指輪プロポーズでよくある15の疑問・不安「婚約指輪を買ってプロポーズしよう!」とは思っても分からないことだらけ…
「選ぶとき」「購入するとき」「渡すとき」。それぞれの場面に合わせて、
プロポーズ男子のよくある疑問や不安を一気に解決していきましょう!

  • 婚約指輪は必ず贈るもの?

    「婚約記念品」を贈った男性は72%
    結婚の意思を周りに伝える大切なアイテム
    婚約記念品とは、婚約の記念や証として贈るもののこと。結婚した男性の72.4%が「婚約記念品を贈った」と回答しています。
    婚約記念品としては、大多数(91.1%)の男性が婚約指輪を選んでいます(複数品贈った場合を含む)(※)

    女性にとって結婚する彼からしかもらえないのが婚約指輪。婚約指輪は彼女や彼女の親族へ気持ちを伝えるだけでなく、周りの人に結婚の意思があることを伝えるものでもあります。

    必ずという訳ではありませんが、迷うなら贈った方が良いと言えるでしょう。

    ※ 結婚スタイルマガジントレンド調査2019
    既婚の男性 3281 人対象

    信頼できるブランドだと高そう…

    婚約指輪のデザインって違いがある?

  • 婚約指輪のデザインって
    違いがある?

    人気の婚約指輪を見てみる
    婚約の証となる指輪
    代表的なデザインは3タイプ
    婚約指輪のデザインは様々ですが、一般的に知られるデザインは次の3つのタイプに分類できるので覚えておきましょう
    ダイアモンドが中央に1石のタイプ
    メインのダイア+小さな「メレダイアモンド」が入ったタイプ
    同じ大きさのダイアが連なる「エタニティ」タイプ

    婚約指輪と聞いて多くの女性がイメージするのは、指輪の中央にメインのダイアが入った①や②のデザイン。彼女に特別な好みや希望がなさそうであれば、①や②のデザインの中からショップの店員さんのアドバイスを聞いて選ぶのがお勧めです。

    婚約指輪は必ず贈るもの?

    ダイアモンド、どう選ぶ?

  • ダイアモンドには評価基準が
    予算に合わせられると安心
    ダイアモンドは4C(ヨンシー)と呼ばれる評価基準によって、価値が決まります。これはアメリカのGIAという非営利組織で考案された、世界共通で使用される基準です。同じ大きさのダイアモンドでも、評価項目によって価格が大きく変わります。

    ダイアモンドとデザインの組み合わせで選べるブランドがお勧めです。店頭にある完成した商品の中から選ぶ形式のブランドの場合には、選択肢が少ないため希望や予算に合わないことも。
    予算や希望に合う商品が見つかったとしても、「次に来店したときに無くなっていたらどうしよう」ということで、その日の購入の決断を迫られてしまいます。
    ただでさえ高額な婚約指輪を購入するのですから、納得して購入をしたいものですね。
    ダイアモンドの「4C」については、事前にざっくりと知識を入れておくと安心です。関連リンク「ダイアモンドの基礎知識」を参考に。

    婚約指輪のデザインって違いがある?

    彼女の好みに合うか自信がない

  • 女性の好みを理解できている男性は少数派、後からふたりで選ぶのもアリ
    大好きな彼からプロポーズで指輪を贈られたら嬉しい女性がほとんど。ただし「自分の好みのデザインが良かった」という女性も一定数はいます。女性の性格を考えて、婚約指輪はふたりで選ぶのもアリと心得ましょう。

    婚約指輪を手渡すプロポーズは女性の憧れのシーンです。ベーシックなデザインの指輪であれば、好みに左右されないので女性も満足をしてくれます。お店には指輪選びのプロである店員さんもいるので、それほど心配をしなくても良いでしょう。

    もしどうしても不安があるようなら、プロポーズ専用の指輪でプロポーズをして、その後にふたりで一緒に婚約指輪を選びに行く方法がおススメです

    ダイアモンド、どう選ぶ?

    お店はどうやって選ぶといいの?

  • お店はどうやって
    選ぶといいの?

