結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式が終わったらやることは?お礼のあいさつやお礼状を書こう!

音声で聴く!

0:00

0:00

忙しかった準備期間を経て、結婚式本番が終わると、ついつい気が抜けてしまいがち。

でも実はまだ終わりではないんです。

結婚式ではたくさんのゲストがお祝いに駆けつけ、協力してもらったり、お祝いをもらったりします。

結婚式が終わったら、改めてお礼を言いましょう。

お礼のあいさつの方法をまとめてご紹介します。

INDEX
改めて式への出席のお礼を伝える
役割をお願いした人には個別にお礼を
家族や親族へのお礼も忘れずに
祝電やお祝いをもらった人へのお礼
お礼のあいさつやお礼状は早めに

改めて式への出席のお礼を伝える

結婚式に出席してくれたゲストには、できるだけ早く、出席に対しての感謝を伝えましょう。

職場の同僚など、すぐに直接会える場合には直接、そうでなければ取り急ぎ、メールや電話で感謝を伝えます。

落ち着いたら、改めて結婚の報告はがきにお礼を書いて送るか、お礼状と共にゲストが写った結婚式の写真を送ると丁寧です。

また、結婚式では、さまざまな役割をお願いした人がいますよね。
そんな人には個別にお礼が必要です。

お願いした役割ごとに見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

役割をお願いした人には個別にお礼を

仲人(媒酌人)

仲人は、結婚にまつわる様々なことを取りまとめる重要な役割。

結婚式が終わってから数日のうちに、新郎新婦と両家の親でお礼を持ってあいさつに伺うのが正式なマナーです。

式後、新婚旅行に行った場合は、お土産と結婚式の写真を持って伺うのがベスト。
遠方の場合は、手紙を添えて送ります。

式当日だけの仲立ち人である「媒酌人」(ばいしゃくにん)についても同様です。

しかし最近では、結婚式当日に仲人や媒酌人にお礼を渡すことも増えているよう。

その場合は、結婚式後1週間以内に新郎新婦ふたりの名前でお礼状を書きましょう。

主賓・乾杯をしてくれた人

式後、新郎新婦ふたりで挨拶に伺うのが最も丁寧。

難しい場合は、1週間以内にお礼状を送るか、会社などですぐに会う人には直接お礼を言いましょう。

新婚旅行に行った場合は、お土産を渡すのを忘れないようにします。

司会、スピーチ、余興、受付など役割をお願いした友人

1週間以内に改めて電話やメールなどでお礼の言葉を伝えましょう。

その時には「ゲストからとても評判がよかったよ」など、感想も併せて伝えるとベター。

当日にお礼を渡していない場合は、後日改めて食事をご馳走したり、新婚旅行のお土産やプレゼントを渡したりします。

手作りアイテムを作ってくれた人

式後1週間以内に改めて、電話やメールなどで感謝の気持ちを伝えます。

材料費を支払っていない場合には、支払いを申し出るのも忘れずに。

基本的には当日にお礼を渡しますが、断られた場合は、後日プレゼントなどを送りましょう。

遠方から来てくれたゲスト

遠方からわざわざ足を運んで来てくれたゲストにも、個別にお礼を伝えた方がベター。

式後すぐに、改めて電話でお礼を伝えましょう。

新婚旅行に行った場合は、お土産を送っても丁寧です。

家族や親族へのお礼も忘れずに

両親

まず一番にお礼を言わなくてはいけないのが両家の両親です。

結婚式では両親も心を配ることが多く、気疲れしているかもしれません。

お金の援助をしてもらった人もいるのではないでしょうか?

式後、すぐにふたりで挨拶に行き、改めてしっかりとお礼の気持ちを伝えましょう。

遠方の場合は式翌日に電話でお礼をしてもOK。
結婚式の写真や新婚旅行のお土産も渡します。

兄弟姉妹・その他親族

兄弟姉妹へは、結婚式後できるだけ早めにお礼の電話をします。

後日、新婚旅行のお土産や結婚式の写真を直接渡すか、遠方の場合は送りましょう。

他の親戚にも、式後1週間以内にお礼状を送るか、お礼の電話をしておくといいですね。

祝電やお祝いをもらった人へのお礼

祝電をもらった人へのお礼

式後すぐに電話やメール、手紙などで感謝の気持ちを伝えます。

お礼状を送る場合は、式の写真を添えてもGOOD!

お礼の品はかえって気を遣わせてしまうので、基本は贈りません。

ただ、ギフトなどがついた高価な祝電をいただいた場合には、だいたい半額くらいを目安に、お礼の品物を贈った方がいいかもしれません。

お祝いをもらった人へのお礼

お祝いをもらったら、取り急ぎ電話やメールなどでお礼を伝えましょう。

その後1ヶ月以内に内祝い(お祝い返し)を送ります。

内祝いは、お祝いでもらったものの半額程度が相場。

金額が合えば、式当日の引出物として用意した品を贈ってもOKです。

ただし、親族の場合は、これまでの付き合いや慣習によって対応が違うので親に確認しましょう。

連名でお祝いをもらった場合の内祝いは、もらったものの半額程度を人数で割った金額が相場。

職場であれば、お菓子などをまとめて贈っても良いですね。

品物を送るときはお礼状を添えるのも忘れずに。

できれば、先にお礼状を送り、内祝いを送る旨を伝えると最も丁寧です。

内祝いを包むときは、「のしつき」で、水引は色が「紅白」、結び方は「結びきり」のものにしましょう。

表書きは「内祝」と書きます。
その下の送り主には、結婚後の「新姓」を書きましょう。

お礼のあいさつやお礼状は早めに

お礼の気持ちはなるべく早く伝えることが大切。

お祝いをいただいたら、できるだけその日のうちか、2~3日中にお礼状を書きましょう。

結婚式のお礼は、遅くとも1ヶ月以内に伝えます。

特別な役割をお願いしたゲストへは、特に、結婚式後1週間以内には伝えてください。

ただし、お礼状をすぐに出したいからといって、前もって書いておくのはやめた方が良さそう。

実際に式が終わってから、

・挙式のエピソードや感想
・門出を迎えた今の気持ち
・いただいた贈り物について

などを織り交ぜて書いた方が、気持ちが伝わりますよ。

お礼状の詳しいマナーや書き方、文例などは

結婚式が終わったら、お礼状はどう書く?文例もご紹介

も参考にしてくださいね。

メールでのお礼はOK?

「すぐにお礼を」と思ったら、一番手軽なのはメールですよね。

最近では、メールのあいさつでもいいと考える人が増えてきました。

しかし、年配の方などはメールは失礼と感じる人が多いよう。

やはり、職場の上司や年配の親戚など、目上の人にはメールでのお礼は避けたほうがよさそうです。

相手に合わせて、感謝の気持ちがきちんと伝わるように、お礼のあいさつをしましょう。

まとめ

結婚式が終わっても気を抜かずに、まずは式への出席や協力へのお礼を改めて伝えましょう。

特に何か役割をお願いした人には、個別にお礼を伝えるのがマナー。

また、式に出席しなかった人でも、祝電やお祝いをいただいた人へのお礼は忘れずに。

お礼はできるだけ早めに伝えることが大切。
遅くとも1か月以内には伝えましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る