結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚報告はがきって送るべき?費用や作り方、送る時期は?

結婚したふたりが、周りの人に結婚をお知らせするために送るお手紙。
それが「結婚報告はがき」です。

「『私たち結婚しました』っていう、あれだよね・・・必ず出さなきゃいけないものなの?」

「出すとしたら、いくらくらいかかるんだろう?
どんな流れで作ればいいの?」

そんなギモンにお答えします!

INDEX
そもそも出さなきゃいけないの?
費用はいくら?
作り方1 送る相手を決める
作り方2 自作か業者か
作り方3 レイアウト決め・印刷
作り方4  宛名書き・投函
スケジュールの目安
送る時期は?
はがきと切手はどうする?

そもそも出さなきゃいけないの?

結婚報告はがきは、結婚式の後に、式当日の写真を入れて送られることが多いようです。

「そもそも結婚報告はがきって、出す必要があるの?」

先輩カップルへのアンケートでは・・・

結婚報告はがきを
「出した(出す予定)」の人      28.3%
「出さなかった(出さない予定)」の人 71.7%
という結果に。
※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018より。以下、データ出典元は同じ

この結果からも分かる通り、必ず出さないといけないわけではないようです。

特に、
「たくさんの人を招いて結婚式を挙げたので、ほとんどの知り合いは自分たちの結婚を知っている」

といったケースだと、省略することも。

逆に言うと、
・式を挙げなかった
・式は挙げたが、親族だけなど人数が少なかった

という人は、あらためて結婚報告するために、送るべきかもしれませんね。

結婚式を挙げなかった場合の結婚報告はがきについては、こちらの記事を読んでみてください。

挙式ナシ・入籍のみの場合、結婚報告はがきは必要?文例は?

ただ、結婚式を挙げた場合も、結婚報告はがきを送るのはオススメです。

結婚の報告に加えて、
「今後のお付き合いのお願い」
「結婚式へ来てくれたことへのお礼」

などもはがきで伝えれば、受けとった人にはきちんとした印象を持ってもらえるはず。

特に、結婚を機に引っ越したのであれば、新しい住所や連絡先をお知らせするためにも送りたいところ。


また、人によっては「送って当然」と思っていることもあるらしく・・・

「後から両親に言われて、慌てて送りました」
なんて声も。

送る・送らないは自由ですが、送らないつもりの人も、念のため両親に確認しておいた方が良いかもしれません。

では次に、送る場合の費用を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

費用はいくら?

先輩カップルへのアンケートによると、

結婚報告はがきの作成費用(郵送費除く)
0円 12.7%
1~5,000円未満 33.9%
5,000~1万円未満 25.1%
1~2万円未満 14.5%
2~3万円未満 4.6%
3万円以上 4.6%