    婚約指輪を扱うお店は千差万別
    信頼できるブランドで購入しよう
    婚約指輪を購入する時に誰もが悩むのがお店選び。メジャーなブランドであれば将来のメンテナンスも安心ですが、あまりにマイナーなブランドの場合、将来に不安も。少子化の影響が出てくる10年後、20年後には無くなっている可能性があります。

    お店に行く前にネットで調査をしましょう。調べるポイントはこの3点
    信頼できる規模のブランドなのかどうか
    口コミの評判は悪くないか
    商品のクオリティは大丈夫そうか

    実際に店舗を訪れた際には、親身になって接客をしてくれる販売スタッフかどうかが判断基準になります。

    彼女の好みに合うか自信がない

    信頼できるブランドだと高そう…

  • 信頼できるブランドだと
    高そう…

    価格と品質のバランスが大事
    信頼のおけるブランドを選びましょう
    価格と品質はだいたい比例をします。婚約指輪を受け取る彼女も、やはりどこのブランドで男性が選んでくれたのかは気になって、後で調べます。

    今の時代、あまりに割高なブランドは逆に考え物ですが、品質を重視することで男性の女性を大切にする気持ちがきちんと伝わります。

    様々な情報がネットで手に入る今だからこそお店選びは慎重に。少しでも安く買いたいと、割引などに釣られ、目先のお得感だけで決めるとかえって失敗することも。

    一番大切なのは彼女への気持ちなので、信頼できるブランドで自分の予算に合ったものを選びましょう。

    お店はどうやって選ぶといいの?

    婚約指輪は必ず贈るもの?

  • 彼女の指のサイズが
    わからない…

    ジャストサイズの把握は難しい
    少し大き目サイズが安心
    婚約指輪は左手の薬指につけるのが一般的。普段ファッションジュエリーを付けている女性でも、左手の薬指には指輪をしない人がほとんど。その正確なサイズは、女性でも把握していなかったりします。
    「プロポーズの時に、指輪のサイズが小さくて、彼女の指に入らないと気まずいよなぁ~」という不安が頭をよぎります。

    デートの途中、安めの指輪を扱う雑貨屋さんなどで試着してもらい、おおよそのサイズを知る方法もあります。とはいえ、サプライズプロポーズをしたい場合にはやや不向きです。
    彼女に内緒で正確な薬指のサイズを知るためには、他の指に着けている指輪のサイズを参考にする方法や、眠っている間に糸で測る方法などが。ジャストサイズよりも「必ず入るサイズ」を把握し、余裕のあるサイズで購入したいところです。
    後からサイズを直せるタイプの婚約指輪を選べば安心です。

    支払いはその場で全額?

    お店に行く時間が全然無い!

  • お店に行く時間が全然無い!

    事前準備をすると時間短縮に
    予約や電話相談の利用も
    いざ指輪を買いに行こうと思っても、忙しくてなかなかお店に行けない人もいます。特に初めて購入する高額なものであれば、なおさら選ぶ際に時間がかかることに。

    彼女への大切な指輪選びは、なるべく分かりやすく丁寧な接客をしてくれる販売員がいる店舗で相談したいところ。忙しくて短時間の接客で購入したいのであれば、ポイントは事前準備!

    ホームページなどでデザインの目星をつけたり、前もって聞きたいことを考えておくと、話がスムーズに進みます。

    彼女の指のサイズがわからない…

    お店に一人で入りにくいなぁ…

  • お店に一人で
    入りにくいなぁ…

    予約を入れると安心
    友人と一緒に行くのもあり
    指輪を贈る決意をしても、実際にひとりでお店に行くとなると…そもそもジュエリーショップに慣れていない男性のほうが多いと思います。口コミなどで接客の評判の良い、きちんと対応してくれるお店を探すと安心して店舗に入ることが出来ます。

    予約をすると、こちらの状況を把握したうえで対応してくれるのでおすすめです。その際、不安や疑問も伝えておくと、丁寧に対応してくれます。

    ひとりで不安な場合は、友達と一緒に行くのもあり。同じ男性からの目線で客観的にアドバイスをしてくれるかもしれません。高い買い物なので誰か信頼できる人の後押しがあると、思い切って購入できます。

    お店に行く時間が全然無い!

    すぐに手元に欲しいけど間に合う?

  • すぐに手元に欲しいけど
    間に合う?

    プロポーズ専用の指輪とは
    余裕のあるスケジュールを
    代わりの指輪を贈るのもあり
    この日にプロポーズを! と計画しても、彼女の指に合うサイズの指輪が手に入らない場合も。特に、ダイアとデザインの組み合わせを予算に合わせて選べる「セミオーダー」の場合、出来上がるまでに1か月~2か月程の時間が必要です。

    指輪でプロポーズをするなら、余裕をもったスケジュールを組むことが大切。真剣に選んだその行為自体が彼女の感動を生みます。どうしても時間がない場合には代わりになる指輪を贈り、彼女にOKの返事を貰ってから一緒に買いに行く方法も。婚約指輪は彼女にとって一生モノ。自分も納得できるものを贈りましょう。

    お店に一人で入りにくいなぁ…

    支払いはその場で全額?

  • 支払いはその場で全額?

