結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【結婚式】メンズスーツをお洒落に着こなすための小物は?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚スタイルマガジンからフェア予約→式場決定するだけで最大20万円分ご祝儀もらえる!

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式といえば、女性ゲストはめいっぱい着飾るものですが・・・

男性ゲストは無難なスーツスタイルで決まり、と思っていませんか?

実はそんなことないんです!
男性にも、オシャレアイテムは色々あります。

今回は、結婚式お呼ばれでスーツ姿をステキに見せてくれる「小物」たちをご紹介します!

INDEX
必須アイテム【ネクタイ】
定番おしゃれ【ネクタイピン】
エレガントな【ポケットチーフ】
大人の【カフス】
オシャレ小物番外編

必須アイテム【ネクタイ】

まずは結婚式お呼ばれの必須アイテム、ネクタイを見ていきましょう。

色や柄で遊ぶ!

基本的なマナーでは、結婚式お呼ばれのネクタイは「白」か「シルバー」がふさわしいとされています。

でも最近では、「友人ゲストなら淡い色のついたネクタイでも問題ない」という風潮に。

カジュアルな結婚式なら、ストライプやドットなど柄が入ったものもオシャレ!

あまり派手なものや奇抜な柄は避けた方が無難ですが、少し遊び心を出すとスーツスタイルが明るくなりますよ。


生地は光沢のある華やかなものがピッタリです。

色や柄で遊ぶのが心配な人は、ネクタイ生地の織り方でうっすら模様が入ったように見えるものを使うのもおすすめ。


他には、結び方にこだわってみても。
ネットで検索すればいろいろな結び方が出てくるので、いつもと変えてみるのもアリですよ!

一般的なネクタイ以外にも、デザインや形でおしゃれに演出する方法もあります。
昼と夜それぞれぴったりなネクタイをご紹介しますね。

昼間ならアスコットタイ

まるでスカーフのようにも見える「アスコットタイ」。

一般のネクタイよりもボリューミーでとっても華やかです。

アスコットタイは本来、昼間の正装。

夕方までの結婚式にはぜひつけていきたいアイテムですね。

アスコットタイを巻くときは、シャツの中にタイの下半分を入れる巻き方もありますが、これはすこしカジュアルな巻き方。

結婚式では、シャツの外に巻くといいですね。

夜なら蝶ネクタイ

アスコットタイが昼間の正装なら、夜の正装は「蝶ネクタイ」です。

リボン型の蝶ネクタイは、他の人たちと差をつけられるオシャレアイテム!

カジュアルな結婚式や二次会なら、柄の入ったものも遊び心があって素敵です。

昼間はネクタイ、夜の二次会は蝶ネクタイに着けかえる、なんていうのもおすすめ。


ネクタイだけでも、いろいろ選択肢があるんですね!

次は、そんなネクタイに添えるアイテムをご紹介します。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

定番おしゃれ【ネクタイピン】

ネクタイとシャツを留める役割の「ネクタイピン」。

そんなネクタイピンは、おしゃれを楽しめるアイテムでもあります。

ネクタイピンに特に難しいマナーはありませんが、おすすめなのは、結婚式の雰囲気に合わせて選ぶこと。

フォーマルな結婚式なら、パールなどの石があしらわれたものがピッタリ。

カジュアルなパーティーなら、遊び心のあるデザインもいいかもしれません。

基本は控えめに、さりげなく添えるのがおしゃれです。

次はネクタイから離れて、スーツに差し色を添えるアイテムをご紹介します。

エレガントな【ポケットチーフ】

「ポケットチーフ」とは、ポケットにさして使うハンカチのような飾りです。

ポケットチーフを添えるだけで、普通のスーツがぐっとフォーマルな雰囲気に!

色は、ネクタイと同じで「白」が基本。

ネクタイを白以外にする場合は、ネクタイと同系色にするとコーディネートしやすいですよ。

素材に決まりはありませんが、シルクなど上質な質感のものがベスト。

また、ポケットチーフはたたみ方によってイメージが変わります。

代表的な3つのたたみ方がこちら。

スリーピークス

三つ山を作るようにたたむ「スリーピークス」は、最もフォーマルなたたみ方。

格式高い結婚式なら、このたたみ方がおすすめです。

パフド

ふんわりと丸みのあるシルエットを作る「パフド」。

日常使いもしやすく、やわらかいイメージを与えてくれるたたみ方です。

クラッシュ

無造作に、でもバランスを見ながらチーフの裾部分を見せる「クラッシュ」。

少しカジュアルなたたみ方ですが、とっても華やかです。

では次に、ちらりと見せる大人のアイテムをご紹介しましょう。

大人の【カフス】

「カフス(カフリンクス)」とは、シャツの袖口にボタンの代わりにつけるアクセサリーです。

上着を脱いだときや手を伸ばしたときに、ちらりと見えるさりげないオシャレアイテム!

カフスのデザインは、一応昼間は「白蝶貝」、夜は「黒蝶貝またはオニキス」がフォーマルに向くといわれています。

でも最近では、ドクロなど縁起の悪そうなデザインを選ばない限り、そこまで気にする必要はなさそう。

ただしチェーンがついたデザインのものは、カジュアルなので結婚式には不向きとされています。

袖口のアイテムなので、食事中にチェーンがお皿に触れたりするのも避けたいところですよね。

台座がシルバーのものなら、どんなスーツにも合うので使いやすいですよ。


スーツスタイルにも、オシャレ小物ってたくさんあるんですね。

では最後に、「もっと他の人に差をつけたい!」という人のために、番外編オシャレ小物を見ていきましょう。

オシャレ小物番外編

クラッチバッグ

男性は基本的に、結婚式には手ぶらで出席するもの。

ただ、荷物があるからバッグを持ちたい、と言うなら、オシャレの一部になるような「クラッチバッグ」がおすすめ!

昔でいうところの「セカンドバッグ」ですが、今のクラッチバッグはオシャレなデザインがたくさんあります。

薄手で、二つ折りにして持つタイプのクラッチバッグなら、スーツにもよく合い、スタイリッシュなイメージに。

メガネ

目が悪い人の必須アイテム「メガネ」も、いつもと違うデザインのものを選べば立派なオシャレポイントに!

メガネを変えるだけで顔の印象はガラリと変わります。

目がいい人も度の入っていない伊達メガネでオシャレを楽しむのもアリですよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

いかがでしたか?
意外と男性ゲストにも、オシャレできるアイテムがたくさんありましたね!

必須のネクタイはもちろん、ネクタイピンやカフスはさりげないオシャレアイテム。

ポケットチーフで華やかさを添えるのも素敵です。

メガネやバッグで遊び心を出すのもオシャレ。

基本のマナーから外れすぎない小物使いで、結婚式の雰囲気に合ったオシャレを楽しみたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る