約7割の人が1万円未満に収まっています。
全体の平均はおよそ7,300円でした。

費用はもちろん送る人数で変わりますが、「自作するか・はがき業者に頼むか」によっても変わります。

基本的には自作の方が安いよう。

自作の場合、PC・プリンター・インクなど必要なものが揃っていれば、後ははがきを買うだけなので、費用を抑えやすいんですね。

続いて、結婚報告はがきの作り方をお届けします。

作り方1 送る相手を決める

まずは、はがきを送る相手をリストアップしましょう。

式へ来てくれた人については、式の参加者名簿があれば、リストアップがしやすいですね。

作り方2 自作か業者か

はがきを自作するか、はがき業者に発注するかを決めます。

決めるときには、先ほどお伝えした費用の他にもいくつかポイントが。

自作であれば、業者の対応を待つ必要がないので、スケジュールの調整がしやすいのは良いところ。

「追加で送りたい人が出てきた!」というときも、後から自由に数を増やせます。

一方、業者のメリットは何と言っても印刷のクオリティ。

特に写真については印刷で仕上がりに差が出るようなので、はがきに写真をたくさん入れたい人は、業者の方が良いかもしれません。

作り方3 レイアウト決め・印刷

自作の場合

はがきのデザインは、自分で作ってもいいですが、お手軽なのはネット上のテンプレートを使う方法。

また、はがきのレイアウトを編集するときには、はがき用のデザインソフトが便利。

テンプレート・ソフトともに、ネットで無料公開しているものや、有料で市販されているものなどいろいろあるので、希望に応じて選びましょう。

レイアウトができたら、人数分はがきを買って、印刷します。

業者の場合

業者は、ホームページ上でデザインを選べるところが多いようです。

文面も、いろいろな文例が用意してあって、その中から選ぶだけで良いという便利なケースも。

レイアウトができたら、サンプルや費用の見積もりを作ってもらい、確認して発注。

あとは、業者ではがきを印刷して、納品してくれます。

作り方4  宛名書き・投函

自作の場合

はがきの表面に宛名を書いて、切手を貼り、ポストへ入れましょう。

宛名は印刷でも手書きでも良いですが、どちらかというと手書きの方が、丁寧な印象になるかもしれません。

業者の場合

発注から1週間以内には納品してもらえるケースが多いようです。

はがきが納品されたら、こちらも表面に宛名を書いて、切手を貼り、ポストへ投函。

業者によっては、宛名印刷までしてくれるオプションサービスもあるので、チェックしてみてくださいね。

以上、はがきの作り方についてでした。

どんな風に進めれば良いか、イメージがついてきたでしょうか?

では続いて、全体のスケジュールについて見てみましょう!

スケジュールの目安

結婚報告はがきを作ってから出すまでの期間を「1ヶ月」とすると・・・

ざっくりとしたスケジュールはこんな感じになります。

○1~2週目
・送る相手をリストアップする
・自作か業者か選ぶ
・はがきのレイアウトを決める
・(自作の場合)はがきを印刷する

○3~4週目
・(業者の場合)はがきが納品される
・宛名を書いて切手を貼り、投函する

ただ、スケジュールを立てるときには、注意してほしいポイントが2つあるんです。

1つは、写真の納期について。

結婚報告はがきには、結婚式の写真を入れる人が多いですが・・・

プロのカメラマンに写真を撮ってもらった場合、納品までに1ヶ月くらいかかるのが一般的なよう。

なので写真の納期については事前に確認しておき、そこまで含めてスケジュールを立てておくのをオススメします。

業者を利用する場合は、もう1つ注意したいことが。

それはお盆や年末など、業者がお休みとなる期間です。

お休みの期間だと「発注してすぐに納品!」とはいかず、通常より時間がかかってしまうことも。

こちらも事前に確認しておきましょう。

送る時期は?

結婚報告はがきは、「結婚式の後1~3ヶ月以内」に送るのが基本だとされています。

「結婚式から半年経ってしまったんだけど・・・今から結婚報告はがきを送るのは、やっぱり遅い?」

そんな人は、年賀状や暑中見舞いといった、「季節の挨拶状」でさりげなく結婚報告をすると良いですよ。

目安として、

・10~12月挙式の人なら年賀状
・5~7月挙式の人なら暑中見舞いや残暑見舞い

が使えます。

年賀状と暑中見舞い、それぞれの書き方については、下記の記事を参考にしてみてください。

一言添え書きをしよう!結婚報告年賀状の文例

暑中見舞いや残暑見舞いでの結婚報告、時期や文例をチェック!

「年賀状で結婚報告をしようと思っていたけれど、身内に不幸があって喪中の場合はどうすれば・・・?」
という人は、こちらの記事をどうぞ。

喪中と結婚報告が重なった時、結婚報告はがきはどう出せば良い?

はがきと切手はどうする?

最後に、はがきと切手について見ていきましょう。

郵便局で売っている「官製はがき」であれば、切手はいりません。

官製でないはがきを使う場合、切手は、普通切手でOKですが・・・

普通切手の中にもいくつか種類があって、おすすめなのは「慶事用切手」。

こちらは結婚などの慶び事によく使われるもので、特に目上の人には慶事用切手で送ると、きちんとした印象を持ってもらえそう。

慶事用切手(※2017年6月現在)

この他、「特殊切手」という、イベントの記念などで作られたお洒落なデザインのものも素敵です。

具体的にはこちらを見てみてくださいね。

郵便局HP『切手』

また、はがきに入れる写真の印刷の仕上がりを良くしたい人は、ツヤのある「写真用はがき」を選ぶと良いですよ。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

結婚報告はがきを出す・出さないは自由ですが・・・

はがきで報告して、きちんとした印象を持ってもらうのは、これからのお付き合いのためにも良さそうですね。

はがきを作るときは、自作か業者かで、費用や手間が変わってきます。

業者に頼む場合は、休みの期間などを事前に確認した上で、スケジュールを立てましょう。

「はがきの文例やデザインのポイントを知りたい!」という人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
写真なしでもOK?結婚報告はがきの相手別デザイン・文例集!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る