結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ハワイとどう違う?グアム挙式の特徴や魅力を教えて!

音声で聴く!

0:00

0:00

海外リゾートウェディングの場所として、ハワイに次いで人気のグアム。

南国のリゾート地として有名ですが

「どんな魅力があるの?」
「ハワイとの違いは何?」

と他にも気になることはたくさん!

そこで、今回はグアムの基本情報やグアム挙式の魅力などをご紹介します!

INDEX
グアムってどんな場所?
【魅力1】こんなに近いの!?
【魅力2】南国感たっぷりの挙式
【魅力3】外国だけど安心!
【魅力4】コンパクトに楽しめる!
【魅力5】グアムを味わおう!
これには気をつけて!

グアムってどんな場所?

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によると、グアムは海外挙式の場所として、ハワイに次いで2位と大人気!

海外挙式を行ったカップルのうち、18%がグアムで挙式を行っています。

それでは、まず、グアムがどんな場所なのか見ていきましょう。

グアム島は日本から南の太平洋、マリアナ諸島の一番南の島です。

島の大きさは1周が100kmほどで、日本の淡路島と同じくらいの大きさとなっています。

車なら3時間もあれば、島を回ることができるようです。

常夏の島として知られているように、年間の平均気温は30度ほど。

日本で着るような夏服で快適に過ごせる気候となっています。

ただし、6~10月は雨が降りやすい「雨季」、11~5月は雨の少ない「乾季」と分かれており、「雨季」は天気に注意が必要です。

では、グアムにはどのような魅力があるのか見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【魅力1】こんなに近いの!?

グアムの魅力としてまず挙げられるのは、日本と近いこと。

一般的にハワイに行くのにかかる時間は7時間ほど。

しかし、国内の主要都市からグアムに行くのであれば、以下の表のように3~4時間が目安となります。

また、日本とハワイの時差が19時間なのに比べ、日本とグアムの時差は1時間ほどと小さいので、現地についてからも楽チン!

日本から近く、行きやすいので

「リゾートウェディングをしたいけど、そんなに遠くに行く時間はないしなあ・・・」

という人や

「海外挙式でもゲストを招待したいなあ」

という人にはオススメの場所だと言えそうですね!

【魅力2】南国感たっぷりの挙式

次に紹介するグアムの魅力は、常夏の島ならではの挙式ができること。

グアムにある結婚式場は、海や砂浜などを活かした魅力的なものが多くなっています。

綺麗な海が目の前に広がるチャペルでの結婚式は、日本ではなかなか味わえないものかもしれません。

他にも、ゲストにアロハシャツを着てもらって南国らしさを楽しめる式にしたり・・・

海や砂浜でウェディングフォトを撮ったり・・・

海を眺めながらゲストと一緒にパーティーをしたりと、楽しみ方はたくさんありますよ!

【魅力3】外国だけど安心!

海外で挙式をするとなると
「言葉が通じなくて大変なんじゃ・・・」
と思う人がいるかもしれません。

確かにグアムは外国ですが、ホテルやレストランなどの観光施設では日本語が通じることが多いよう。

メニューも日本語のものが用意されていることが多いので

「これって一体なんの料理なの・・・」

となってしまうことがないのは安心ですね!

また、子供向けの施設やアクティビティもあるので、子ども連れのゲストにも安心して来てもらえるのは嬉しいポイントです。

【魅力4】コンパクトに楽しめる!

グアム島は町の中心地から空港までおよそ15分とコンパクト。

式場やホテルも町の中心地に近く、アクセスが良いところが多いため、移動が楽なのは嬉しいところ。

また、レジャーやアクティビティも充実しています。

例えば、海を満喫できるシュノーケリングやパラセーリング、ジェットスキー、バナナボート、ダイビングなどのマリンスポーツ。

海がきれいだからこそ楽しめるイルカウォッチングもいいですね!

雄大な自然を楽しめるジャングル探検や、観光名所である「恋人岬」に行くのも楽しそう!

他にも、ゴルフを楽しんだりするのもいいかもしれません。

レジャーやアクティビティの他には、近くの島であるココス島やサイパン島に行ってみるのもオススメです。

【魅力5】グアムを味わおう!

グアムの伝統料理である「チャモロ料理」も魅力の1つ。

例えば、赤く色づけされたお米が目を引く「レッドライス」。

マリネのような料理で、肉や魚など様々なバリエーションのある「ケラグエン」なども有名です。

また、南国ならではのフルーツもオススメ!

バナナやマンゴーなど、日本でも馴染みのあるフルーツもグアムで食べればきっと味は格別。

もちろん、スターフルーツやグァバなどの南国ならではの果物を味わうのもいいですね!

他にも、ビーチでのディナーやバーベキューもグアムならではなので、検討してみてはどうでしょうか。

これには気をつけて!

魅力がたくさんのグアムですが、気をつけたいこともいくつかあります。

1つ目は台風です。

グアムの雨季の6~10月は台風シーズンでもあります。
天気予報をしっかり確認したほうが良さそう。

2つ目は、観光地や式場などの選択肢の数です。

グアムはハワイと比べると小さい島なので、観光地や式場の数などはどうしてもハワイの方が多くなっています。

しかし、短い日程で行くのであればグアムくらいの規模の方が観光を満喫することができそう。

また、ハワイに行くのに比べると旅費を抑えやすいので、その分旅行を楽しんだり、式のオプションを追加してはどうでしょうか?

しっかり計画を立てれば、より豪華なリゾートウェディングを挙げられそうですね。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍5年以内の男女
調査時期:20187
対象人数:男性500人 女性500

まとめ

いかがでしたか?

日本から近く、すぐに行くことのできるグアム。

南国感たっぷりの挙式や、充実のレジャー・アクティビティがこんなにコンパクトに楽しめるのは魅力的!

確かに、雨季の台風や、ハワイよりレジャー・アクティビティの選択肢が少ないなどのデメリットはありますが・・・

ハワイよりも気軽に行けて、小さな島だからこその魅力もたくさん!

ぜひ、候補地の1つとして検討してみてくださいね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る