報が集まっている
・家で気軽に見られる
・条件を指定して効率よく探せる

など。

「いろいろな情報を自分の目で確かめたい」
という人にはオススメです。

ちなみに、『結婚スタイルマガジン』でも全国のおすすめの結婚式場をご紹介しています。

お得な特典がもらえることもあるので、ぜひ参考にしてください。

『結婚スタイルマガジン』結婚式場を探す

他に結婚式場を探す方法としては、知人に聞く、ブライダルカウンターを利用するなど、「詳しい人に教えてもらう」が42.7%。

ブライダルカウンターでは、結婚式の専門家であるスタッフに直接相談ができます。

式場探し以外にも、結婚式で気になることを教えてくれたり、式場との連絡を代わりにやってくれたりするところも。

また、希望に合わせておすすめの会場をピックアップしてくれるので、

「情報媒体だと情報量が多すぎて、探すのが大変そう」

という人にもおすすめです。

段取り③ ブライダルフェアに参加

百聞は一見にしかず。

ということで、「ここにしようかな」という会場の候補がそろったら、次は実際に会場を見に行ってみましょう。

式場がカップル向けに開いている「ブライダルフェア」へ参加すると良いですよ。

フェアの内容は式場によって違いますが、代表的なのは

・料理の試食ができる
・ドレスの試着ができる
・挙式や披露宴の進行例が見られる
・費用の見積もりがもらえる

など。

実際に参加した先輩カップルからは、

「結婚式当日の雰囲気がつかめて参考になる!」

との声が挙がっています。

ブライダルフェアは、1件だけでなく2~3件の会場を回るとベター。

比べることで「より良い式場」が分かるので、後悔のない選択になるはずです。

期間は2~3週間くらいで集中して回るのがおすすめ。

1つのフェアから次のフェアまで間が空くと、前に見学した会場がどんなだったか忘れてしまうかもしれません。

もちろん、特に気になる会場なら2回見学するのもアリですよ。

ブライダルフェアについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

ブライダルフェアってなに?

段取り④ 式場を予約!

情報媒体やブライダルフェアでしっかり下調べをしたら、いよいよ式場を予約します。

予約のときに注意してほしいのが「キャンセル料」。

会場によっては、予約の取り消しをするとキャンセル料がかかることもあるんです。

そもそもキャンセルしないに越したことはないのですが、もしもの時のために、キャンセル料の内容は事前確認しておきましょう。

「キャンセル料かあ。それを考えると、式場の予約は『絶対ココ!』って決まるまでは、しない方がいいのかな。

でも、迷っているうちに第一希望の会場の予約が埋まらないか心配・・・」

そんなときには「仮予約」を使うと良いですよ。

仮予約をすれば、1週間~10日間くらい希望の日程を押さえておけるので、その間に他の式場も見てじっくり考えましょう。

スケジュールはどんな感じ?

式場探しって、結婚式の何ヶ月前に始めるものなのでしょうか?

また、どれくらいの時間をかけてすれば良いのでしょう?

先輩カップルへのアンケート結果がこちら。

Q. 結婚式の会場探しは式の何か月前からはじめましたか?
13か月以上前 11.6%
12か月前~13か月前未満 10.3%
11か月前~12か月前未満 5.9%
10か月前~11か月前未満 8.8%
9か月前~10か月前未満 7.3%
8か月前~9か月前未満 8.4%
7か月前~8か月前未満 10.1%
6か月前~7か月前未満 13.5%
5か月前~6か月前未満 9.0%
4か月前~5か月前未満 4.4%
3か月前~4か月前未満 5.4%
2か月前~3か月前未満 2.8%
1か月前~2か月前未満 1.8%
1か月前未満 0.7%

選んでいる人が多いのは、「6か月前~8か月前未満」と、「12ヶ月前~13ヶ月以上前」ですね。

Q. 結婚式の会場を探し始めてから決定するまで、どれくらいの期間かかりましたか?
1か月未満 36.4%
1か月~2ヶ月未満 25.2%
2か月~3か月未満 13.0%
3か月~4か月未満 11.7%
4か月~5か月未満 4.9%
5か月~6か月未満 4.4%
6か月~7か月未満 1.7%
7か月以上 2.7%

こちらは、1か月未満が36.4%で一番多く、8割ほどの人が4ヶ月以内には決めています。

また、予約のタイミングについては、「その後の結婚式の準備を考えると、半年前にはした方が良い」という人が多いようです。

以上をまとめると、スケジュールは・・・

短期間でさくっと進めたい人なら、

「半年くらい前に探しはじめて、1ヶ月以内に予約!」

じっくり考えたい人なら、

「1年前くらいから探しはじめて、2~4ヶ月かけて決める」

といったイメージになりそうですね。

ただ、特に人気の高い結婚式場は、予約が埋まってしまうのも早いので、半年前に探しはじめても間に合わないかもしれません。

気候の良い春・秋や「大安」などの吉日も、式を挙げる日としては人気が集まります。

人気の式場をおさえたい人や、日取りにこだわりがある人は、早めに動き出すのがオススメです。

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

結婚式場探しから予約までの段取りをお届けしました。

じっくり準備したい人も、短期間でてきぱき進めたい人も、まずは結婚式のイメージを固めることが大切。

最初に「どんな結婚式にしたいか」をきちんと2人で相談しておくと、その後の準備がスムーズに進められますよ。

しっかり情報収集をして、理想の式場を見つけてくださいね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る