結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

何を重視したい?婚約指輪のダイヤモンド、選び方のポイント教えます!

音声で聴く!

0:00

0:00

ダイヤモンドが輝く婚約指輪

公式インスタグラムはじまりました!

「婚約指輪を買いたいけど、ダイヤモンドって何を重視して選べばいいんだろう?」

そんなギモンを持っているあなた。

ここではダイヤモンドの評価基準「4C」をベースに、ダイヤ選びのポイントをご紹介します。

輝き?品質?大きさ?どれを重視する?

役立つ情報が満載です!結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

選ぶときの基準になる「4C」って?

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ上でまず押さえておきたい必須知識が、「4C」。

4CはGIA(米国宝石学会)が考案した、ダイヤの評価基準です。

GIAは国際的なダイヤの鑑定機関として、世界中のジュエラーから信用を得ています。

4Cを具体的に言うと、次の「4つのC」。

4Cの説明

カラット以外はそれぞれグレード(等級)をつけて段階的に評価されます。

詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

ダイヤモンドの価格が決まる評価基準「4C」って知ってる?

「4Cって、全部最高ランクにすると値段が高いんだろうな。優先するならどれがいいんだろう?」

考える男性

では、重視するポイントを具体的に見ていきましょう!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ダイヤの輝きを重視する(カット重視)

4Cの中でも優先すべきとの声が多いのが、カット。

その理由は何なのでしょうか?

輝きに直結するから

ダイヤモンドの魅力と言えばキラキラした「輝き」。

一粒のダイヤモンド

でもダイヤモンドって原石の状態では輝いていなくて、カットすることではじめて輝くんです。

いくら大きなダイヤでも、カットの質が低いと輝きません。

ダイヤモンドを購入するということは、あの輝きの魅力を購入するということ。

輝かないダイヤを購入するとしたら、何のためなのか分からなくなりますね。

他のアクセサリーで十分ということになってしまいます。

ダイヤならではの輝きを手に入れたいのであればカットを重視すべきなんですね。

輝くダイヤモンド

カットについて詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

ダイヤモンド最大の魅力「輝き」はカットで決まる!輝くダイヤの選び方

目で見てわかりやすいから

カットの総合評価は「Excellent」から「Poor」の5段階に分かれ、グレードが1つ違うだけで輝きが大きく変わって見えます。

輝きの違いは目で見て分かりやすいですからね。

カットの総合評価の説明

さらにエクセレントの中でも、最高位のトリプルエクセレントであれば、輝きの強さは別格となります。

日本国内のブランドであれば、婚約指輪に使われるダイヤモンドのカットはエクセレントが標準。

輝きを重視するならトリプルエクセレント評価のダイヤを選びましょう。

トリプルエクセレントについて詳しく知りたい人は、こちらを読んでみてくださいね。

婚約指輪のダイヤモンドは「トリプルエクセレント」を選べば間違いないの?

品質を重視する(クラリティ重視)

大きさを取るか品質を取るか、というのもダイヤ選びではよくある話。

アメリカでは、

「とにかく大きいことは良いことだ」

大きいダイヤのついた婚約指輪をつける外国人女性

という観点で、1カラット以上のダイヤモンドが婚約指輪としても売れています。

一方で日本では、控えめな性格からか、あまり大きなダイヤの婚約指輪を着けていると目立ちすぎるので嫌だ。という女性が多いです。

そのため0.2カラット台~0.3カラット台のダイヤモンドを中心に婚約指輪として販売されています。

控えめな大きさのダイヤがついた婚約指輪をつける日本人女性

また、ここ10年ほどで男性も女性も指がどんどん細くなってきました。

それに合わせて、指に着けてしっくりくるダイヤの大きさも小さめになってきています。

トレンドとしては、ダイヤの大きさよりも品質を求める人が増えている印象です。

品質重視派の意見を見ていきましょう。

純粋な気持ちを伝えたい

ダイヤモンドは天然の宝石なので、中に「インクルージョン」と呼ばれる内包物が含まれています。

また「ブレミッシュ」といって、表面についた傷などの外部の特徴があることも。

インクルージョンやブレミッシュといった特徴が少ないものほど、クラリティのランクが高く、希少価値が高く、そして値段も高くなります。

クラリティのグレードの説明

VVSクラス、VSクラスであれば肉眼で内包物を見つけることは難しいため、婚約指輪のダイヤとして好んで選ばれています。

また、ファッションジュエリーとは違って、婚約指輪は男性から女性への思いを伝える特別な指輪です。

女性への純粋な気持ちを込めて、混じりけのない、ピュアなダイヤモンドを贈りたいという男性もいます。

そんな男性には、VVSクラスのダイヤがおすすめ。

その上のIFクラスのダイヤとなるとさらに透明度は高くなり、特別感が出てきます。

一生ものの婚約指輪ですから、透明度の高さにこだわってクラリティ重視で選んでみてもいいかもしれませんね。

透明感のあるダイヤモンド

大きいダイヤがいい(カラット重視)

カラットは宝石の重さを表す単位ですが、重さが増すと大きさも増すため、大きさの指標として使われます。

では、カラットが重視される理由とは?

