結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

顔合わせ食事会をつつがなく進行するためのトーク術って?

音声で聴く!

0:00

0:00

話をする女性

公式インスタグラムはじまりました!

顔合わせ食事会当日。

食事会の時間を和やかなものにするため、大切なのが「会話」です。

事前に「おすすめの話題」や「避けたい話題」をチェックしておきましょう。

会話のコツや注意点もまとめました!

INDEX

おすすめの話題

両家の家族にとって、初対面の場であることの多い「顔合わせ食事会」。

普段はよく話す両親であっても、緊張で黙り込んでしまうことはありえます。

だからこそ顔合わせ食事会では「話題」が大切!

食事会で乾杯している様子

事前にふたりでお互いの両親のことを教えあって、

「こんな話だったら盛り上がりそうだね~」という会話の種をストックしておきましょう。

顔合わせ当日にはふたりから積極的に話題を振れば、両親も話しているうちに緊張がほぐれ、和やかな雰囲気に。


具体的にはどんな話題が良いのでしょうか?

おすすめの話題はこちら!

ウインクしている顔

・天気や季節
・ふたりの子供の頃の話
・地元トーク
・趣味
・家族
・結婚式についての相談

ひとつずつ見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

1 天気や季節

夕日に照らされた草

「今日はいい天気ですね」
の一言は、会話の入りとして鉄板ですよね。

季節に合わせた話でもいいですよ。

春なら「最近暖かくなってきましたね。お花見は行かれました?」

夏や冬の休み明けであれば、
「夏休み(or お正月)はどんな風にお過ごしでしたか?」

とすれば、自然に話が広がります。

2 ふたりの子供の頃の話

ブランコで遊んでいる子供

実際に顔合わせをした人たちが口をそろえて「盛り上がった」と言うのが、ふたりの子供の頃の話。

会話が盛り上がるための条件のひとつに、「共通点」があります。

「共通点」があると、お互いに「共感」が生まれて仲が深まりやすいですよね。

ふたりの両親の「共通点」は、「子供がいる」ということ。

だからお互いの「子供の話」は共感を生んで、話が弾むんですね!

赤ちゃんを抱いている女性2人

ふたりの小さい頃の写真がのっているアルバムを持って行くのもオススメ。

両親も写真を見て昔を思い出し、思いがけないエピソードが飛び出してくるかもしれません。


もちろん、必ずしも小さな頃の話でなくてもOK。

ふたりのなれそめを話したり、そこから広げてお父さんとお母さんのなれそめを聞いてみるのもアリかも!

3 地元トーク

街中の交差点

こちらも定番の話題。

地元の特産品、中でも食べ物の話で盛り上がることが多いようです。

当日の手土産として特産品を持っていけば、実際に食べてもらえるので完璧ですね!


他には地元の観光スポットの話など。

「旅行でうかがわせていただこうかしら」なんて話につながることもあります。

車に乗っている女性2人

結婚後の親戚づきあいを考えても、お互いの地元がどんなところなのか知っておくのは良いことです。

きっと両親も興味を持って話を広げてくれますよ。

4 趣味

ゴルフをしている男女

旅行、料理、スポーツ、音楽など・・・共通の趣味があると仲良くなりやすいですよね。

前もってふたりで両親の趣味について情報共有しましょう。


共通の趣味がない場合でも、質問をして、話を聞くことはできます。

話を聞いていて、興味が出てきたら、
「今度お時間のあるときに、ぜひ教えていただきたいです」
などと伝えてみても。

こうすれば、今後のお付き合いにもつながりそうですね!

