結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式で受付・余興などを依頼した友人へのお礼の相場は?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式では、様々なゲストが新郎新婦に協力してくれます。

特に仲の良い友人には、協力してもらうことも多いですよね。

たとえ気心の知れた関係でも、協力してもらったら、きちんとお礼をしたいもの。

「お礼って、お金を渡すのかな?
いくらくらい渡すものなの?」

迷っている人に、結婚式の「お礼」のマナーをご紹介します!

INDEX
結婚式で渡す「お礼」とは?なぜ必要?
お礼が必要なのはどんな役割の人?
お礼には何を渡すの?
役割ごとの金額相場は?
品物の場合って何がいい?

結婚式で渡す「お礼」とは?なぜ必要?

結婚式や披露宴では、出席してくれる友人ゲストに、さまざまな役割を依頼することがあります。

二人のために時間を割いて協力してもらうのですから、きちんと感謝の気持ちを伝えたいですよね。

そんな「感謝の気持ち」を込めて、協力してくれた友人ゲストに渡すのが「お礼」です。

なかには、「お礼はいらないよ!」と言ってくれるゲストもいるかもしれません。

そんな場合でも、やっぱり心ばかりのお礼は用意したいもの。

では、お礼が必要なのは、どんな役割をお願いした友人ゲストでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

お礼が必要なのはどんな役割の人?

結婚式で友人にお願いすることの多い役割といえば、「受付」「スピーチ」「余興」です。

また、場合によっては、「司会」をお願いすることも。

それぞれどんな役割なのか簡単に見てみましょう。

受付

会場で一番初めにゲストをお迎えする受付は結婚式の顔。

まず、入り口でゲストに「芳名帳(ほうめいちょう)」という出欠表のようなものへ記帳をお願いして、出欠を確認します。

その後、ご祝儀を受け取ったり、会場の案内をしたりすることも。

スピーチ

披露宴で友人代表として挨拶や祝辞をします。

スピーチの原稿を考えたり、練習をしたり、事前の準備が必要です。

余興

披露宴で歌を歌う、ダンスを踊るなど、会場を盛り上げるための余興を披露してくれます。

最近では事前に、新郎新婦の思い出を振り返るDVDなどの映像を作ることも。

司会

披露宴の進行をする役割。
事前に打合せや台本作りなど、準備が必要です。

司会は式当日、食事の時間も取れないことがほとんどで、負担の大きい役割と言えます。


どれも結婚式には欠かせない重要な役割ですね。

準備が必要だったり、当日も緊張しながら出番を待ったり・・・

これらの役割を引き受けてくれた友人には、感謝の気持ちを込めてお礼を渡しましょう。

お礼には何を渡すの?

では、お礼にはいったい何を渡すといいでしょう?

結婚式でのお礼は「現金」が基本。

ただ、
「せっかくだから、より気持ちの伝わりそうなプレゼントを贈りたい」

ということで、現金ではなく、相手に喜んでもらえそうな品物を選ぶ人もいるようです。


まずは現金でお礼をする場合の相場を見てみましょう。

役割ごとの金額相場は?

お礼の金額は、依頼した役割や内容によって違います。

一般的な相場をふまえつつ、相手の労力や手間も考えて金額を決めましょう。

一般的な役割ごとの相場は次のとおり。

受付 3,000円~5,000円
スピーチ 3,000円~5,000円
余興 3,000円~5,000円
司会 20,000円~30,000円

このうち、「余興」と「司会」については、特に配慮が必要です。

「余興」は、お金のかかっているものや、プロ並みのものなどもあります。

その時は1~2万円のお礼をするか、かかった実費を負担しましょう。

また、大人数での余興の場合は、ひとりずつ現金を渡すのは大変なことも。

そんなときは、後日新居に招いて、おもてなしするという方法もあります。

また、「司会」は特に負担が大きいので、お礼の金額も2~3万円と、多めに用意します。

司会をお願いした人からは、ご祝儀もいただかないことが多いよう。
事前に依頼するときに、ご祝儀はいらないことをお伝えしておくとよいですね。

それでもご祝儀をいただいてしまった場合は、後日あらためて、お礼とは別にご祝儀のお返しをします。

その際は、いただいたご祝儀の半額~全額の金額か、品物をお返しするのが一般的です。

中途半端な金額はNG

お礼を渡すとき、注意したいのが、「中途半端な金額にしない」ということ。

3,000円の上は5,000円。
その上は1万円、2万円、3万円、5万円、10万円・・・

とキリのいい金額にするのがルールです。

品物の場合って何がいい?

「やっぱりお金よりプレゼントを渡したいな。
でも、品物だと何を選んでいいかわからない・・・」

そんなときは、次の2つのポイントを押さえて品物を選びましょう。

1 自分では買わないけど、もらうと嬉しいもの
2 持ち帰りやすい、軽くてかさばらないもの

仲の良い友人なら、日頃の会話の中でほしいものをチェックしておくといいですね!

いくつかおすすめの品物を紹介します。

金券系

商品券やギフト券は、好きなものを買えてかさばらないので人気です。

欲しいものが分からないときや迷ったときにはいいですね!

最近ではコーヒーショップのプリぺイド式カードに、チャージをして渡すのも人気です。

コーヒー好きの友人なら喜んでもらえるかも!

スイーツ系

困ったときには食べ物もおすすめです。

甘いものが好きな友人には、高級感のあるおしゃれなスイーツが喜ばれます。

高級チョコレートや見た目も華やかなマカロンなどは、自分用には普段なかなか買わないでしょうから、プレゼントにぴったり。

3,000円ほど出せば、高級感のあるものが選べます。

ビューティー/コスメ系

美容の好きな女性にはコスメもおすすめです!

ハンドクリームやボディクリーム、入浴剤などのセットは定番。
好みがわかればブランドコスメなども喜ばれます。

また、エステやネイルによく行く友人には、チケットや割引券をあげてもいいかもしれませんね。

ネーム入りアイテム

特別感を出したい人には、友人のネーム入りアイテムがおすすめ!

ペンやハンカチに、イニシャルを入れて贈るのも素敵ですね。

他にもいろんなアイテムに名前が入れられるようです。

ぜひ友人の好みの品物を探してみましょう。

新婚旅行のお土産

結婚式の後、すぐに新婚旅行に行く場合には、旅行先で少し良いお土産を買ってくるのもおすすめ。

お土産を渡すとき、相手を新居に招いて食事会をするのもいいですね!

ただし、結婚式当日には渡せないため、「お礼を準備していなかった」と誤解を招くことも。

当日は、「新婚旅行のお土産でお礼させてね」と一言伝えるのを忘れずに。

まとめ

結婚式で協力してくれた友人への「お礼」の相場についてまとめました。

協力してくれた友人には感謝の気持ちを伝えたいもの。

特に、とても重要な役割である「受付」「スピーチ」「余興」「司会」を引き受けてくれた友人にはお礼をするのがマナーです。

結婚式でのお礼は「現金」が基本。
          
役割ごとの金額の相場は受付、スピーチ、余興を担当してくれた友人は、3,000円~5,000円。
司会は20,000円~30,000円でした。
          
また、場合によっては、プレゼントを用意してもOK!
ぜひ友人が喜びそうなものを考えてみてください。

お礼は「マナー」であり、「感謝の気持ちの表れ」です。
気心知れた友人であっても必ずお礼をしましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る