結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

披露宴の「迎賓」ってなに?みんなした?

音声で聴く!

0:00

0:00

挙式が終わり、次は披露宴!
ゲストが披露宴の会場に入っていく・・・

この時、新郎新婦は「迎賓(げいひん)」という役割をすることがあります。

披露宴の「迎賓」って、どういうものかご存知ですか?

今回は、披露宴の迎賓とは何か、する場合の流れとしない場合の流れ、先輩花嫁の体験談もあわせてご紹介します。

INDEX
披露宴の「迎賓」ってどういうもの?
迎賓する場合の流れ
迎賓しない場合の流れ
先輩花嫁の体験談

披露宴の「迎賓」ってどういうもの?

披露宴の「迎賓」とは、挙式が終わってゲストが披露宴会場に入る際、会場の前で新郎新婦や両家の両親が並んでゲストをお出迎えすることです。

新郎新婦だけで出迎える場合もあれば、両家の両親も揃ってお出迎えすることも。

両親がいない場合は、親族がその代理人として立ってもOK。
式で新郎新婦の仲立ちをしてくれる「媒酌人(ばいしゃくにん)」がいるなら、媒酌人も一緒に並びます。


昔はほとんどの披露宴で行われていた「迎賓」。そもそもなぜ行うようになったのでしょうか。

昔の日本では今に比べて、神社などで挙式する「神前式」が行われることが多かったようです。

神前式では花嫁は和装の白無垢(しろむく)で挙式をし、披露宴前に色打掛(いろうちかけ)に衣裳チェンジすることが一般的でした。

でも、神前式の出席者は親族中心。友人など披露宴から参加するゲストには、挙式での白無垢姿を見てもらえない・・・。

そこで披露宴前にゲストのお出迎えをすることで、花嫁の白無垢姿をゲスト全員に披露したのが「迎賓」の始まりだそうです。


迎賓は、必ずしないといけないものではありません。

最近は「新郎新婦の入場」のシーンにサプライズ感を出したい、ということで迎賓をしない人も多いよう。

でも、迎賓でゲスト一人ひとりのお出迎えをすれば、とても丁寧な印象を持ってもらえるはずです。

ただ、そこでゲストと長いこと話し込んだりすると、時間が押してしまうことも。

披露宴のスケジュールはタイトなこともしばしば。迎賓に時間をかけすぎて、披露宴の開始が遅れるのは避けたいところです。

なので迎賓では相手の顔を見て会釈をし、来てくれたお礼を言う程度にしておきましょう。

笑顔を忘れないことが大切ですよ。

では、迎賓をする場合としない場合の、それぞれの流れを見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

迎賓する場合の流れ

披露宴の迎賓をするなら、挙式が終わった後、迎賓をするメンバー全員揃って披露宴会場の前に並びます。

親族との写真撮影がある場合、迎賓の前に済ませます。

披露宴会場へ来るゲスト全員を出迎え、会場に入るまで見守りましょう。

全員が会場入りしたら、両家の両親も入って、残った新郎新婦は急いで入場の準備!

ヘアアクセサリー、ベールやグローブといったドレス小物を変える場合は、このタイミングで行います。

そして準備が整ったら、いよいよゲストの待つ会場へ入場です。

迎賓しない場合の流れ

披露宴の迎賓をしない場合、新郎新婦は写真撮影や衣裳チェンジ、へアチェンジなど、必要な作業に向かいます。

特にすることがない場合は、入場までの間、休憩するのもアリ。

ゲストはその間、ウェイティングルームがある場合はそこでくつろいだり、ロビーで写真を撮ったりして過ごすことが多いよう。

そして時間が来たらゲストは誘導され、新郎新婦よりも先に披露宴会場に入ります。

そこへ、準備が済んだ新郎新婦が入場、となるんですね。

「迎賓については、大体わかったけど・・・結局、したほうがいいの?しなくてもいいの?」

実際に迎賓をした花嫁、しなかった花嫁の体験談を見ていきましょう!

先輩花嫁の体験談

した派の体験談

私たちが迎賓をすることに決めたのは、挙式が神前式だったからです。
せっかくの白無垢、友達にも見てもらいたくて白無垢で迎賓しました!
迎賓が終わった後、色打掛に着替えて入場したので、あっという間の衣裳チェンジに会場も盛り上がりましたよ!

迎賓しました!
少しだけでもゲスト一人ひとりと話す時間がとれたのがよかったです。
挙式やドレスの感想を言ってくれた友達もいて、嬉しかったなぁ。

ウェディングドレスで迎賓をしましたが、ドレス姿でゲストと写真を撮れたので、やってよかった!
挙式中はなかなかゲストと写真を撮れないですからね。
ただ迎賓に時間をとったので、ヘアチェンジ、メイクチェンジはできませんでした。
ブーケと小物を変えるくらいでしたね。


迎賓した派の花嫁は、メイク・ヘアチェンジの時間はなくなるものの、「やってよかった」と思っている人が多いようですね。

ではしなかった人はどうなのでしょうか?

しなかった派の体験談

私たちは衣裳のチェンジをしたかったので、迎賓しませんでした。
だって、挙式と同じ衣裳だと、入場の時のサプライズがないと思って。
披露宴が始まるまで衣裳の着替えにバタバタしたけど、入場の時には、チェンジしたドレスを見たゲストから歓声があがりましたよ!

私たちは迎賓を両親にまかせました。
特に衣裳チェンジなどがあったわけではないのですが、挙式の後って、慣れないドレスで疲れているかなと思って・・・。
実際、披露宴の前に休憩ができてよかったなと思います。

迎賓をすると、ゲストが並んで順番を待たないといけないし、着席までに時間がかかってしまうと聞いていたので、しないことに。

披露宴の内容も盛りだくさんで、時間が押し気味だったので、しなくて良かったと思います。

迎賓をしない場合、衣裳・ヘアチェンジに時間をかけたり、ゆっくり休憩する時間にあてたりできそうですね。

他にも、ゲストの控室に顔を出して写真撮影や会話をすることができた、という声も。

迎賓もなく、お色直しもない場合はわりと自由に時間を使えるのかもしれませんね。

まとめ

披露宴の「迎賓」とは、披露宴会場の入り口で、新郎新婦がゲストをお出迎えすることなんですね。

両家の両親や媒酌人が一緒に立つこともあります。

迎賓をする場合、会場の前ですべてのゲストの入場を出迎え、最後に両親が会場入りし、それから新郎新婦入場になります。

迎賓をしない場合は先にゲストが会場に入り、新郎新婦は写真撮影やヘア・衣裳チェンジを済ませて入場します。

また、先輩花嫁の体験談によると、
迎賓を「する」メリットは

・神前式をした場合、迎賓時に白無垢を友人にも披露できる
・ゲストと話したり写真を撮ったりする時間がとれる

迎賓を「しない」メリットは

・チェンジした衣裳を入場のときのサプライズにできる
・衣裳・ヘアメイクチェンジや休憩がゆっくりできる

迎賓をする・しない、それぞれメリットがあるので、披露宴の進行も考えて、自分たちに合ったスタイルを選びたいですね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る