結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式当日、花嫁が家を出る前にする5つのコトと心構え

音声で聴く!

0:00

0:00

忙しかった準備も終わり、いよいよ今日は結婚式当日!

そんな結婚式の朝を迎えた花嫁が、家を出る前にすべきコトって?

結婚式当日、花嫁が家を出る前にする5つのコトと心構え、さらに両親への感謝の気持ちの伝え方もあわせてご紹介します。

INDEX
1 きちんと朝食を摂ろう
2 持ち物チェックは忘れずに
3 身だしなみのポイント
4 両親へのあいさつ
5 遅刻厳禁!
両親へ「感謝の気持ち」の伝え方

1 きちんと朝食を摂ろう

新郎新婦は結婚式・披露宴の間、大忙しです!

披露宴では、自分たちがスピーチや手紙の朗読などをするときはもちろん、歓談中も次々と友人が写真撮影に訪れて・・・

おいしい料理にもなかなか手がつけられません。

でもただでさえ緊張する結婚式、空腹が続くと気分が悪くなったり、力が出なくなったりすることも。

そうならないためにも、朝はきちんと朝食を食べてから出かけましょう!

ただし、ドレスや着物は普段より締め付けがキツイので、量はほどほどにして。

水分も摂りすぎるとトイレが近くなるので、適度に抑えましょう。

どうしても食べる時間がなかったときは、おにぎりやサンドイッチなど、簡単につまめるものを持って会場に向かうといいですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

2 持ち物チェックは忘れずに

花嫁用のハンカチ、両親への手紙、携帯電話など・・・
花嫁には、案外荷物がいっぱいあるんです!

でも結婚式当日の朝、花嫁は早起きしないといけないことが多く、けっこうバタバタすることも。

当日の持ち物は前日までに用意し、持ち物リストも作っておきましょう。

そうすれば当日の朝は、そのリストに沿って忘れ物がないかチェックするだけでOK!

「前日にしっかりチェックしたから、もういいや・・・」と思わず、出かける前にもう一度チェックするのがポイントです。

当日の持ち物については、下記の記事でも詳しく紹介しています。
参考にしてくださいね。
【結婚式当日】花嫁が会場に持って行くべき持ち物は?

3 身だしなみのポイント

ノーメイクでもOKな準備を

今日は結婚式だし、とびきりキレイに・・・という気持ちはわかりますが、それは会場入りしてからのこと。

式場からは、メイクさんがヘアメイクをしやすいように、「当日はノーメイクで来てください」と指示されることが多いと思います。

スッピンでの外出が気になる人は、帽子やマスク、サングラスなど顔を隠せるアイテムを使って。

プロに美しくヘアメイクしてもらうのを楽しみに、会場までは、ノーメイクに整髪料もナシで我慢しましょう。

締め付けのない服で

下着や服は、締め付けのないゆるめのものがオススメです。

きつい下着や服で体に跡が残ると、ドレスを着たときに目立つことも!

また、花嫁は結婚式当日、ただでさえ緊張しがちです。
それに加えて下着や服の締め付けがキツイと、気分が悪くなってしまうかも。

服はゆったりとしたものがベストです。

脱ぐときにヘアメイクを崩してしまわないように、前開きの服や、するりと下から脱げるワンピースなどがいいでしょう。

当日の服装についてもっと詳しく知りたい人は、こちらも参考にしてくださいね。
【結婚式当日】新郎新婦は会場まで、どんな服装で行けばいいの?

4 両親へのあいさつ

あわただしい結婚式当日の朝ですが、両親にはきちんと挨拶してから出かけましょう。

簡単でもいいので、「今日はよろしくお願いします」ということを伝えてくださいね。

結婚式当日の朝は花嫁にとってだけでなく、両親にとっても特別な時間です。

きちんとあいさつをすることで、お互い清々しい気持ちで結婚式に向かえますね。


ちなみに、家を出るときのあいさつといえば「行ってきます」ですが・・・

「『行ってきます』は『ただいま』とセットで使われる言葉。

『また家に帰ってくる』という意味になるので、結婚して家を出る花嫁は言わない方がいい」
という意見も。

縁起を大切にしたい人は、気にしてみてもいいかもしれませんね。

5 遅刻厳禁!

当日はもちろん、遅刻厳禁!

花嫁はヘアメイクに時間がかかるため、会場到着時間を、結婚式の2~3時間前に指定されるのが一般的です。

ギリギリに慌てないように、余裕を持って早起きしましょう。

荷物が多かったりスッピンだったりするので、移動手段は車だと安心。

タクシーを使う場合は、前日までに予約しておきましょう。

車を使う場合、渋滞やアクシデントも考えて、早めに家を出るよう心がけて。

結婚式当日の朝にするコトは、だいたいこんな感じです。
けっこう色々ありましたね。

では最後に、今まで育ててくれた両親への「ありがとう」の伝え方をご紹介しましょう。

両親へ「感謝の気持ち」の伝え方

花嫁が両親へ向かって三つ指ついて、「今までお世話になりました・・・」と涙ぐむ感動の場面。

ドラマなんかでよく見る、結婚式前夜のワンシーンですよね。

でも実際には、どんなふうに両親に感謝の気持ちを伝えればいいのでしょうか?
色々な例を見ていきましょう。

ケジメをつけてきちんと

三つ指をつかないまでも、きちんと言葉で伝えるパターンです。

「今まで育ててくれてありがとう」
「お世話になりました」

そんな言葉を娘から聞いたら、両親は感動で涙腺が崩壊してしまいそうですね。

手紙で伝える

「お礼は言いたいけれど、どうしても恥ずかしい・・・」

そんな人は、手紙で想いを伝えるのも素敵です。

結婚式の朝、家族に宛てた手紙を置いて出たり、披露宴の中で読んだり、というパターンもありますよね。

手紙なら、普段言えない感謝も、うまく伝えられるかも。

両親にとっても、きっと一生の宝物になりますよ。

ライトに伝える

そんな型苦しい挨拶は苦手!という人は、自分なりの言葉で伝えてみましょう。

「今までありがとね~」なんて軽く伝えるだけでもいいんです。

決まり通りの言葉でなくても、あなたが心を込めて伝えれば、両親にはきっと伝わるはずです。

まとめ

いかがでしたか?
結婚式当日の朝、家を出る前にするコトをわかりやすくまとめてみましょう。

・適度に朝食を摂る
・持ち物チェックをする
・ノーメイクでもOKな格好、締め付けない服で行く
・両親へあいさつする
・遅刻厳禁!早めに出発!


両親へ感謝の気持ちを伝える時は、「今まで本当にありがとうございます」と、きちんとケジメをつけて伝えるのも感動的。

照れくさい人は手紙や軽い言葉でも、両親にはちゃんと伝わるはずです。

結婚式の朝は慌ただしいので、するべきコトを前もってきちんとチェックしておきましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る