結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【結婚式当日】新郎新婦は会場まで、どんな服装で行けばいいの?

音声で聴く!

0:00

0:00

いよいよ結婚式当日!

花嫁
「早くドレス着たいな~」

うんうん。
気持ちはわかりますが、ドレスの前に何か忘れていませんか?

会場までの服装、どうします?

ということで、

新郎・新婦それぞれの
「結婚式当日、会場に着ていく服選びのポイント」
をご紹介!

「会場までのメイクどうする!?」事情についても調べました!

INDEX
花嫁は何を着て会場に行けばいいの?
メイクはして行っていいの?
新郎はジーパンで行っていいの?

花嫁は何を着て会場に行けばいいの?

結婚式当日の会場までの服装、まずは「花嫁の服装」から見ていきましょう。

ポイントは次の2つです。

「人前に出ても恥ずかしくない服」を目安に

会場には、着付けや受付のために新郎新婦と同じくらいの時間に来ているゲストもいるかもしれません。

もしゲストと顔を合わせたときに、自分だけTシャツにスウェットといった、あまりにラフすぎる格好だったら?

「なんか、悪いとこを見ちゃったな…」
と、申し訳ない気持ちになるゲスト。

「主役なのに、こんな格好でごめんなさい…」
と、恥ずかしさでモジモジしてしまう新婦。

うーん、気まずい!

こんな事態を避けるためにも、会場に行くときの服は、「人前に出ても恥ずかしくない服」くらいのイメージで選ぶのがオススメです。

着替えの時にヘアメイクが崩れない服を

新婦は、会場に着いてからヘアメイクや着替えをします。

一般的には、「ヘアメイク」→「衣裳へ着替え」という順番が多いよう。

「せっかくセットしてもらった髪が、服を脱ぐときに崩れてしまった!」

なんてことにならないよう、着ていく服はシャツやワンピースなどの「前開きするもの」がいいですよ。

また、着てきた服を預かってもらうとき、袋に入れて保管する会場もあります。

シワにならない服がベターですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

メイクはして行っていいの?

会場までメイクして行ってもいいのか、スッピンで行くべきか、女性なら気になりますよね。

会場によりますが、先輩花嫁の話によると、どうやら会場から「ノーメイクで来てください」と言われた人が多いようです。

当日は化粧にヘアセットに着付けにと大忙し。

「メイクを落とす時間が惜しい!」

という理由でノーメイクを指定されたみたいですね。

髪の毛も、スタイリング剤などをつけるとヘアセットの邪魔になるので、

「洗いっぱなしのボサボサのままで」

と言われた先輩花嫁が多いよう。

ということで、基本的にはメイクはして行かない方が無難です。

すっぴんを周りに見られるのが気になる人は、会場まで車で行くと良いですね。

「電車やバスで行く人はどうしたらいいんですか?」

その場合、先輩花嫁は

・帽子を深めにかぶる
・マスクをする
・度の入っていない眼鏡をかける
・スカーフやマフラーで少し顔を隠す

といった方法でなんとか乗り切ったようです。

どうしても化粧をして行きたい人は、なるべく薄めにして、時間に余裕を持って会場入りし、メイクを落としておきましょう。

新郎はジーパンで行っていいの?

ジ、ジーパンですか・・・

さっそく新郎の服装のポイントを見ていきましょう。

ある程度、しっかりした服装が無難

新郎は新婦よりやや遅く、2時間前くらいに会場入りすることが多いようです。

着付けのために早く会場に着いていた親族と、ばったり出くわして立ち話になんてことも十分にありえます。

先輩花婿のなかには

「ニットのタンクトップとカーゴパンツで行きました~」

なんて人もいるようですが、会社の上司に会うかもしれませんし、ラフな格好は避けたほうが吉です。

(ということでジーパンも避けたほうがよさそうです)

さすがにスーツで行く必要はありませんが、

「襟付きのシャツ」+「ジャケット」

といったある程度しっかりした服装で行くことをオススメします。

また、新婦だけがきちんとした格好で、新郎はカジュアルな格好だと、新婦は

(結婚式なんだし、もうちょっとちゃんとしてほしかったなあ・・・)

と思うかもしれません。

新郎と新婦で、服装に差が出すぎないほうが良いですね。

ヘアセットが崩れない、脱ぎやすい服装を

新郎も新婦と同じく、ヘアセットをしてもらってから衣裳へ着替えることが多いです。

Tシャツやトレーナーなどの「被って着る服」だと、脱ぐときにヘアセットが崩れるかもしれません。

なので、着て行くなら「前ボタンのシャツ」などがオススメです。

まとめ

「結婚式当日の会場までの服装」は、知り合いに会っても恥ずかしくないよう、
「人前に出ても恥ずかしくない服」
をめやすに選びましょう。

また、会場までは「すっぴん+洗いっぱなしの髪の毛で来てください」と言われることが多いようです。

ノーメイクに抵抗がある人は帽子を深めにかぶるなどして、なんとか乗り切りましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る