結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ゆる過ぎず緊張し過ぎず!新郎の結婚式当日の心構え

音声で聴く!

0:00

0:00

準備を進めてきた結婚式も、いよいよ本番!
楽しみな反面、緊張や不安もありますよね。

そんな結婚式当日、新郎は、どんな心構えで過ごせばいいのでしょうか?

今回は、結婚式当日の新郎の心得7つをご紹介します。

INDEX
1 挙式までの心得
2 両家のゲストに気を配る
3 カッコよくエスコートを!
4 飲み過ぎに注意
5 「花嫁の手紙」ではサポートを
6 「謝辞」は最大の見せ場!
7 最後まで気を抜かずに

1 挙式までの心得

言うまでもないと思いますが、結婚式当日に遅刻はNG。

余裕を持って早起きして、忘れ物がないかチェックし、朝ごはんもきっちり食べておくといいですよ。

新郎は新婦ほど早い会場入りではないことがほとんど。

だいたい、挙式の1~2時間前に会場入りするように指定されることが多いと思います。
指定された時間に遅れないように向かいましょう。

当日お世話になるスタッフに「よろしくお願いします」と挨拶して、着替えなどの準備が済んだら、次は親族や仲人への挨拶です。

花嫁は着替えに時間がかかる場合があるので、早く支度が済んだ新郎は、ロビーに出て積極的にゲストに挨拶をすると好印象!

ゲストをおもてなしする気持ちを忘れないようにしたいですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

2 両家のゲストに気を配る

結婚式では、新郎新婦がゲストと顔を見合わせる機会がたくさんあります。

挙式前にゲストに挨拶するとき、挙式・披露宴の入場のとき、披露宴の歓談中など。

そんな時つい無意識に、自分側のゲストばかりに目をやってしまいがちですが・・・

これから夫婦としてお付き合いをしていく相手は、自分側のゲストだけではありませんよね。

新郎は、新婦側のゲストにも笑顔や言葉がけを忘れないよう心がけましょう。

「感じのいい新郎だな」と、新婦側のゲストからの評判も上がるかもしれませんよ。

特にゲストからの祝辞やスピーチのときは、話しているゲストの方へ体を向けて、背筋を伸ばし、しっかりと話を聞くことが大切です。

話してくれているゲストに失礼のないように、料理に手をつけたり、他のゲストに目をやったりするのはやめておきましょう。

3 カッコよくエスコートを!

慣れないドレスや着物姿の花嫁は、足元が不安なものです。

新郎は自分のペースで歩くのではなく、常に花嫁をエスコートしましょう。

花嫁が腕を組みやすいように、自分の腕は90度に曲げて、歩幅を合わせ、ゆっくりと歩きます。

猫背だとせっかくのオシャレも台無しなので、ピンと背筋をのばして堂々とエスコートを。

もちろん笑顔も忘れないようにしましょう。

階段や段差のあるところでは、一歩前を歩いて花嫁の手を引いてあげるとスマート!

座る時には、イスの背をスタッフが引いてくれることが多いですが、スタッフがいないときは、あなたが花嫁のイスを引いてあげましょう。

結婚式の一日は、花嫁をお姫様のように扱ってあげると、惚れ直してもらえるかもしれませんね。

4 飲み過ぎに注意

歓談中は、ゲストが次々にお酒を持って高砂(たかさご・新郎新婦の席)に訪れます。

特に新郎は、遠慮なくお酌されることが多いもの。

でも楽しいひと時だからといって、飲み過ぎて酔っ払うのはNG。

新郎には最後の「謝辞」という大仕事も待っていますし、花嫁のエスコートも千鳥足ではできません。

ゲストがついでくれるお酒は口をつける程度で、ほどほどにしておきましょう。

5 「花嫁の手紙」ではサポートを

両親をはじめ、ゲストの感動を誘う「花嫁の手紙」。
両親への感謝をこめた手紙を読むとき、花嫁も感極まって涙がこぼれることも・・・。

そんなとき、ハンカチで優しく涙を拭うのも新郎の役目!

花嫁が言葉に詰まったときは、「焦らなくて大丈夫」と小さく声掛けしてあげると、さらに素敵です。

また、手紙を朗読するとき、花嫁はマイクに向かって話しますよね。

このとき、マイクスタンドがないようであれば、手紙を持っている花嫁に代わって、あなたが花嫁の口元でマイクを持ってあげるとベター。

優しく花嫁を見守るあなたの姿に、花嫁の両親もきっと安心してくれますよ。

6 「謝辞」は最大の見せ場!

新郎最大の見せ場といえば、最後の「謝辞」ではないでしょうか。

ゲストへの感謝、これからの抱負などを皆の前で話します。

緊張で声が小さくなってしまわないように、意識してハッキリと話しましょう。
早口にならず、ゆっくりと話すと落ち着いた印象に。

原稿を見ずに読めたらカッコいいですが、苦手な人は原稿を読んでも大丈夫です!

その場合も文章の合間に、両家のゲストへ目をやることを心がけて。

「しっかりした新郎だな」と思ってもらえるよう、堂々と、気持ちをこめてスピーチしましょう。

謝辞でどんなことを言えばいいのか知りたい!という人は、こちらの記事を読んでみてください。

新郎の見せ場!感謝の気持ちを伝える、謝辞の書き方&極意

7 最後まで気を抜かずに

謝辞という大仕事を終えると、ちょっと気が抜けてしまうかもしれませんが・・・
まだ結婚式は終わっていません。

ゲストのお見送りまでしっかりと務めましょう!

プチギフトを渡しながらお見送りする時に、しっかり相手の目を見て「ありがとう」を伝えます。

仲のいい友達とつい話し込んで、新婦側のゲストに挨拶もしていない・・・なんてことにならないように、気をつけて。

「終わりよければすべてよし」といいますよね。
ゲストにいい印象を持って帰ってもらえるよう、最後までしっかりお見送りしましょう!

まとめ

結婚式当日の、新郎に必要な心構えについてご紹介しました。

1 しっかり朝食を食べ、遅刻・忘れ物は厳禁
挙式前にゲスト、スタッフへ挨拶を
2 両家のゲストに気を配る
3 つねに新婦をエスコートする
4 飲み過ぎに注意
5 花嫁の手紙の際のサポート
6 謝辞は大きな声で、ゆっくり堂々と
7 お見送りまで気を抜かない

結婚式当日、一番注目されるのは花嫁です。
そんな中、新郎がさりげない気遣いを見せることが大切。

結婚式当日、「花嫁が羨ましい」と言われるように、素敵な新郎になりましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る