結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式費用に一番お金をかける地域はズバリどこ!?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式の費用にも地域性があります。

ここでは地域別の結婚式費用の相場を、ランキング形式でご紹介。

結婚式費用にまつわる各地域の特徴や傾向もあわせてお届けするので、ぜひ参考にしてくださいね。

(※本文中のデータはすべて「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018からの引用です)

INDEX
7位 北海道
6位 関西
5位 中部
4位 東北
3位 中国・四国
2位 関東
1位 九州・沖縄

7位 北海道

北海道の結婚式費用の総額は、平均209.3万円。

地域別ではもっとも安く、全国平均の308.3万円と比べて100万円近くも差があります。

この安さの秘密は、「会費制」。

他の地域の結婚式では、ゲストが3万円ほどの「ご祝儀」を包んでくれるのが一般的ですが・・・

北海道の結婚式では、新郎新婦が1万5000円前後の「会費」を設定して、ゲストはそれを支払うのが基本。

ご祝儀に比べて会費は安いため、結婚式にもあまりお金をかけない傾向にあるんです。

たとえば、ゲストに渡す引出物の1人あたり相場は、全国が約5,500円であるのに対して、北海道は2,050円。

また、ゲストのお車代(交通費)も、新郎新婦の方では負担しないことが多いようです。

新郎新婦もゲストもお互いの負担が少なく、気軽に参加しやすいのが北海道の結婚式の特徴なんですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

6位 関西

関西の結婚式費用の相場は285.0万円で、北海道に次いで安くなっています。

関西といえば、商人の街・・・倹約志向の人が多いイメージですから、納得の結果かもしれません。

ただ、披露宴の料理+飲み物費用に注目すると、ゲスト1人あたり約1万5,100円で、全国平均の約1万4,900円より高め。

節約を心がけつつも、料理や飲み物といったお客様へのおもてなしは大切にする。

これもまた、「商人の街」らしさの一面と言えるのではないでしょうか。

5位 中部

中部地方はエリアが広いので、以下の通りまずは県別の相場をご紹介。

これら全体の平均を取ると、291.7万円になります。

中部地方と言えば、

「愛知の結婚式は派手!」

と聞いたことがあるかもしれませんが、愛知県の費用相場は300.4万円で、意外にも全国平均より低い額。

一方で、ゲスト1人あたりの引き出物の金額を見てみると、中部地方は約7,000円で全国トップ。

ゲストへのおもてなしにお金をかけていることが分かります。

現在では「派手婚の愛知」ならぬ「おもてなし婚の中部」が実態なのかもしれません。

4位 東北

東北地方の結婚式費用、平均額は294.5万円。

東北では「結婚式は『家』が行うもの」という考えがあるようで、たくさんの人を招いて盛大な式を挙げる傾向にあります。

披露宴の平均招待人数は、約80人。

全国平均が65.5人なので、かなり多いことがわかります。

親族や親の知り合い、近所の人を招待する割合が、他の地域に比べて高いようです。

3位 中国・四国

中国・四国地方の結婚式費用の相場は、322.5万円。

招待人数は平均68.7人で、費用と人数ともに、全国平均に近い数値と言えます。

位置的には関西に近いですが、関西と比べると費用は高く、地域差が感じられて面白いですね。

2位 関東

関東の結婚式費用の相場は、327.0万円。

特徴としては、料理と飲み物代の高さが挙げられます。

ゲスト1人あたりの料理+飲み物代の相場は、約1万5,300円。
全国トップの数字です。

「ゲストへ感謝の気持ちを伝えるために、料理にお金をかける」という人が多いのかもしれません。

もしくは単純に、他の地域に比べて料理の価格設定が高めであるという要因も考えられます。


関東、特に首都圏のもう1つの特徴は、自由度の高さです。

結婚式費用の金額帯を見ると、首都圏では50万円の人もいれば、800万円の人もいます。

全国いろんな地域から人が集まってくる分、地域性が薄く、それぞれのカップルの価値観に合わせてお金のかけ方を決められるようです。

1位 九州・沖縄

栄えある(?)第1位は九州・沖縄!
結婚式費用の相場は328.3万円です。

九州では披露宴への招待人数が平均93.3人で、全国トップ。

詳しく見ていくと、学生時代の恩師や友人、職場の上司や同僚の招待人数が全国1位。
親族の招待人数も、全国2位となっています。

人付き合いを大切にする地域なんですね。


ゲストが多い分、おもてなしにもお金がかかります。

披露宴の料理と飲み物の総額は、120.8万円で、こちらも全国ナンバーワン。

ただ、ゲストが多いということは、その分ご祝儀も多くいただけるということ。

実際、九州のご祝儀総額は245.0万円で、全国平均の195.5万円を大きく上回っています。

結婚式費用からご祝儀を差し引くと83.3万円なので、「費用が高すぎる・・・」と不安に感じる必要はないかもしれません。

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女で、挙式と披露宴を行った人
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

結婚式費用の地域別の相場は、次の通り。

7位 北海道   209.3万円
6位 関西    285.0万円
5位 中部    291.7万円
4位 東北    294.5万円
3位 中国・四国 322.5万円
2位 関東    327.0万円
1位 九州・沖縄 328.3万円

北海道は「会費制」、中部ではおもてなしにお金をかける、九州や東北は人付き合い重視でゲスト数が多い・・・など、特徴はいろいろ。

同じ地域の中でもさらに細かく風習が分かれていることもありえます。

ふたりの地元が違う場合は特に、両家の間でお金の価値観が食い違わないよう、親に相談しながら式準備を進めるのが大切です。

  • LINEで送る

「結婚式費用」の他の記事

「結婚式費用」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る