結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の受付を依頼されたら・・・ふさわしい服装マナーって?

音声で聴く!

0:00

0:00

「受付」は、両家を代表してゲストをお迎えする重要な役割。

見た目の印象はとても大切です。
受付を任されたら、装いにも気を配りたいところ。

服装は、どのようなところに気を付ければいいのでしょうか?

この記事では、結婚式の受付にふさわしい服装マナーについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください!

INDEX
受付の服装、どうすればいい?
男性の服装
女性の服装
小物はこれをチョイス!
女性は和装でもGOOD!
ヘアスタイル、メイクはどうする?
手元にも気を配って

受付の服装、どうすればいい?

受付は、すべてのゲストをお迎えする役割。

誰が見ても好印象を持つような、明るく爽やかで、清潔感のある服装を心がけましょう。

基本的には一般のゲストと同じ服装で構いませんが、受付ならではの気を付けたいポイントも。

具体的に男性、女性それぞれの服装のポイントを見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

男性の服装

スーツ

男性の服装はスーツが基本です。

スーツはフォーマルにふさわしい、ブラックスーツ(上下黒のスーツ)、またはダークスーツ(グレーやネイビーなど)を選びましょう。

柄はなるべく控えめにします。
チェックやストライプは避けた方がいいですね。

シャツ

シャツの色は「白」が基本。

友人中心のようなカジュアルな式であれば、淡いパステルカラーもOKということも。

柄物は避け、無地か同系色の織り柄などの目立たないものにしましょう。

織り柄の白シャツ

シワがないよう、しっかりアイロンがけをしておきます。

ネクタイ

ネクタイの色は、光沢のある「白」や「シルバー」などが無難。

他の色を選ぶ時は、あまり派手になりすぎないように、淡いパステルカラーや落ち着いた色を選びましょう。

ただし、「黒」は弔事の色なのでNG。

できるだけ無地を選び、柄が入っている場合も派手なものは控えましょう。

靴は「黒」の「紐つきの革靴」が基本です。

「ストレートチップ」と呼ばれる、つま先に一文字のラインが入ったものが、冠婚葬祭で使うことのできる、最もフォーマルな靴。

もしくはつま先に装飾のない「プレーントゥ」でもOKです。

色は、カジュアルな結婚式であれば、落ち着いた茶色の靴でもOKと言われていますが、受付をする場合は黒が無難かもしれません。

しっかり磨いておくことが大切です。

靴下も「黒」が基本。

白や柄物、くるぶし丈の靴下はカジュアルなので避けましょう。

男性ゲストの服装については、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

【男性編】結婚式出席、正しい服装と今どきOKの服装とは?

女性の服装

ドレス・ワンピース

受付は、お辞儀をしたり、ゲストを案内することも多いので、動きやすさも大切です。

胸元があいている服やミニスカートは、動くときに気を遣うので避けましょう。

またショールなどは、ずれ落ちてしまわないようにしっかり留めます。

ショールではなく袖を通すボレロにしたり、袖付きのドレスにするのもいいですね。


色は会場が華やかな印象になるよう、できるだけ明るいものを選びましょう。

ただし、花嫁のドレスと同じ「白」や派手すぎる「原色」はNGです。

柄物もカジュアルな印象になるので避けましょう。

フォーマルな場では、ヒールを履くのがマナー。

受付は立っている時間も長いので、ヒールは高すぎず、履きなれたものを選びましょう。

サンダルやオープントゥのパンプスはカジュアルなので結婚式にはふさわしくありません。

また、素足はマナー違反ですので、必ず肌色のストッキングを着用しましょう。


では、次はスーツやドレスに添える小物について見てみましょう。

小物はこれをチョイス!

男性

○カフスボタン
受付では、ゲストから手元が良く見られます。

スーツの袖口にカフスボタンがあると、上品で華やかですね。

金や銀の台座に白蝶貝のものが最もフォーマルでおすすめ。

チェーンのついたデザインものは、カジュアルなので避けましょう。

○チーフ
男性はスーツが暗い色味なので、胸元にチーフを入れると華やかになります。

受付では上半身が目立つので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

色は「白」が基本ですが、「シルバー」などでもいいですね。

他の色を選ぶときは、ネクタイと合わせるとGOOD!

