結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の司会者との打ち合わせで気を付けるべきこととは?

音声で聴く!

0:00

0:00

披露宴を成功させるためには、司会者との綿密な打ち合わせが欠かせません。

しかし、一般的に司会者との打ち合わせは、挙式の1ヶ月~2週間前に「1回のみ」。

時間も1~2時間程度と短めです。

限られた打ち合わせの中で、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

大切な5つのポイントをご紹介します。

INDEX
どんなことを打ち合わせるの?
1 披露宴のイメージや雰囲気
2 名前の読み方や肩書き
3 タイムスケジュールもしっかり共有を
4 ゲストの前で話してほしくないこと
5 サプライズ計画はこっそり相談しよう

どんなことを打ち合わせるの?

司会者との打ち合わせでは、一般的に次のようなことを話し合います。

・披露宴のイメージや雰囲気
・二人のプロフィールや馴れ初め
・当日の進行プログラム
・ゲストの肩書や新郎新婦との関係性
・紹介してほしいことや紹介NGなこと

盛りだくさんな内容ですね。

打ち合わせは、各テーマについて司会者が二人にヒアリングしながら進める形式が一般的。

二人のプロフィールについては、以下のような項目が書かれたプロフィールシートに記入し、それを元に確認することが多いようです。

・新郎新婦の名前
・生年月日
・生い立ち
・家族構成
・趣味、特技
・学歴、職業
・二人の馴れ初め
・相手の第一印象
・思い出のエピソード、など


初対面の司会者に馴れ初めなどを話すのは恥ずかしいかもしれませんね。

でも、ゲストに二人のことを紹介するのも司会の役割。頑張って伝えましょう。

では、打ち合わせでは具体的にどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

先ほど挙げた打ち合わせで話し合うことと絡めて5つご紹介します。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

1 披露宴のイメージや雰囲気

披露宴の印象は、司会によってまったく違ったものになります。

どんな雰囲気の披露宴にしたいのか、打ち合わせの場でイメージをきちんと伝えておきましょう。

特に伝えずにいると、

「家族や友人中心のカジュアルな披露宴だったのに、司会者が堅苦しい言葉づかいで司会をして、なんだかチグハグな雰囲気になった」

など、希望とは裏腹の司会になってしまうことも。

二人が望むイメージによって、司会者の声のトーンや話し方、盛り上げ方も変わってきます。

打ち合わせでは、

「年配の親族が多いので、落ち着いた雰囲気で聞き取りやすく」

「友人中心なので明るく賑やかな会にしたい」

というように、具体的な希望やイメージを伝えるのがおすすめです。

2 名前の読み方や肩書き

司会者のミスで時々あるのが、名前の読みや肩書きの間違い。

新郎新婦の名前はもちろんのこと、ゲストの名前や肩書きを間違えると、ゲストに対してとても失礼なことに・・・。

そんなことにならないよう、打ち合わせの場で入念に確認しましょう。

特に挨拶やスピーチ、余興をしてもらうゲストの名前の読みや肩書きは要チェック。

司会者に名前の読み方や肩書きをきちんと伝え、人数が多いようなら事前にメモを作って渡すなどの対策ができるといいですね。

3 タイムスケジュールもしっかり共有を

先ほどもお伝えしましたが、司会者との打ち合わせが行われるのは、結婚式の1ヶ月~2週間くらい前。

ですので、当日の進行やプログラムは、打ち合わせ日までにある程度決まっていることが多いようです。

打ち合わせでは流れを確認しつつ、それぞれのプログラムの内容など、細かい部分を司会者と共有していきます。

ここで気を付けたいのは時間配分と披露宴の終了時間。

披露宴では、余興や演出などで時間が押してしまうこともあります。

そのせいで歓談の時間が極端に短くなってしまったり、終了時間が予定よりオーバーしてしまったりするのは避けたいところ。

「二次会に間に合わない!」

「時間が延びて会場の延長料金が発生した・・・」

という事態になる可能性もあります。

ですので、司会者には打ち合わせのタイミングで、

「演出は少なめなので歓談の時間はしっかり取ってほしい」

「延長にならないよう、時間どおりに終わるように気を付けてほしい」

など、お願いしておきましょう。

司会者は進行のプロなので、上手く調整しながら進めてくれますよ!

4 ゲストの前で話してほしくないこと

打ち合わせでは二人のプロフィールや馴れ初めなどを詳しく聞かれます。

司会者は二人の情報をたくさん集めて、当日の披露宴で二人がどんな人で、どのように結婚に至ったのか、ゲストへ紹介するんですね。

しかし、二人の出会いや学歴、職業のことなど、あまりゲストに披露してほしくないことがある人もいるかもしれませんね。

例えば授かり婚の場合。

当日の新婦の体調もふまえて進行してもらうために、司会者には妊娠を伝えていても、ゲストには知らせたくないということもあります。

紹介してほしくないことがある場合は、打ち合わせで司会者に忘れず伝えておきましょう。

そうすれば、司会者は当日NGな話題には触れずに進めてくれます。

また、反対に「ゲストに紹介してもらいたいこと」があれば伝えておきましょう。

当日、新郎新婦がゲストの前で話せる機会は、披露宴の始めの挨拶と、締めの挨拶くらい。

ゲストに伝えたいことは、司会者に代弁してもらうしかありません。

・自分またはゲストが手作りしたウェディングアイテムのこと

・ゲストとの思い出エピソード

・ゲストへの感謝の言葉

など、披露宴で話してほしいことがある場合は、あわせてお願いしておきましょう。

5 サプライズ計画はこっそり相談しよう

披露宴でサプライズを仕掛けたい!という場合も、司会者の協力が必須です。

途中で気づかれてしまわないよう、流れやタイミングをきっちり詰めておきたいところ。

ただ、驚かせたい相手がゲストの場合はさておき、打ち合わせに同席している彼(彼女)だと、話をなかなか切り出せないことも。

彼(彼女)が離席したタイミングや、それも難しい場合は、別日に打ち合わせを行いましょう。

電話での相談がOKな司会者もいるようです。

どうすればいいか迷ったときは、まずプランナーに相談してみてくださいね。

まとめ

結婚式当日が近づいた頃に行われる司会者との打ち合わせ。

当日の進行や二人のプロフィール、馴れ初めなど、打ち合わせでは話し合うことがたくさんあります。

打ち合わせで特に司会者に伝えたり、確認しておきたいことは次の5つ。

・二人が披露宴に求めるイメージや雰囲気
・新郎新婦やゲストの名前の読み方や肩書き
・当日のタイムスケジュール
・ゲストに紹介してほしくないこと・してほしいこと
・サプライズの計画


打ち合わせで聞かれたときすぐに答えられるよう、あらかじめ二人で内容を考えておくと打ち合わせがスムーズに進みますよ!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る