結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式のブーケをオーダーする時に伝えておくこと7つ!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で花嫁には欠かせないアイテム、「ブーケ」。

「せっかくなら、世界に1つだけの理想のブーケを作りたい!」

そのためには、ブーケをオーダーする際に、しっかりとした打ち合わせをしておくことが大切なんです。

オーダーのときに、どんなことを伝えておけばいいのでしょうか?

伝えるべきポイントをご紹介します。

INDEX
1 ブーケのイメージ
2 衣裳のイメージ
3 会場のイメージ
4 予算
5 必要個数
6 他にオーダーするもの
7 搬入について

1 ブーケのイメージ

なんといっても、まずは自分の理想のブーケのイメージをしっかり伝えることが大切!

打ち合わせ前には、できるだけ希望のブーケのイメージを固めておくといいですね。

雑誌やインターネット、本などを参考に、好みのブーケを探してみてください。

どんな色合いがいいか、デザインはどうするか、使う花の種類はどんなものがいいか・・・

写真や画像を集めながら、希望のブーケについて考えてみましょう。

ただこのとき、注意しておきたいのが「使う花を限定しすぎない」こと。

生花には旬があります。

季節によって、手に入れやすい花とそうでない花があり、時期に合わない花などは、思いがけず費用が高くなってしまう可能性が・・・。

花の種類については、ある程度のイメージを決めるまでにして、打ち合わせのときに相談するといいですね。

希望のイメージを伝えやすいよう、打ち合わせには好みのブーケの写真などを持っていくようにしましょう。

言葉で伝えるよりも正確に伝わりやすいです。

どうしても好みのブーケの写真が見つからない場合や、どれも素敵に見えて迷ってしまう・・・という場合は、

・可愛らしい感じ
・大人っぽい感じ
・シンプルに
・品のある雰囲気

など、自分の希望のイメージだけを伝えて、お任せしてみてもいいかもしれません。

具体的でなくてもいいので、「こんな花嫁さんになりたいな」という理想の花嫁像をイメージして、考えてみて下さいね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

2 衣裳のイメージ

ブライダルブーケは、衣裳との相性やバランスもとても大切です。

衣裳が決まっている場合は、写真を持っていくようにしましょう。

できれば実際に試着したときの写真があると、よりイメージしやすくていいですね。

横向きや後姿などもあれば、衣裳のデザイン全体が分かりやすくなります。

ベールやグローブ、アクセサリーなど、小物も付けた状態で写真を撮っておくとさらにGOOD

お色直しをする人は、その分の衣裳の写真も忘れずに持参してくださいね。

3 会場のイメージ

ブーケのデザインを決めるのに、どんな場所で持つのか、会場のイメージもとても重要。

会場の雰囲気や当日のクロスの色、会場装花のイメージや使う花材などが決まっている場合には伝えておきましょう。

特に式場と提携していない外部の花屋でオーダーする場合、その花屋は会場についてくわしく知らないことが多いですよね。

式場の建物やインテリアの雰囲気など、できるだけ詳細に写真で伝えておくとベターです。

挙式会場と披露宴会場、それぞれの写真を撮って持っていきましょう。

会場の雰囲気に合わせて、素敵なブーケを作ってくれますよ。

4 予算

忘れてはいけないのが、しっかりと予算を伝えておくこと。

ブーケは、使う花材やデザインによって価格がかなり変わってきます。

あらかじめ予算を伝えておくことで、希望のイメージにあったブーケを予算内で作れるよう、工夫してくれますよ。

ブーケの打ち合わせまでには、ブーケにいくらかけられるのか、他の予算と合わせて考えておくといいですね。

5 必要個数

ブーケは全部でいくつ必要なのか、個数についてもきちんと伝えましょう。

一般的には、衣裳によってブーケを変えるため、23個のブーケを用意する人が多いようです。

もちろん、挙式から披露宴まで同じブーケを持つ人もいます。

・挙式と披露宴でブーケを持ち替えるのか?
・お色直しをする場合、お色直し後は違うブーケにするのか?
2次会はどうするか?

など、自分の衣裳と合わせて考えましょう。

結婚式より前に衣裳を着て写真撮影をする「前撮り」を行う場合は、前撮り用のブーケをどうするかも検討しておきます。

また、ブーケを投げ上げてゲストにキャッチしてもらう「ブーケトス」をする場合、トス用に投げやすいブーケを別に用意する人もいるよう。

ブーケトスをやる予定なら、小さくて軽めのブーケをプラスで頼むことを検討してもいいかもしれませんね。

6 他にオーダーするもの

ブーケと合わせてフラワーアイテムをオーダーするのであれば、忘れずに伝えておきましょう。

ブートニア

特に忘れてはならないのが、新郎が胸につける「ブートニア」。

ブートニアは

「プロポーズの際に男性が花束を女性に手渡し、返事がOKなら女性が花束から一輪の花を抜いて、男性の胸にさした」

という言い伝えから、ブーケとお揃いのデザインで作ることがほとんどのようです。

新郎の衣裳の写真も持参して、ブーケと一緒にオーダーしておくといいですね。

フラワーアクセサリー

髪飾りも生花で作りたい人は、ブーケと合わせてオーダーすると統一感が出て素敵に仕上がります。

ヘアメイクの打ち合わせの際に、

・生花の髪飾りが使えるのか
・使えるなら、どんな加工が必要なのか

を確認しておき、オーダーのときに忘れずに伝えましょう。

その他にも手首につけるリストブーケや、腕につけるアームブーケ、チョーカーなど、フラワーアイテムを考えているなら、ブーケと合わせてオーダーします。

ブーケと合わせてトータルでコーディネートすれば、素敵な花嫁さんになれますよ。

贈答用花束

披露宴の最後に両親に花束をプレゼントするなら、一緒に頼んでおくと忘れずに済みます。

予算もしっかり伝えて、素敵な花束を作ってもらいましょう。

7 搬入について

外部の花屋でブーケをオーダーする場合は、結婚式の日時や場所も細かく伝えます。

・式場の場所
・搬入する時間
・両家の名前

を正確に伝え、当日の搬入方法や受け取りの場所についても細かく打ち合わせておきましょう。

ホテルのような大きな会場の場合、式場名だけではなく、「○○の間」というように詳細な会場名までしっかり伝えておきます。

「オーダーしていたブーケが届かない!」といった当日のトラブルを防ぐことができますよ。

まとめ

理想のブーケをオーダーするには、次の7つをしっかり伝えましょう。

1 ブーケのイメージ
2 衣裳のイメージ
3 会場のイメージ
4 予算
5 必要個数
6 他にオーダーするもの
7 搬入について

万全な打ち合わせで、結婚式当日は理想のブーケを持った素敵な花嫁さんになりましょう!

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る