結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

グアム挙式の相場ってどれくらい?

海外挙式の行き先では、ハワイに次ぐ人気を誇るグアム。

グアムでの結婚式にかかる費用って、いくらくらいなのでしょうか?

どんな費用が必要になるのか、それぞれの相場や、費用を考える上での注意点をご紹介します。

なるべく費用を抑えたい人のための節約術もまとめました!

INDEX
費用は3つに分けられる
費用① 挙式料の相場&内訳
費用② 旅費の相場
費用③ 挙式後パーティーの相場
総額はいくら?
節約術その1 オフシーズンを狙う
節約術その2 ふたりで挙式もアリ!

費用は3つに分けられる

最初におさえておきたいのが、グアム挙式には「挙式以外の費用」もかかるということ!

具体的に言うと、「旅費」と「挙式後の現地パーティー代」の2つです。

つまり、グアム挙式の費用総額は

挙式料+旅費+挙式後の現地パーティー代

で計算されるということですね。

では、この3つの費用の相場をそれぞれ見ていきましょう!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

費用① 挙式料の相場&内訳

まずは「挙式料」の相場から。

先輩カップルへのアンケートでは、次のようになっています。

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018より。以下、金額の出典元はすべて同じ

全体の平均額は、83.5万円です。

費用がかかる代表的な項目は、次の通り。

・会場の使用料
・牧師、神父
・音楽奏者
・結婚証明書
・新郎新婦の衣裳
・ヘアメイク、着付け
・ブーケ、ブートニア
・写真撮影
・会場までの送迎


挙式料の基礎知識として知っておきたいのが、「挙式プラン」と「オプション」のこと。

旅行会社や挙式プロデュース会社が用意している「挙式プラン」はそれぞれ内容が違います。

プランに含まれない内容を追加すると「オプション料金」がかかるので、挙式料はそこまで含めて考えないといけないんです。

オプション料金がかかりがちなのは、たとえば

「写真の枚数を増やしたい!」
「ムービー撮影もしてほしい」
「ブーケをグレードアップしたい!」

といった場合。


また、自分で用意した衣裳や小物を挙式で使いたい、という場合、式場への「持ち込み料」がかかることも。

持ち込みをしたい人は、オプション料金とあわせて持ち込み料も必ずチェックしましょう。

費用② 旅費の相場

お次は旅費について。

「新郎新婦の旅費(航空代金、宿泊代)」の相場は、82.3万円。

ハワイやヨーロッパだと相場が100万円を超えるので、それに比べると日本から近いグアムはお手頃価格と言えそうです。

ちなみに、現地でのショッピング費用は平均7.8万円。

お土産代は「2~4万円未満」の人が一番多く、次に「2万円未満」と続きます。


ふたりの旅費に加えて、忘れてはいけないのが「ゲストの旅費」。

海外挙式を行うカップルの中には、はるばる海外まで来てくれるゲストのために、ゲストの旅費を自分たちで負担する人もいます。

グアム挙式では、ゲストの旅費を

となっており、「負担した」カップルの方が多いという結果に。

ちなみに、負担額の相場は「10~20万円未満」が17%、「40~50万円未満」が12.8%と多くなっています。

一方、旅費を「まったく負担しない」場合、ゲストからのご祝儀はいただかないのが一般的。

ゲストの旅費については、両親とも話し合ってどうするか決めましょう。
詳しくはこちらを読んでみてくださいね。

海外ウェディングの場合、ゲストの旅費ってどうするの?

費用③ 挙式後パーティーの相場

グアム挙式を挙げた人のうち51.7%が、挙式の後に現地でのパーティーを開いています。

挙式後パーティーの平均人数は10人前後、費用の平均は17.5万円です。

場所は結婚式場やホテルのパーティー会場、レストランなどが一般的。

総額はいくら?

ここまでご紹介した費用を合計して、グアム挙式の「総額」を出してみましょう。

同じやり方で海外挙式全体の平均総額を出すと、220.3万円になります。

グアム挙式は旅費が安めな分、海外挙式の中ではリーズナブルになりやすいようです。


最後に、グアム挙式の費用を抑えるコツを2つご紹介します!

節約術その1 オフシーズンを狙う

グアム挙式の費用には、時期も関係してきます。

一般的には、次のような「旅行で人気の時期」での結婚式には、お金がかかりがち。

・ゴールデンウィーク、夏休み、お盆、年末年始などの大型連休
・休日

逆に言うと、これらの時期から外れた

・大型連休の前後
・平日

といった「オフシーズン」であれば、航空代金や宿泊代、挙式料が安くなる傾向に。

費用を抑えたい人は、「オフシーズン」での結婚式を検討してみてもいいかもしれません。

ただ、平日の結婚式はゲストが参加しづらいというデメリットもあるので、日取りを決めるときは両親にも相談しましょう。

節約術その2 ふたりで挙式もアリ!

グアム挙式の平均ゲスト数は、10人前後。
親族を中心に招待する人が多いようです。

でも、中には「ふたりだけで挙式を挙げた」という人も!

ふたりだけの挙式ならパーティー費用がかからず、100万円以下で結婚式ができることも多いよう。

プランによっては旅行までセットで50万円!なんてものもあります。

実際にふたりでグアム挙式をした人は、全体の20.7%。
思ったより多いのではないでしょうか。

「とにかく費用を抑えたい」
「ふたりきりで存分に旅行や写真撮影を楽しみたい」

といった人は、選択肢に含めてみても良いかもしれません。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍5年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

グアム挙式の相場は、以下の通り。

挙式料         83.5万円
新郎新婦の旅費     82.3万円
挙式後の現地パーティー 17.5万円

総額は183.3万円です。

挙式料については「オプション料金」や「持ち込み料」の確認も忘れずに。

旅費はハワイやヨーロッパに比べると安く済みますが、ふたりだけでなくゲストの分の負担も考えることが必要です。

費用を抑えたい人は、旅行者の少ない「オフシーズン」を狙うか、いっそふたりきりで式を挙げてしまうのも手かもしれません。

ただ、結婚式は親にとっても大事な話ですから、ふたりで式を挙げたい場合やゲストの旅費については、親とも相談してくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式費用」の他の記事

「結婚式費用」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る