結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

片時もゲストを退屈させない!席次表プロフィールのアイデア

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

最近では、披露宴の席次表に自分たちのプロフィールを載せる新郎新婦が増えています。

プロフィールを載せることで、ゲストに自分たちの人柄を知ってもらうことができ、親しみを持ってもらえるはず。

今回は、結婚式の席次表に載せるプロフィールの項目を定番のものから、ユーモアがあるものまで一挙ご紹介します!

INDEX
席次表プロフィールって?
基本的なプロフィール項目
他にもこんなプロフィール項目はいかが?
お互いへの質問~基本編~
お互いへの質問~ふたりの馴れそめ編~
お互いへの質問~これからのふたり編~
お互いへの質問~面白系~
プロフィール表を作成するときの注意点

席次表プロフィールって?

基本的に披露宴の席次表は、ゲストの披露宴会場の席の配置を示すもの。

ですが最近では、席次表に自分たちの写真とともに、生年月日や血液型、趣味などのプロフィールを載せるカップルが増えています。

クリックで拡大します。   

披露宴が始まるまでの空き時間を、ゲストに少しでも楽しく過ごしてもらいたいという新郎新婦のおもてなしの心から始まったようです。

プロフィールを載せることで、ふたりのことをゲストにより知ってもらうこともできますね。

プロフィール表は、ふたりの自己紹介の場。

なので、名前や生年月日などの基本情報をおさえれば、あとはお互いへの質問や一言など好きなようにアレンジしてOK。

お互いの第一印象や馴れ初めといった「ふたりのエピソード」、そしてふたりの将来のことを載せるカップルが多いようです。

それでは、席次表に載せるプロフィール項目をさっそく見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

基本的なプロフィール項目

ゲストの中には、新郎新婦どちらか片方としか面識がない人も多いと思います。

そのため、プロフィールは自分のことをよく知っている人に向けてではなく、初対面のゲストでもわかるように書くのがおすすめです。

名前や生年月日など、基本的なプロフィールは必ず入れましょう。


・名前
・ニックネーム(学生時代のあだ名)
・生年月日
・星座
・血液型
・職業
・趣味
・マイブーム
・好きなこと
・苦手なこと
・特技
・子供の頃の夢
・好きな食べ物
・性格(自分の性格を一言で表すと)
・尊敬する人
・出身地(育った土地)

プロフィール項目のポイントをいくつかご紹介します。

生年月日

生年月日は、「エジソンと一緒」など、偉人や有名人、アニメのキャラクターなどの誕生日と一緒に載せると楽しく覚えてもらえます。

血液型

意外と話のネタになるかもしれないのは血液型。

ふたりが同じ血液型なら、「感情に素直なO型」「理論的なO型」などちょっとした説明を付け足してみては?

「片付けが苦手なA型」など、その血液型に対する一般的なイメージを逆手に取った回答もユーモアがあって良いですね。

趣味や好きなこと

趣味を通じて仲良くなることって結構ありますよね。

趣味が同じだったり、意外性があったりするとゲストから親近感を得られやすいですよ。

趣味と言えるほどでは・・・という場合は、「好きなこと」にすれば、気軽に書けるのではないでしょうか。

また「マイブーム」など、ピンポイントで自分がハマっていることを書いてももちろんOK。

好きな○○は大事な質問

人の好きなものって意外と知らなかったりしますよね。

結婚式をきっかけに自分が好きなものをゲストに知ってもらいましょう!

席次表プロフィールでメジャーなのは「好きな食べ物」ですが、こんな項目も面白いですよ。


・好きなお酒
・好きだった教科
・好きな動物
・好きなスポーツ
・好きな季節
・好きな本
・好きな映画
・好きな歌
・好きな山
・好きな時間

他にもこんなプロフィール項目はいかが?

