結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

実際にあった!最悪の結婚式トラブル7選

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式当日は、できれば笑顔で過ごしたいですよね。

ところが!

なかには最悪の結婚式となってしまった先輩カップルもいるもよう。

そんな最悪のトラブルエピソード7つをご紹介。

トラブルへの対処法もお伝えします。

失敗したくない人、要チェックですよ!

INDEX
イメージしていたメイクと全然違う!
スピーチする人がドタキャン!
新郎の名前が間違っている!
DVDが届いてない!
挙式の最中にお腹の調子が…
消えたご祝儀…
見積もりと請求額が違う!

イメージしていたメイクと全然違う!

プロのメイクアップアーティストにお任せすれば、すごい美人にしてくれるだろうと思っていました。でも結婚式当日になってメイクしてもらうと、イメージとまったく違ってまるで別人!ショックを受けたまま結婚式を迎えることになってしまいました。​

一生に一度の晴れ舞台で、これは悲しいですね・・・

でも、
いくらプロのメイクアップアーティストとはいえ、初めて会う相手では顔の特徴を上手く掴めないこともあります。

イメージ通りのメイクをしてもらいたいなら、メイクリハーサルを行うのがおすすめ。

メイクリハーサル時には、普段自分でしているメイクを踏まえた上で、

「こうなりたい」

というイメージを具体的に伝えましょう。

さらに、
着る予定のドレスの写真もしくは実物を、メイク担当の人に見せておくともっと良いですよ。

そうすれば、ドレスにぴったりの素敵なヘアメイクをしてくれるはず!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

スピーチする人がドタキャン!

結婚式当日になって、スピーチ担当の友人が急な体調不良で不参加に!時間もなかったので、プランナーを通じて別の友人にお願いしました。いきなりスピーチをお願いされた友人は慌ててしまって。友人のしどろもどろなスピーチを聞きながら、『スピーチは無しで良かったかも』と思ってしまいました…。​

いきなり頼まれた友人もかわいそう…

と思ってしまうトラブルですね。

結婚式では、スピーチをお願いしていた人が急にキャンセルする可能性もあります。

この場合は、代理スピーチをお願いする、もしくはスピーチを無しにする、このどちらかに決めなければいけません。

代理スピーチを頼むなら、普段から話し上手な人や、特に親しくしている人など、快く引き受けてくれそうな人にお願いを。

また、スピーチをする人が変わったことをプランナーに伝えるのも、忘れないようにしてください。

新郎の名前が間違っている!

披露宴で流れるのを楽しみにしていたプロフィールムービー。
始まってみると、自分の名前が間違っていてびっくり!
これまで何度も間違われたことはありましたが、まさか結婚式で間違われるとは・・・

凍りつく新郎の顔が目に浮かぶようなエピソードですね。

プロフィールムービーをプロや友人にお任せする場合、でき上がりは披露宴で見たいという気持ちになるのはわかります。

ですが、間違いがあるとそのまま当日ゲストの前で流れることに・・・

事前に軽くチェックしておいた方が安心です。

同様に、二人でプロフィールムービーを作る場合も、間違いがないように確認しておくことをおすすめします。

DVDが届いてない!

結婚式当日になって、披露宴の演出用に作ったDVDが会場に届いてないことがわかり、大慌て!せっかく時間をかけて作ったのに、DVDを流せないまま披露宴はお開きになってしまいました。まだDVDは手元にありますが、悔しくて再生できないままでいます。

いつかこのDVDが日の目を見る時はくるのでしょうか。

なんともやりきれないトラブルですね。

結婚式では、事前に持ち込むものがたくさんある人もいるでしょう。

持ち込みたいものを前もって式場へ送る場合は、「同封物リスト」を作って添えておくのがおすすめです。

プランナーから到着確認の連絡をもらったら、リストを見ながら中身のチェックを一緒にすると良いですね。

挙式の最中にお腹の調子が…

結婚式当日、メイクも終わってドレスを着ようという時に、急におなかの調子が・・・。前日までは健康だったので、お薬も持ってきていなくて、そのまま結婚式に突入してしまいました。一日じゅう、腹痛と戦っていた記憶しかない結婚式。もう一回やり直したい!​

式当日は、新郎新婦にとって特別な一日です。

だからこそ緊張が高まって、体調を壊してしまうということも。

急な体調不良に備えて、常備薬は持参するようにしましょう。

また結婚式前日は、早めにベッドに入ることを心がけて!

自分なりのリラックス方法を見つけておくのもおすすめです。

消えたご祝儀…

いただいたご祝儀の額と、ご祝儀袋の外側に書かれた金額にズレがありました。受付をお願いしていた人が盗むとは考えにくいし、いったいどこにいったんだろう?とモヤモヤした気持ちが、今も心の中に残っています。​

せっかくの結婚式なのに、お金のことでトラブルが発生するのは避けたいですよね。

ご祝儀は親族に預かってもらうか、式場に貸金庫がある場合はそちらへ預けておくのをおすすめします。

見積もりと請求額が違う!

見積もりでは割引がついていたのに、請求書を見ると、割引なしの金額になっていました。式場に問い合わせると、向こうのミスだったようで・・・すぐに正しい請求書を出してもらいました。支払いをする前に気づけたのは、不幸中の幸いでしたね。

これは気をつけたいエピソードですね。

結婚式の費用って、けっして安いものじゃありませんし…

結婚式場のスタッフも人間です。時にはミスが起こることもあるでしょう。

全部スタッフに任せてしまうのではなく、大事なところは自分たちでしっかり確認するようにしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?なかなか驚きのエピソードもあったのでは?

長いこと準備して臨んだ結婚式。

想定外のトラブルなんて勘弁して!

って思ってしまいますね…。

事前の確認などで防げることも多いので、紹介した対処法を参考に、確認できるところはチェックしておきましょう。

あなたの結婚式が満足の行くものになることを、願っています!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る