結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

海外ウェディングの場合、ゲストの旅費ってどうするの?

音声で聴く!

0:00

0:00

海外ウェディングをするカップルにとって、ゲストの旅費をどうするのかは、とても悩ましい問題。

「はるばる足を運んでくれるゲストのためにも、なるべく負担したいけど、海外ともなると旅費も高額に・・・どうしよう?」

そんなお悩み中の人のため、海外挙式のゲストの旅費や宿泊費の負担の仕方について、ご紹介します。

INDEX
ゲストの旅費、みんなどうした?
一部負担するときの方法は?
ゲストに旅費を負担してもらったら
費用については事前に明確にすることが大事

ゲストの旅費、みんなどうした?

海外ウェディングでゲストの旅費や宿泊費の負担をどうするかについては、明確な決まりはないようです。

ゲストの認識も、
「新郎新婦が出してくれるもの」
「自分で出して出席するもの」
と人によって様々。

では、実際に海外ウェディングを挙げたカップルはどうしたのでしょうか?

ゲストの旅費の負担状況について、調べてみると、次のような結果に。

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」より

旅費を「まったく負担しなかった」 が42.4%と、最も多い割合を占めています。

出席するゲストの人数が多い場合、旅費を負担したくても高額でなかなか難しいことも・・・。

「費用は自己負担で出席してもらうことになるんだけど・・・」と事前に伺い、ゲスト各自の負担でお願いするケースが多いようです。

一方、20.3%のカップルは「すべて負担した」、37.2%が「一部を負担した」と回答。

確かに、はるばる足を運んでくれるゲストに感謝の気持ちを表すなら、旅費は全額負担が理想ではあります。

とはいえ海外ウェディングで全額負担となると、やっぱりふたりの負担が大きい・・・。

そのため、新郎新婦が全額負担するケースは、親族や親しい人のみの少人数の式に多いよう。

また、家族や親族、招待ゲストの中でもどうしても来てほしい人など、一部の人のみ全額負担するという場合もあります。

特に両親は、育ててもらった感謝の気持ちから、交通費と宿泊費を全額負担する新郎新婦が多いようですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

一部負担するときの方法は?

全額負担が難しい場合は、新郎新婦の方ではまったく負担しないか、「一部負担」をすることになりますが・・・・

ゲストの旅費を「一部負担」する場合は、どうすればいいのでしょうか?

具体的には、

・交通費と宿泊費のどちらかを負担する
・参加者全員に5万円ずつというように、現金で一律に渡す

などの方法があります。

「列席者の旅費の一部を負担した」と回答した人に、どのように負担したのか聞いたところ、このような結果に。

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」より

「交通費と宿泊費のそれぞれの一部を負担した」という人が約4割で最も多いようです。

海外挙式は、渡航先やシーズンなどによって「交通費」や「宿泊費」が大きく変わります。

「交通費や宿泊費を負担するのは、予算的に難しそうだな・・・」

という場合は一律数万円を渡すなど、参加する人数や予算などによって、費用負担の方法を考えましょう。

ただし、友人などの間で対応に差が出ないように注意が必要です。

ゲストに旅費を負担してもらったら

自分で旅費を負担して出席してくれたゲストには、心配りを忘れずに。

現地でお食事会や披露パーティーを開いて招待したり、食費や滞在費の負担をしたりするなど、おもてなしを考えましょう。

後日、贈り物をするなどして感謝の気持ちを伝えてもいいですね。

ご祝儀はどうする?

ゲストに費用を負担してもらった場合、ご祝儀はもらってもいいのでしょうか?

海外挙式は国内に比べ、交通費や宿泊費の負担も大きくなります。

一般的には、ゲストが費用を全額負担する場合、ご祝儀は受け取らないのがマナー。

その場合は、招待する段階で、ご祝儀辞退の旨を伝えておきましょう。

ただ、悩ましいのは、ゲストに費用の「一部」を負担してもらう場合。

一般的に、海外挙式の場合は、新郎新婦が旅費を一部でも負担しているなら、ご祝儀は受け取っても問題ないとされています。

というのも一部負担の場合、ほとんどの場合が3~5万円となることが多いため。

そのため、一部負担であってもご祝儀を受け取ることはマナー違反ではないようです。

費用については事前に明確にすることが大事

海外ウェディングでゲストに参加してもらう場合、交通費や宿泊費はどうするのか、招待するタイミングで明確に伝えることが大切です。

特にゲストに一部もしくは全額を負担してもらう場合は、どのくらい負担してもらうのか了解してもらった上で招待しましょう。

その際、招待の連絡をLINEやメールなどで一斉に送るのは失礼。

海外ウェディングでは、相手の負担額が大きいことも多いですよね。

電話、もしくは直接会って「費用負担の詳細」を含めた丁寧な招待をしましょう。

親にも事前に相談を

海外挙式を行いたいと思ったら、まず両親への相談を忘れずに。

親族などを招待するときは、旅費の負担をどうするべきなのか、両親の意見も参考にして決めていくことが大切です。

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍5年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

海外ウェディングの旅費は、ゲストが全額か一部負担することが多いよう。

ただし、ゲストに旅費を全額負担してもらった場合には、ご祝儀は受け取らないのがマナー。

現地でおもてなしをするなど、心配りも忘れないようにしましょう。

何より、海外ウェディングの場合は、費用について事前に明確にしておくことが大切です。

新郎新婦もゲストも気持ちよく過ごせるよう、お金に関するマナーは国内の式以上に配慮しましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る