5 家族

母親を後ろから抱きしめる娘

その場にいない兄弟姉妹や、祖父母の話で盛り上がったという人も。

地元の話と同じで、お互いの家を知ることにつながるので、両家の顔合わせの場にはぴったりの話題だと言えます。

6 結婚式についての相談

結婚式場のコーディネート

これは、「盛り上がるための話題」というよりは、今後のために「話し合っておくべき話題」ですね。

特にお互いの地元が離れていて、あまり気軽に会えないという場合。

結婚式準備をスムーズに進めるためにも、話し合っておくのをオススメします。

両親と話し合いをする女性

話の順番としては、「他の話題で盛り上がった後、落ち着いてから切り出す」のが良さそう。

具体的な内容は、
・結婚式の場所
・時期
・教会で挙げるか神社で挙げるか
など。

結婚式場や着たいドレスの資料もあると、話しやすそうです。


ただ、当日いきなりそういった話を持ち出して、両家で意見が割れたら困りますよね。

意見が分かれた両家

大事なポイントについては、前もってふたりから自分の両親へ相談しておいて、ある程度両家で意見をすり合わせておくと安心です。


結婚式をしない人も、いつ入籍するか、新婚旅行はどこへ行くか、などについて話しておくとGOOD。


以上、おすすめの話題でした。

気をつけたい話題

口にチャックをしている顔

「場合によっては盛り上がらないこともあるかも・・・?」という話題を2つご紹介します。

仕事

スーツ姿の男性

仕事の話は、話題として悪くはありません。

親からすれば、子供の結婚相手の仕事というのは気になるポイントですからね。

ただ、場合によっては盛り上がらないことも。

これは業界や職種によるところが大きいです。

あまりに専門的な仕事の話だったりすると、

「同じ業界や職種の人以外はわからないし、興味も持てなくて、盛り上がらない」
ということになりがち。

大切なのは事前調査です。

楽しそうにパソコンを見ている男女

両親の仕事や趣味をあらかじめ知っておいて、「興味を持ってもらえそうだな」と思うときには仕事の話をしても良いですよ。

応援しているスポーツのチームの話

スポーツ観戦をしている男女のグループ

両親がプロ野球やサッカーなどで、特定のチームを応援している場合。

お互い好きなチームが同じであれば、「話が大盛り上がり!一気に仲が深まりました」ということもあるでしょうが・・・

そうでない場合は要注意。

スポーツは勝ち負けがありますからね。
熱心なファンであればあるほど、勝負の結果には真剣です。

うっかり「今年の○○は不調ですね~」なんて形で相手の好きなチームの名前を出してしまったら・・・。

険しい表情の男性

これもやっぱり、ふたりで前もって情報共有しておくのが大切ですね。

好きなチームが違う場合は、話を出さない方が良さそうです。

避けたい話題

気まずい表情

場の空気を気まずくしてしまいそうな「重い話題」や「ネガティブな話題」は避けましょう。

たとえば不幸なニュースや病気の話。
顔合わせというおめでたい場には合いませんよね。

それから、愚痴も。

自分から口にしてしまうのはもちろんのこと、相手のご両親が言ってきたときも、

「うわ~、それは絶対嫌ですね~!」

母親を見て話している女性

などと全力で乗ってしまうのは考え物。

きちんと話を聞いている態度を見せれば十分です。


他には、政治や宗教。

本の上で手を組んでいる様子

その人の価値観の根本に関わってくるような話です。

だからこそ意見が分かれてしまうと、大論争に!なんてこともありえます。

あえて話に出さない方が良さそうですね。

会話のコツや注意点

会話をするときは話題以外にも気をつけたい点が。

コツや注意点をいくつかお届けします。

にこやかな顔

自分が話すときの注意点

話すときは相手の目を見てハキハキと!これは基本的な礼儀ですね。

また、相手の反応を確かめながら話すことも大切です。

相手の反応が薄いなあ・・・と思ったら別の話題に変えるのがベター。


言葉遣いにも気をつけましょう。

口元を両手で隠している女性

会が進んでアットホームな雰囲気になってきたとしても、大切な顔合わせの場でくだけすぎるのはNG。

彼(彼女)のことも、うっかりあだ名で呼んだり、呼び捨てにしたりしないよう、「○○さん」と呼んでくださいね。

話を聞くときの注意点

「会話が途切れないように・・・」という気持ちは分かりますが、無理して自分がずっと話し続けることはありません。

聞き手に回ることも大切です。

笑顔の顔

笑顔で相づちを打ちながら、質問をして、話をつなげていきましょう。

そのときは料理を食べるのもストップして、聞くことに集中すると好印象。

また、
「向こうのご両親が話しているときに、電話の着信音が!」

なんてことになると気まずいので、携帯電話の電源は切っておいた方が良さそうですね。

電源マーク

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

顔合わせ食事会におすすめの話題は、

・天気や季節
・ふたりの子供の頃の話
・地元トーク
など。

できれば結婚式についても話し合っておきましょう。

避けたいのは、場の空気が悪くなりそうな重い話や、ネガティブな話ですね。

事前にふたりで情報を共有して、話題を考えたら、あとは当日。

話すときや聞くときの態度にも気を払って、食事会を大成功に導きましょう!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「顔合わせ・結納」の他の記事

「顔合わせ・結納」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る