折り方は「スリーピークス」という角が3つある折り方がフォーマルです。

男性ゲストの小物については、こちらも参考にしてみてくださいね。

【結婚式】メンズスーツをお洒落に着こなすための小物は?

新郎・男性ゲスト必見!結婚式のポケットチーフの折り方&選び方

女性

○アクセサリー
派手になりすぎないよう、控えめを心がけます。
パールを基本に上品にまとめましょう。

受付ではお辞儀をするときに邪魔になりますので、長いネックレスはできるだけ避けた方がいいですね。

アクセサリーのマナーについてはこちらの記事も読んでみてください。

意外と知らない!?結婚式お呼ばれのアクセサリーのマナー

女性は和装でもGOOD!

女性は、フォーマルにふさわしい和装もおすすめです。

受付に「華を添える」ということで、新郎新婦の親族からも喜ばれることが多いよう。

着物を着るなら、既婚・未婚問わずフォーマルに着ることのできる「訪問着」か「付け下げ」が無難です。

また、「色無地(いろむじ)」も「紋(もん)」が付いていればフォーマルで着ることができます。

未婚の女性なら「振袖(ふりそで)」でもいいですね。

振袖については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

結婚式で振袖を着たい人必見!お呼ばれ振袖のマナー

また、既婚者であれば「色留袖(いろとめそで)」でもOK。

ただし、「色留袖」は「紋」の数で格が変わるので、友人であれば3つ紋以下を着るのがマナーです。

色留袖のマナーについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

留袖ってどんな着物?誰が着るの?【結婚式お呼ばれの留袖マナー】

着物を着る場合でも、花嫁の色である「白」は避けましょう。

派手過ぎる色もできるだけ控え、色味を抑えた上品なものを選ぶといいですよ。

所作や身だしなみに注意

着物を着る際は、洋装以上に所作に気を付けましょう。

姿勢もしっかり正し、歩くときは歩幅を小さ目にすると上品です。

また、着崩れしていないかチェックすることも忘れずに。

ヘアスタイル、メイクはどうする?

ヘアスタイル

髪型は男女ともに、結婚式にふさわしい清潔感のあるスタイルにしましょう。

男性は短くても、ワックスなどできれいに整えてくださいね。
きちんとひげを剃るのも忘れずに。

女性のヘアスタイルは、アップやハーフアップにして、お辞儀をしたときに顔にかからないようにするとベター。

ヘアアクセサリーを付ける場合は、新婦より派手にならないように、大きすぎるものは避けます。

また、生花の髪飾りも新婦が使うことが多いので、避けたほうが無難です。

女性のメイク

ワンピースやドレスに合わせた、上品で華やかなメイクにします。

とは言ってもあくまで主役は新婦です。

目元を華やかな色にしたなら、口紅やチークは抑えめにするなど、あまり派手になりすぎないよう気を付けましょう。

和装のヘアメイク

ヘアスタイルは、着物に雰囲気を合わせたアップスタイルがおすすめ。

できるだけシンプルにまとめるといいですね。

髪飾りも着物に合わせて選びましょう。
大きすぎるものや派手なものは控えます。

着物の時にはアクセサリーは着けないのが基本です。

結婚指輪や婚約指輪以外は着けないようにしましょう。

手元にも気を配って

受付は、ご祝儀を受け取ったり、芳名帳(ゲストが名前などを書くもの)への記入を促したりと、ゲストに手元を見られる機会が多いもの。

手元も忘れずにケアをしておきましょう。

爪は短く切り、汚れなどがないよう清潔にしておきます。

女性でネイルをする場合、付け爪や派手な装飾は避けます。

シンプルなデザインで上品な色にするといいですね。

まとめ

受付担当者は、男性は黒かダークカラーのスーツ、女性は華やかな色のドレスやワンピースが基本。

色などの基本的なマナーの他に、動きやすさなどにも気を付けて選びましょう。

女性は着物でもGOOD。
受付が華やかになるので、親族からも喜ばれます。

また、受付は身だしなみも重要。

ヘアメイクや手元まで気を配って、清潔感のある爽やかな装いで務めましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストのマナー」の他の記事

「ゲストのマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る