「ありきたりではなく、面白いプロフィール表にしたい」というカップルは、ユニークな項目を追加してみてはいかがでしょう。


・直したい癖
・身長
・座右の銘
・学生時代の部活動やサークル
・旅行したいところ
・小さい頃の夢
・宝物

身長差があるようなカップルだと、身長を載せるのもアリ。

実際の身長からちょっとぼかして、「170cm弱」や「気持ちは190cm」などと書くのも、ゲストから笑いが生まれそうです。

自分の中に確固たる信念があるなら、座右の銘をゲストに披露してみてはいかがでしょう。

お互いへの質問~基本編~

席次表プロフィールはゲストに自分のパートナーを紹介する場でもあります。

普段は恥ずかしくて、なかなかゲストに伝えることができないかもしれませんが、だからこそふたりの仲の良いところを伝えましょう。


・お互いの第一印象は?
・付き合ってからの印象は?(付き合ってから印象は変わった?)
・相手の好きな(良い)ところは?
・相手のチャームポイントは?
・お互いの呼び方は?(相手を何と呼んでいますか?)

相手の良いところ、どこを好きになったのかなどはゲストの共感を得られそうな項目。

「相手の好きなところは?」の回答としては、

・笑顔
・優しいところ
・頼りがいがあるところ

などが多かったです。

お互いへの質問~ふたりの馴れそめ編~

ふたりがどのように出会い結婚を決めたのかもゲストは興味があります。

ふたりの馴れ初めについては披露宴でじっくり紹介するでしょうから、席次表ではチラッと小出しにするくらいにしておきましょう。


・出会った(出会いの)きっかけ
・初デートの場所は?
・デートの思い出は?
・付き合うきっかけは?
・思い出の(嬉しかった)プレゼントは?
・印象に残っているエピソードは?
・思い出の場所
・結婚を意識したきっかけ
・結婚の決め手は?
・プロポーズの場所は?
・プロポーズの言葉とその返事は?(プロポーズは何と言いましたか?言われましたか?)

お互いへの質問~これからのふたり編~

ふたりのこれからを想像させる質問もワクワクしますね。


・休日は何したい?
・どんな家庭にしたい?
・将来の夢は?(一緒にやりたいことは?)
・子供は何人(ほしい)?
・子供と一緒にやりたいことは?
・10年後のふたりは何をしていると思う?
・老後はどうやって過ごしたい?
・相手にお願いしたいことは?
・相手に一言

「相手に一言」では、恥ずかしがらずにお互いに正直にメッセージを書きましょう。

回答例としては、

・ずっと笑顔でいてください
・これからもよろしく
・たくさん笑える家庭にしようね!

などがあります。

お互いへの質問~面白系~

ゲストも思わずクスッと笑ってしまうような、面白系の質問を入れるのもアリ。


・相手に直してほしいところは?(相手に注文をつけるなら)
・相手の機嫌の直し方(喧嘩したときは?)
・来世で相手を見つける方法は?
・相手の弱点(急所)は?
・お互いの口癖
・それぞれの得意料理
・相手に謝りたいこと(この際懺悔したいこと)

相手の弱点については、「つむじ」や「わき腹」などの身体の部位でもいいですし、「押しに弱い」などの性格面でもOK。

「相手に謝りたいこと」は、真面目な回答よりも、ウケを狙ったひねりのある回答だとゲストも笑ってくれるでしょう。

プロフィール表を作成するときの注意点

このように一例を挙げただけでも、プロフィール表に載せるアイデアは盛りだくさんですね。

でも席次表のプロフィールはあくまでも導入です。

あれもこれも載せてしまっては、席次表を見ただけでゲストもお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

項目は10個前後にして、ゲストが読みやすいようにすっきりとまとめましょう。

また、プロフィールの質問への答えを無理に面白くしようとする必要はありません。

ゲストを楽しませようとする心持ちは素晴らしいですが、大切なのは自分のことを知ってもらうこと。

席次表のプロフィールを見ただけで、その人がどういう人なのかが分かるのが一番の目的であることを忘れないようにしてくださいね。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

席次表プロフィールは、初対面のゲストに新郎新婦のことを知ってもらうのにも大活躍するアイテム。

プロフィールの項目アイデアはたくさんあります。

ついいっぱい載せたくなるかもしれませんが、自分たちに合った質問10項目くらいを目安に入れるのがいいでしょう。

ゲストが読んで楽しい席次表プロフィールにしてくださいね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「招待状・席次表」の他の記事

「招待状・席次表」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る