結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【西日本編】あなたの県の特徴は?地域別の結婚式事情まとめ!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式には、地域によって色々な形式や、独特の風習があるんです。

それぞれ、地域性が表れた特徴的な風習がいっぱい!

今回は、そんな結婚式の特徴【西日本編】をご紹介します。

INDEX
関西地方の結婚式
中国地方の結婚式
四国地方の結婚式
九州地方の結婚式
沖縄の結婚式

関西地方の結婚式

結婚式の特徴

先輩カップルへのアンケート調査(※)によると、結婚式費用の全国平均額は、308.3万円。

一方、関西は285.0万円と、低めになっています。

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018より。以下、データ出典は同じ

ただ、ゲストに贈る引き出物の金額は、全国5,500円に対して、関西は5,700円と少し高め。

関西の人は倹約家と言われることがありますが・・・

結婚式全体の費用は抑えても、ゲストへの費用はきちんとかけているって、素敵ですね。

引き出物

滋賀の長浜では「おちつきぼた餅」、兵庫の淡路島では「嫁入り饅頭(まんじゅう)」が名物。

どちらも色は紅白で、縁起が良いとされるお菓子です。

結婚にまつわる風習

京都では、婚約前に結婚するふたりが扇子を交換する、「見合い扇子」という風習が。

扇子で結婚の意思を確かめ合う・・・なんとも奥ゆかしい儀式です。

また、三重では新婦に2種類の傘と、草履または下駄を贈ることがあります。

これは「迎え傘」「迎え下駄」と呼ばれる風習で、結婚式当日がどんな天気でも困らないように、雨用と晴れ用、2種類の傘と下駄を贈るんだとか。

なんだか優しい風習ですよね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

中国地方の結婚式

結婚式の特徴

中国地方の結婚式費用は306.5万円。

全国平均の308.3万円に近い額となっています。

また、ご祝儀の総額は203.8万円。

全国平均の195.5万円より少し高めですが、やはり標準的な額と言えそうです。

引き出物

引き出物も一般的なものが多いよう。

結婚にまつわる風習

岡山では結納の際、新郎新婦がお互いに風呂敷を贈り合う「流しふくさ」という儀式が特徴的です。

四国地方の結婚式

結婚式の特徴

香川では披露宴の料理にうどんが出たり、高知ではコース料理ではなく、大皿に盛られた「皿鉢料理(さわちりょうり)」がふるまわれたりします。

地域性が出ていておもしろいですね。

引き出物

香川では引き出物に「おいり」と言われるあられの一種を入れます。

カラフルで見た目もかわいらしく、最近ではデザートのトッピングに使われたりと、人気のお菓子なんですよ。

おいり

結婚にまつわる風習

最近ではあまり行われないようですが、徳島には「初歩き」という風習があります。

新婦が新郎の家へ行ってご両親とお仏壇のご先祖様、それから近所の人たちへ挨拶して回るという風習です。


披露宴でも、徳島では阿波踊りを楽しむなど、その県ならではの余興がある場合もあります。

九州地方の結婚式

結婚式の特徴

九州地方の結婚式の特徴は、ゲストの多さ。

披露宴への招待人数は、全国平均が65.5人なのに対して、九州は93.3人となっています。

人数の多さに比例して、ご祝儀の総額も全国トップ。

全国平均195.5万円に対して、九州は245.0万円と、50万円ほど高くなっています。

引き出物

以前、佐賀の結婚式で引き出物としてよく贈られていたのが、「千代結び」というお菓子。

リボンのように結ばれた形の紅白の砂糖菓子で、お祝い事にぴったり。

最近の結婚式ではあまり見られないようですが、特に年配のゲストには喜ばれそうな品ですね。

結婚にまつわる風習

鹿児島では、特産品である焼酎を披露宴でゲストにふるまう人も。
最後はみんなで万歳三唱!

福岡では「博多一本締め」でお開き。

一本締めというと「パン!」と1回だけ手を叩くものを思い浮かべるかもしれませんが、「博多一本締め」では、何回かに分けて叩くのだとか。

最後まで、楽しく威勢よく、ビシッ!と締めくくれそうですね。

沖縄の結婚式

結婚式の特徴

沖縄の結婚式は、とにかくゲストが大人数!
200~300人も普通です。

かなり盛大で、余興の数も多めのよう。

また、一般的には新郎新婦から離れた末席に座る親族が、一番上座に座るのも、特徴的な風習です。

ご祝儀の相場は標準よりも安い、1万円と言われます。

多くのゲストを呼ぶということは、自分も結婚式に呼ばれる回数が多いということ。

ゲストの負担を減らすためにも、ご祝儀は1万円が相場なのかもしれません。

引き出物

ご祝儀が低めなので、引き出物も1,000円~2,000円程度であることが多いようです。

結婚にまつわる風習

結婚式は「かぎやで風」というおめでたい踊りで始まり、「カチャーシー」という踊りでお開きにします。

「カチャーシー」は参列者も加わって踊るので、かなりのお祭り騒ぎ!

沖縄の結婚式は、みんなで楽しむスタイルなんですね。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女で、挙式と披露宴を行った人
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

西日本の結婚式、いかがでしたか?
地域によって、本当に色々な特徴がありますね。

結婚式費用やご祝儀はやや抑えめでありながら、ゲストに対してはきちんとお金をかける関西。

四国地方では引き出物に「おいり」、中国地方・岡山では「流しふくさ」など、結納から結婚式まで伝統的な風習がたくさんあります。

九州の結婚式は人数多め、ご祝儀も高め。

沖縄は特に人数が多く、ゲストも踊ったりとワイワイ楽しい雰囲気の式が多いよう。

自分の住む地域以外の風習でも、気に入ったら取り入れてみると面白いかもしれませんよ!

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る