結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ウェディングプランナーはどんなことをしてくれるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式を挙げるときに、二人をサポートしてくれるウェディングプランナー。

具体的にどんなことを行ってくれるのでしょうか。

結婚式場が決まったときから結婚式当日まで、ウェディングプランナーがしてくれることをまとめてご紹介します。

INDEX
ウェディングプランナーとは?
1 結婚式のプランニング
2 結婚式に必要なモノやスタッフの手配
3 相談やアドバイス
4 結婚式本番への立会い

ウェディングプランナーとは?

ウェディングプランナーとは、結婚式のプランニングから式の準備、当日の本番まで、結婚式全般のサポートをしてくれるスタッフのこと。

略して「プランナー」と呼ばれることも多いです。

ウェディングプランナーは、結婚式場に所属している場合と、式場に所属せず、独自にプランニング業務を受けるフリーランスの場合があります。

今回は一般的な結婚式場のウェディングプランナーについてご紹介しますね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

1 結婚式のプランニング

結婚式を挙げることが決まったら、プランナーはまず二人がどんな挙式や披露宴を行いたいのかヒアリングを行います。

結婚式のイメージやテーマ、取り入れたいことなどを二人から聞き出し、そこから式のプログラムや演出のアイデアを提案してくれます。


式の内容が決まったら、式にかかる費用の見積書を作ったり、挙式日の会場の予約も行ってくれることが一般的。

日程や予算、式のプログラムから演出まで、二人の希望をもとに結婚式の土台を作ることがプランナーの役割の一つとなっています。

2 結婚式に必要なモノやスタッフの手配

結婚式はドレスに料理、引き出物、写真など、選んだり準備したりしなければならないことがたくさん!

通常、数か月前から複数回に分けてプランナーと打ち合わせを行い、結婚式に必要なものについて具体的に決めていきます。

内容が決まったものは、プランナーが二人の代わりに手配や発注を行ってくれます。

プランナーが手配してくれるものにはどんなものがあるのか、一つずつ見ていきましょう。

招待状や席次表などの手配

プランナーとの初回の打ち合わせでは、招待状や席次表などについて決めることが多いよう。

招待状や席次表などのサンプルを見せてもらい、プランナーと相談しながらデザインや文例などを選びます。

デザインなどが決まったら、予め用意したゲストの宛名リストをプランナーに渡し、発注してもらいます。

招待状などを自分たちで手配する場合でも、文例などの簡単なチェックを行ってくれることもあるようです。

料理の手配

ゲストへのおもてなしの要(かなめ)となる披露宴の料理。

料理にこだわる新郎新婦も多いですよね。

結婚式場では、料理のジャンルや品数、グレードなどにより、数種類のコースを用意していることが一般的です。

プランナーは、二人が選びやすいようコース内容の説明や、グレードアップなどをする品があれば、手配を行ってくれます。

その他、食物アレルギーや好き嫌いがあるゲストがいる場合、料理のアレンジのお願いもプランナーに伝えればOK。

シェフと連携し、対応してもらえます。

引き出物の手配

引き出物の準備もプランナーにお願いできます。

カタログやリストをもとに、誰に、何を、いくつ準備すればよいのかをプランナーに伝えて、発注してもらいます。

写真・ムービーの受付

写真やムービー撮影の希望もプランナーに伝えましょう。

式場でいくつか用意している撮影プランやアルバムを紹介してくれます。

内容が決まったら、プランナーがカメラマンやアルバムの手配を行います。

提携先や各担当スタッフへの取り次ぎ

衣裳やヘアメイク、装花などは、専門のスタッフが担当することが一般的。

プランナーは、専門スタッフとの打ち合わせの場をセッティングしてくれたり、衣裳については、ドレスショップの試着の予約を取ってくれたりします。

披露宴の司会者もプランナーから紹介してもらえます。

動画やリストなどで複数の司会者を紹介してくれるので、その中から希望の司会者を選びましょう。

打ち合わせの場をセッティングしてくれますよ。

3 相談やアドバイス

二人の結婚式にまつわる悩みや疑問に答えてくれるのもプランナー。

「新郎側と新婦側のゲスト数にかなり差が出てしまいそう・・・。目立たなくさせる方法はある?」

「スピーチや余興をしてくれた人へのお礼はどうすればいい?」

など、式の準備を進めていくと困ったことや分からないことが出てくるかもしれません。

そんなときは、まずプランナーに相談してみましょう。

プランナーは結婚式のプロ。

過去の経験やデータから、解決策の提案をしてくれたり、

「一般的には皆さんこうされていますよ」

といったアドバイスをもらえるはずです。

また、

「ゲストにサプライズを仕掛けたい!」

など、演出の希望もぜひプランナーに伝えましょう。

一緒に力になってくれますよ。

4 結婚式本番への立会い

すべての準備が整い、いよいよ結婚式当日。

式場にもよりますが、プランナーは結婚式の本番にも立ち会ってくれることが多いようです。

式が始まる前から、司会者と進行の確認やスタッフと最終の打ち合わせを実施。

また、手配した引き出物などのほか、テーブルセッティングやBGMに至るまで、会場の準備が万全かをチェックして回ります。

そして、挙式や披露宴が始まったら、プランナーは何があってもすぐに対応できるように会場の隅のポジションに。

式や披露宴が予定どおりに進行しているか、全体の様子を陰で見守ってくれているんです。

結婚式の準備からずっと支えてくれたプランナーに見守ってもらえたら、安心して式に臨めそうですね。

まとめ

結婚式を挙げるカップルの強い味方であるウェディングプランナー。

プランナーは、結婚式に対する二人の希望をヒアリングしながら、プログラムや演出を提案してくれます。

また、挙式や披露宴で必要な物やスタッフの手配もプランナーの担当。

二人に代わり、料理や引き出物などの発注を行ってくれるほか、司会者やカメラマンの手配もお願いできます。

そして、結婚式の当日は式が滞りなく進むよう見守ってくれています。

二人の結婚式をトータルでサポートしてくれるプランナー。

プランナーの力を借りながら、ぜひ理想の結婚式を実現させてくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る