    支払方法はお店によって様々
    一部の入金で注文OKのお店も
    「婚約指輪を買いたいけれど、その場で全額は払えなさそう」といった心配をする人もいると思います。カードの限度額が気になる人も。しかし、実は指輪を注文した日に全額支払わなくても良いお店もあります

    指輪やダイアモンドの在庫は常に変動しているため、気に入った指輪があったら早めに購入したいところ。支払方法は店によりますが、多くのお店がカード払いなど複数の方法を用意しています。事前に問い合わせて確認しておくと安心です。

    すぐに手元に欲しいけど間に合う?

    彼女の指のサイズがわからない…

  • 渡すまでポケットに
    隠しておくの?

    落ち着いて渡すことに集中
    ケースに入れて渡そう
    自宅以外で指輪を渡す場合は、どこに隠しておくか悩みどころ。普段持ち歩かないカバンを持っていたら不自然に思われたり、いざ渡したい時に手間取ってしまうなんてこともありそうです。

    確かに指輪をポケットに入れておいて、さりげなく渡すと絵になります。一方でカバンに入れておいて、そこから落ち着いて取り出すほうが安心感はあります。どちらにしても指輪を落としたり、傷がついたりといったアクシデントを防ぐためにケースに入れて渡しましょう。

    ケースは見た目も大切です。リボンや包装が乱れていないか、渡す前にチェックを。プロポーズは一生の記念日だから、渡すシチュエーションをしっかりイメージしておきましょう。

    どこで渡すのがベスト?

    渡すのにもたついてしまったら…

  • 渡すのにもたついて
    しまったら…

    大切なのは気持ちが伝わること。
    もたついた時も焦らずに
    指輪を渡すその瞬間は、緊張の頂点にあるはず。そのためポケットからケースを出して渡すだけでも、もたついてしまう人も少なくありません。焦って指輪を落としてしまうことだけは避けたいですね。

    何回か予行練習はした方が安心して当日に臨めます。もしスムーズにいかなくても、焦らずに一呼吸。たとえもたついてしまったとしても、気持ちをきちんと伝えれば、彼女はきっと喜んでくれます。箱に入れたまま手渡せば、指輪を落としてしまうこともなさそうですね。

    渡すまでポケットに隠しておくの?

    もしうまく言葉がでなかったら?

  • もしうまく言葉が
    でなかったら?

    言葉が詰まる男性も。
    手紙を用意すると安心
    どれだけプロポーズの言葉を考えて予行練習をしていたとしても、彼女を目の前にしてうまく言葉が出なかったら…。実際に、プロポーズの時に思ったように話せなかったという人もいるようです。

    手紙を用意して指輪と一緒に手渡すようにすれば、言葉に詰まった時でも安心。手紙は長文でなく「結婚しよう」の一言でも十分。手紙を手渡して無言では気まずい時間が流れてしまうので、「結婚しよう」の一言は必ず声に出して伝えましょう。

    渡すのにもたついてしまったら…

    どこで渡すのがベスト?

  • どこで渡すのがベスト?

    一生の思い出になる場所を。
    彼女のタイプも考慮しよう
    プロポーズの場所としては、レストランや旅行先、自宅など色々と考えられます。また、「落ち着いて返事ができる二人きりの場所がいい」「プロポーズらしい特別感のある場所がいい」など女性の気持ちも様々です。

    重要なのは、指輪を渡した場所が、男性にとっても女性にとっても特別な場所になるということです。

    気にすべきポイントは彼女のタイプ。プロポーズへの憧れが強い彼女には高級レストランなど特別感のある場所、人目を気にする彼女なら自宅など落ち着ける場所など。彼女の性格に合わせて場所は決めていきましょう。

    もしうまく言葉がでなかったら?

    渡すまでポケットに隠しておくの?

失敗しないサプライズプロポーズがしたいな…
そんなプロポーズ男子のための
プロポーズ専用スペシャルリング
PLEDGE for WEDDING
本体価格 ¥27,000

プロポーズ専用のリングとは?幸せなプロポーズを叶える4つのステップ

メリット1 イメージ

メリット1彼女のリングの好みが
わからなくても安心
大粒のダイアモンドを思わせる、サプライズプロポーズにふさわしい王道デザイン。さらに、婚約指輪は彼女と二人で選ぶことができるので安心です

メリット2 イメージ

メリット2彼女の指のサイズが
わからなくても大丈夫
サプライズプロポーズでは、「必ず入るサイズのリング」であることが大切。
PLEDGE for WEDDINGは選べる4サイズで迷いません

関連記事・おすすめコンテンツ

PLEDGE for WEDDINGは、ジュエリーブランドNIWAKAがプロポーズのために開発した商品です。

NIWAKA

千二百年の歴史を持つ京都で誕生し、
洗練されたデザインと最上のクオリティで、
評価の高まる「NIWAKA(俄)」。
日本ならではの美意識をモダンに昇華し、
京都から日本、そして海外へと
魅力を発信し続けています。

ブランドサイトを見る ▶