結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

いつ、誰から渡す?結婚式お車代の失礼のない渡し方

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式では、遠方からのゲストなどにお礼の気持ちを込めて、「お車代」を渡すことがあります。

「お車代は新郎新婦から渡さないと失礼?」

「いつ渡すもの?」

正しい渡し方って意外と知らない人もいるのではないでしょうか?

結婚式でのお車代、いつ、誰から渡すべきか、渡し方のポイントをご紹介します。

INDEX
いつ、誰から渡すべき?
シーン1 披露宴の始まる前
シーン2 披露宴の最中
シーン3 披露宴の後
渡し方のポイント
準備をしておくとGOOD!

いつ、誰から渡すべき?

結婚式では、「主賓や乾杯をお願いしたゲスト」や「遠方からのゲスト」など、特別なゲストへのお礼として、「お車代」を渡します。

感謝の気持ちを伝えるものなので、渡すときにも失礼がないようにしたいもの。

「お車代」はいつ、誰から渡せばいいのでしょうか?

いつ渡す?

お車代は「来ていただきありがとうございます」というお礼の気持ちを込めて、「結婚式当日」に渡すことが最も多いようです。

当日渡すタイミングは主に3つ。

1 披露宴の始まる前
2 披露宴の最中
3 披露宴の後

どうしても当日に渡すのが難しい場合は、後日改めてお礼に伺い、渡すこともあるようです。

誰から渡す?

「お車代」は特別なゲストへのお礼なので、本来は「新郎新婦」から渡すのがベスト。

ただし、当日の新郎新婦は慌ただしいため、「新郎新婦の親」や「受付担当者」にお願いすることが多いようです。


また、「親」よりも目立たずさりげなく渡せるということで、場合によっては「兄弟姉妹」に頼むことも。

誰かに依頼する場合には、「新郎新婦から」であることを伝えて渡してもらいましょう。

では、お車代を渡す代表的な3つのシーンごとに、具体的な渡し方をご紹介します。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

シーン1 披露宴の始まる前

最も多いのが披露宴が始まる前の受付の時に「受付担当者」から渡してもらうケースです。

受付では、ゲストに記帳をしてもらいます。
その際に名前を確認してから渡せるので、渡し間違いを防げる絶好のタイミング。

また、新郎新婦本人や親よりも、第三者の受付担当者から渡される方が、もらう人も気を使わず受け取りやすいという面もあるようです。

他には、披露宴が始まる前、ゲストへウェルカムドリンクを出す時などに、「親」や「兄弟姉妹」から渡すケースもあります。

シーン2 披露宴の最中

披露宴の歓談中やお色直しの間など、披露宴の合間に渡すこともあります。

披露宴の合間は、「親」や「兄弟姉妹」が飲物を注ぎながら、ゲストに挨拶に回ることも多いですよね。

そのときなら、目立たずにそっと渡せます。

特に主賓や親族など、新郎新婦にとって目上のゲストには、このタイミングで「親」から挨拶を兼ねて渡してもらうのがベター。

シーン3 披露宴の後

披露宴後のお見送りの時に渡すケースもあります。

このタイミングなら、「新郎新婦」から渡すことも可能。

1人1人にお礼を言いながら渡せるのもいいですよね。

ただ、「お見送りが終わった後、ゲストの帰り際に渡そう」と考えている場合は、少し注意が必要です。

お見送りが終わった後でも、新郎新婦や親は、ゲストから声をかけられて話をする場面も多いもの。

他のゲストと話しているうちに、お車代を渡すはずのゲストが帰ってしまっていた・・・なんてことも。

特に遠方からのゲストは、帰りの交通機関の都合などで、披露宴が終わったらすぐ帰ってしまうことも多いですよね。

お見送りの後にあまり時間がなさそうな場合は、ゲストの帰り際に渡すのは避けた方がいいかもしれません。

渡し方のポイント

続いて、いつ、誰からお車代を渡すにしても、押さえておきたい渡し方のポイントをご紹介します。

ひと言添える

お車代を渡すときは、

「本日はわざわざ遠くからありがとう」

「お忙しい中、主賓のご挨拶をいただき、ありがとうございます」

など、感謝の言葉を添えながら渡しましょう。

新郎新婦が直接渡せない時は、メッセージカードや手紙などを付けると感謝の気持ちが伝わりますよ。

目立たないように

お車代はあまり仰々しく渡されると、相手も恐縮してしまうもの。

全員に渡すわけではないので、他のゲストにも気づかれないよう、こっそり渡しましょう。

相手が遠慮してもできるだけ渡す

お車代は、相手が遠慮して、「結構です」と辞退することもあります。

親や受付に頼んでいた場合は、断られるとなおさら困ってしまうかも。

しかし、「二人からの気持ちですので・・・」と丁重に伝えて、できるだけ渡してもらうようにお願いしておきましょう。

相手が固辞するなどで、どうしても受け取ってもらえなかった場合は、無理強いするのも難しいですよね。

そんな場合は、結婚式後できるだけ早く、品物やギフト券などを送りましょう。

その際、「遠くからお越しいただきありがとうございました」という内容のお礼状も忘れずに添えます。

準備をしておくとGOOD!

お車代は人に頼むことも多いため、スマートに渡すには事前にしっかり準備しておくことが大切です。

いくつか準備しておくといいことをご紹介します。

新札をご祝儀袋・ポチ袋に入れる

現金は、「新札」を準備します。

新札を渡すことで、「あなたのために準備しました」という気持ちが伝わります。

お金はそのままで渡さず、ご祝儀袋やポチ袋に入れて渡しましょう。

ご祝儀袋やポチ袋の細かいルールについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

【結婚式のお礼・お車代・心付け】渡すときのご祝儀袋やポチ袋の選び方は?

お車代は、当日に急に追加が必要に・・・なんてこともありますので、新札とご祝儀袋やポチ袋は予備があると安心ですよ。

間違えないように・・・リストや付箋を活用!

お車代は渡す人数が多かったり、金額が人によってまちまちだったりすることも。

渡し間違えないように、細心の注意が必要です。

・金額
・宛名
・誰が渡すのか
・渡すタイミング

などをリストにしておくと安心。

受付に頼む場合は、ゲストの受付名簿に備考欄を追加して、「この人にはお車代を渡す」という旨を書いておきましょう。

ちなみに、ご祝儀袋には渡す相手の名前は書きません。

間違えないようにするには、付箋などに書いて貼っておくといいですね。

また、親や兄弟姉妹に頼む場合は、相手と面識がないこともあると思います。

そのときは、「○○(新郎・新婦の名前)のご友人の△△さんですよね」と確認してから渡してもらいましょう。

ちなみに、お車代の相場については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

誰にいくら渡すべき?結婚式のお車代の相場まとめ

まとめ

お車代は、「結婚式当日」に「親」や「受付」に頼んで渡してもらうことが多いよう。

特に「受付時」は渡し間違いが起きにくい絶好のタイミングです。

ただし、主賓や上司、親族など、新郎新婦にとって目上の人には「親」から渡した方がベター。

渡すときにはひと言感謝の言葉を添えて、目立たないように渡しましょう。

渡し間違いなどを防ぐためには、事前の準備も大切です。

お車代は感謝の気持ちを表すもの。

たとえお車代を用意していたとしても、渡すタイミングや方法を間違えて、気持ちがうまく伝わらなかったらもったいないですよね。

しっかり準備して、失礼のないようスマートに渡しましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る