結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式スピーチで使ってはいけない「忌み言葉」まとめ

結婚式の謝辞やスピーチで使ってはいけないとされる「忌み言葉」(いみことば)。

忌み言葉って?・・・聞いたことがない人も多いのではないでしょうか?

また、聞いたことがあっても、知らずに「忌み言葉」を使ってしまっているなんてことも・・・

そこで今回は、忌み言葉の種類や言い換え方を紹介します!

INDEX
忌み言葉とは
【忌み言葉①】不幸を連想させる言葉
【忌み言葉②】別れを連想させる言葉
【忌み言葉③】重ね言葉
忌み言葉の一覧表
忌み言葉の言い換え方

忌み言葉とは

忌み言葉とは、その場にふさわしくない、縁起の悪い言葉を指します。

何がどのようにふさわしくないのか、なぜ縁起が悪いのか、などは場合によりけりなので難しく感じるかもしれません。

ただ、いろいろな人が出席する結婚式で忌み言葉をうっかり使ってしまい、おめでたい空気に水を差すのは避けたいところ・・・。

では、忌み言葉の具体例と、それぞれなぜ縁起が悪いのかを紹介しますね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【忌み言葉①】不幸を連想させる言葉

まずは、不幸を連想させる言葉についてです。

披露宴は新郎新婦の門出をお祝いする場。

そのような場では人の不幸、不吉、物事の終わりを連想させる言葉には注意したほうが良いですね。

具体的には以下のようなものがあります。


相次ぎ、飽きる、浅い、焦る、褪せる、忙しい、痛い、おしまい、落ちる、衰える、終わる、欠ける、悲しむ、枯れる、九(く)、崩れる、消す、壊す、最後、冷める、去る、四(し)、死ぬ、しめやかに、捨てる、葬式、絶える、散る、倒れる、弔う、とんでもない、流す、無くす、亡くなる、涙、冷える、病気、降る、仏、ほどける、滅びる、負ける、短い、病む、破る、敗れる、割る、悪い

おぉ、実はたくさんあるんですね!

この中でも、直接的に不幸を表す「終わる、滅びる」などは特に要注意の言葉ですよ。

【忌み言葉②】別れを連想させる言葉

次に、別れを連想させる言葉を紹介します。ここでの別れとは、新郎新婦の離婚のことを指します。

新郎新婦の結婚を祝う場ですから、こちらもやはり避けたいところです。


失う、終わる、返す、帰る、切る、切れる、断る、裂ける、去る、捨てる、出す、逃げる、放す、離れる、ほころびる、ほどける、戻る、離縁、離婚、別れる


飽きる、薄い、疎んじる、嫌う、冷める、疎遠、耐える、泣く、冷える、もめる

先ほどの「不吉なできごとを連想させる言葉」とかぶっているものもありますね。

かぶっている言葉はそれだけネガティブなイメージを持っているとも考えられるので、謝辞やスピーチでは使わないように気をつけましょう。

【忌み言葉③】重ね言葉

重ね言葉とは、同じ言葉が繰り返されたもののこと。

「繰り返す」から「結婚を繰り返す」ということで再婚を連想させるので、披露宴にはふさわしくないという考え方があります。

以下が重ね言葉の具体的な例です。


かえすがえす、重ね重ね、くれぐれも、しばしば、重々、たびたび、たまたま、次々、時々、どんどん、日々、ますます、またまた、みるみる、わざわざ

重ね言葉には、普段の会話の中でもよく使うものが多いので、ついスピーチなどで使ってしまわないよう気をつけましょう。

ただし、
「どんどん、日々、ますます、みるみる」

などの言葉は、後ろにいい意味の言葉が続くのであれば、あまり気にしなくていいようです。

ちなみに、重ね言葉ではありませんが、

「繰り返し、繰り返す、再度、再び」

などの言葉も、再婚を連想させてしまう言葉と考えられるため、使わないようにしましょう。

忌み言葉の一覧表

この記事内で挙げた忌み言葉を50音順にまとめた一覧が以下のものです。

【ア行】
相次ぎ、飽きる、浅い、焦る、褪せる、生きている頃、忙しい、痛い、いろいろ、失う、薄い、疎んじる、憂い、おしまい、落ちる、衰える、終わる

【カ行】
返す、かえすがえす、帰る、欠ける、重ね重ね、悲しむ、枯れる、嫌う、切る、九(く)、崩れる、朽ちる、繰り返し、くれぐれも、消す、断る、壊す

【サ行】
最後、再度、裂ける、冷める、更に、去る、四(し)、死ぬ、しばしば、しめやかに、重々、捨てる、疎遠

【タ行】
耐える、絶える、倒れる、出す、たびたび、たまたま、散る、次々、倒産、時々、弔う、どんどん、とんでもない

【ナ行】
流す、泣く、無くす、亡くなる、涙、逃げる

【ハ行】
放す、離れる、冷える、日々、病気、再び、降る、ほころびる、ほどける、滅びる

【マ行】
ますます、負ける、また、またまた、短い、みるみる、戻る、もめる

【ヤ行】
破る、敗れる、病む

【ラ行】
離縁、離婚

【ワ行】
別れる、分ける、わざわざ、割る、悪い

謝辞やスピーチを作るときの参考にしてみてください。

忌み言葉の言い換え方

先ほどの一覧を見ると、意外と使えない言葉が多いことに驚いた人もいるかもしれませんね。

「どうしてもエピソードを話す上で使いたいな・・・」

という人は、言い換え表現を上手く使ってみましょう。

熟語にしたり、読み方を変えるなど方法は様々。

言い換えの例には、以下のものがあります。

※画像クリックで拡大します。  

以上がよく使われる言い換え例になります。これらを上手く組み合わせて、謝辞・スピーチを作ってみましょう!

まとめ

忌み言葉にはいろいろなものがありますが、普段から使う言葉も多く、難しいと感じた人もいるかもしれませんね。

基準は聞いた人がマイナスなイメージをもつかどうかです。

あまり厳密に考えすぎる必要はないかもしれませんが、忌み言葉について知っていれば謝辞やスピーチで失敗しなくてすみそう。

「できる限り気をつけて」素敵なスピーチをしてくださいね!

グッドラック!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストのスピーチ」の他の記事

「ゲストのスピーチ」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る