結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

海外挙式が魅力的な7つの理由

音声で聴く!

0:00

0:00

「海外ウェディングには憧れるけど、どんなメリットがあるんだろう?」

そんな疑問を持っている人、多いのではないでしょうか。

海外挙式には、ロケーションはもちろん、費用や準備のことまで、意外なメリットがたくさんあるんです。

ここでは、海外挙式が選ばれる7つの理由をご紹介します。

INDEX
【理由1】抜群のロケーション
【理由2】ハネムーンが兼ねられる
【理由3】親しい人だけを招待できる
【理由4】家族の絆が深まる
【理由5】費用が抑えられる
【理由6】準備や手配が簡単
【理由7】その土地ならではのスタイル

【理由1】抜群のロケーション

海外挙式で人気の場所と言えば、南国のビーチリゾートや、歴史を感じられるヨーロッパの都市など。

「どこまでも続く青い海が開放的!」

「美しい街並みがロマンチック」

「何百年もの歴史をもつ教会がすてき」

などなど、日本では普段なかなか味わえない抜群のロケーションで挙式ができるのは、海外ならではの魅力です。

美しい景色をバックにした記念写真も、一生の思い出になりますね。

青い空と海や、歴史ある建物にウェディングドレスが映えて、最高の一枚になるはずです。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【理由2】ハネムーンが兼ねられる

海外挙式の場合、挙式のあとはそのまま滞在してハネムーンを楽しむカップルがほとんど。

現地で挙式をすれば、挙式の間も旅行気分が味わえます。

国内と違って式の後に二次会をすることもほとんどなく、すぐにハネムーンに移れるので、

「新婚旅行をたっぷり楽しみたい!」

というカップルにはおすすめです。

【理由3】親しい人だけを招待できる

海外挙式は、一部の親族だけで行うか、友人を呼ぶにしても特に親しい人だけを招待するケースがほとんど。

「会社の上司はどこまで招待すればいいの?」

「あの人を呼んだらこの人も呼ばないと・・・」

なんて、誰を招待するかで頭を悩ませることも少ないようです。

ゲストが少なめなので盛大な式にはなりにくいですが、その分アットホームな雰囲気を楽しめます。

【理由4】家族の絆が深まる

少人数の海外挙式なら、自然とゲスト1人ひとりと過ごす時間が長くなります。

それはゲスト同士でも同じこと。

ふだんは味わえない開放的な海外のシチュエーションも手伝って会話が弾み、両家の距離がぐっと縮まることも多いようです。

ふたりにとっても、家族とゆっくり過ごせる時間は一生の思い出になるのでは?

せっかくの機会なので、これまでの感謝の気持ちを素直に伝えてみるのもすてきですね。

笑顔あふれる家族の時間は、両親への最高のプレゼントになりますよ!

【理由5】費用が抑えられる

ゲストの人数が限られていることが多い海外挙式は、大規模な披露宴をしないことが多いので、そのぶん費用もリーズナブル。

また、ハネムーン先で挙式をしてしまえば、「国内で挙式+別の場所でハネムーン」より、費用を抑えられることも。

海外挙式の手配をしている旅行会社やプロデュース会社では、挙式とハネムーンのセットパックもあるのでチェックしてみては?

ただ、旅費については、家族の分はふたりが負担することが多いようです。

家族の他に、どうしても来てほしいゲストがいれば、ゲストの旅費もふたりで負担した方が良いかもしれません。

「ゲストの分まで負担すると、出費がかさむなあ・・・」

という人は、一部だけふたりで負担して、残りはゲストにお願いするのも手。

その場合は、ゲストに招待の連絡をするとき、

「飛行機代や宿泊費は負担ができないんだけど、それでも良ければ来てもらえないかな?」

といった聞き方をしましょう。

ゲストに旅費を負担してもらう場合、ご祝儀は遠慮するのが一般的なマナーなので、覚えておいてくださいね。

【理由6】準備や手配が簡単

一般的に、国内挙式の準備のほとんどは、披露宴のためだといわれています。

その点、海外挙式は大掛かりな披露宴を行うことは少なく、挙式のあとにシンプルなパーティーを楽しむスタイルが人気。

パーティーがシンプルな分、準備の手間が省けるので、準備にあまり時間をかけられない人にはうれしいですね。

「でも、海外だと、飛行機やホテルの手配も国内とは違うし大変そう・・・」

そう不安に思った人。

確かに旅行や挙式をすべて個人で手配しようとすると大変です。

そのため海外挙式では、ウェディングプロデュース会社や旅行会社を通じて手配する人がほとんど。

この方法なら、日本ですべての手配を済ませられるので安心です。

現地の結婚式場と挙式の打ち合わせをするときも、メールや電話でのやりとりが基本になります。

打ち合わせのために何度も式場へ行く必要がないので、忙しい人にも向いているのではないでしょうか。

【理由7】その土地ならではのスタイル

ひとくちに海外挙式と言っても、

・重厚感あるローマの教会で挙式
・タヒチの島で1日1組の挙式&パーティー
・開放的なハワイのビーチでパーティー

などなど、スタイルは国や地域によっていろいろ。

その土地の伝統的な衣裳を選んでみるのも素敵です。

人気のハワイウェディングなら、ゲストにもハワイの正装である「アロハ」と「ムームー」を着てもらうなど。

その国ならではのスタイルをみんなで楽しめば、きっと良い思い出になりますよ!

まとめ

海外挙式には、美しいロケーションをはじめとするたくさんの魅力がありました。

ウェディングプロデュース会社を賢く利用すれば、意外と準備の手間も省けるようです。

親しい人と開放的なひと時が過ごせる海外挙式、ぜひ一度考えてみてくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る