見栄えがいいから

これはわかりやすいですね。

性格によっては

「とにかく大きなダイヤを貰いたい!」

「ダイヤの大きさが愛の証よ!」

という人もいるかもしれません。

大きいダイヤモンドを希望する女性

シンプルに、大きなダイヤは華やかでパッと目を引きますからね。

見栄え重視の女性に贈るダイヤモンドはやはり大きさを気にすべきです。

「カラット以外の品質はグレードが1つ2つ違っても、よく見ないと差が分からなかったから、とにかく大きさ重視。カラットを優先しました」

なんて人もいます。

年を重ねても似合うから

女性は年齢を重ねるにつれ、指が太くなったり、肌の質感が変わったりするもの。

年を重ねた手には大きなダイヤの方がしっくりくる、と一般的には言われています。

婚約指輪をつける年を重ねた女性

一生身に着ける婚約指輪だからこそ、将来を考えてカラットの大きなダイヤを選ぶ人もいるようです。

このような考え方であれば、「エタニティリング」を婚約指輪として選ぶのも1つの手。

エタニティリングは、リングの周りにぐるりとダイヤが留められたデザインです。

そのため、同じ価格でも1石タイプの指輪よりカラット数の大きな指輪を選べます。

NIWAKAの婚約指輪 フェイスフェイス

華やかなデザインなので、年齢を重ねても似合いますよ。

海外のスタンダードに合わせて

先ほどお伝えした通り、海外では1カラット越えのダイヤを婚約指輪に選ぶことも普通にあります。

そのため、海外在住の人や結婚相手が外国人の人は、海外基準で大きめのカラットを選ぶ傾向にあるそうです。

0.5カラットを超えてくると、ダイヤはそれなりに高額になります。

予算に余裕のある男性は、思い切ってダイヤモンドの大きさで女性にアピールしてみても良いかもしれません。

大きなダイヤの婚約指輪をプレゼントする男性

ダイヤの大きさについて気になっている人は、こちらの記事がおすすめです。

婚約指輪のダイヤモンドは大きい方が良い?小さくても大丈夫?

ダイヤの色は無色透明で(カラー重視)

結論からお話をすると、カラー重視の人はあまりいないのが現状です。

カラーは評価が高いものほど無色に近く、評価が低いものほど黄色や茶色の色味が目立って見えます。

具体的には、DからZまでの23段階もの評価に分かれています。

細かく評価が分かれているということは、隣り合うダイヤの評価の差が小さいということ。

婚約指輪としては一般的にDカラーからGカラーまでが使用されています。

カラーのグレードの説明

無色とされるDEFカラーについては、一般の消費者であれば、違いが分かりません。

ほぼ無色とされるGカラーになってはじめて、色に敏感な人が黄色味を感じ始める程度です。

Gカラーのかすかな黄色味も、輝きに少し温かみが出てくる印象があることから、色の好みによってGカラーを選ぶ人も。

一般的にはD~Gカラーの間であれば、どのカラーを選んでも問題ないと言えます。

クラリティのような「ピュアさ」といった意味付けもないことから、カラーへのこだわりは少ない人が多い印象です。

ダイヤの色味を見比べる男性

予算に対して指輪の値段がちょっと高い・・・という場合に、カラーのグレードを下げることで価格を調整する人も多いようですよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

ダイヤモンドの評価基準4Cのうち、まず重視すべきはカット。

ダイヤの最大の魅力である輝きを引き出すため、カットは最高位のトリプルエクセレントを選ぶのがおすすめです。

次に品質と大きさどちらを取るかですが、日本では大きくて目立ちすぎるのも嫌だということで、品質を重視する人が多いよう。

品質重視派はクラリティVSクラス以上、こだわりたい人はVVS以上のダイヤを選ぶと良いですよ。

カラーについては差が分かりにくいので、D~Gカラーの間であれば、どれを選んでも大丈夫でしょう。

また、値段に見合った価値あるダイヤを手に入れるためには、次の2点をクリアすることが重要。

・信頼できるお店を選ぶ

・GIAなど信用の高いダイヤの鑑定機関が発行する「鑑定書」つきのダイヤを選ぶ

「信頼できるお店」については、下記のページの「5お店はどうやって選ぶといいの?」を参考に。

指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安

「鑑定書」についてはこちらをどうぞ。

婚約指輪のダイヤモンドにつく鑑別書や鑑定書って何?ついてる方が良いの?

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪」の他の記事

「婚約指輪のダイヤモンド」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る