結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

おしゃれな「ウェディングフォト」を残すために!ポイントやこだわりの実例をご紹介

ベールの中で額を合わす新郎新婦

公式インスタグラムはじまりました!

結婚の記念に撮影する「ウェディングフォト」。

一生の記念だからこそ、オシャレでこだわりいっぱいの写真を残したいですよね!

そこで今回は、ウェディングフォトを撮るスタジオやプランの選び方、撮影前におさえておきたいポイントをご紹介。

先輩カップルの素敵なウェディングフォトもたくさんお見せします!

INDEX

「ウェディングフォト」ってどういうもの?

結婚の記念として写真を残す「ウェディングフォト」。

ウェディングフォトには、こんな種類があります。

エンゲージメントフォト

エンゲージメントフォト

プロポーズされてから、婚約期間に撮影する記念写真。

婚礼衣裳ではなく、普段着やペアルックなど、「いつものふたり」に近い写真を撮ることが多いようです。

ふたりの思い出の場所などで撮影すれば、今までの思い出がよみがえりそうですね!

前撮り

前撮り

結婚式前に、婚礼衣装を着て撮影する記念写真。

結婚式とはまた違った衣裳を着ることもできるので、嬉しいですね。

ラフな服装のエンゲージメントフォトと、婚礼衣装の前撮りを同じ日に行う人もいますよ。

結婚式当日の撮影

結婚式当日の撮影

結婚式当日に、プロのカメラマンに撮ってもらう写真です。

挙式・披露宴の様子がわかるスナップ写真はもちろん、結婚式の合間に集合写真や、ふたりの記念写真も撮ります。

後撮り

結婚式の後に撮る記念写真です。

結婚式で撮影してもらった写真に満足できなかった場合にも、新たに記念写真を取り直せるのでおすすめですよ。

フォトウェディング

フォトウェディング

結婚式をしないふたりが結婚式の代わりに行う、写真だけの結婚式です。

チャペルなどで、結婚式と同じような段取りをして撮影することも。

結婚式気分が味わえて、なおかつ記念に写真も残すことができますよ。

家族や少人数の友人を呼んで一緒に撮影することができる場合もあります。


色々なパターンがあるウェディングフォト。

素敵なウェディングフォトを残すために、まずはスタジオやプラン選びのポイントを見ていきましょう!

虫眼鏡

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

スタジオやプラン選びのポイント

衣裳やヘアメイクの選択肢は要チェック

ウェディングフォトを撮るにあたって、こだわりたいポイントを考えておくと、スタジオ選びの基準になります。

例えば、結婚式当日以外の撮影で衣裳にこだわりたい場合、衣裳が豊富なスタジオを選ぶことが大切。

たくさんのウェディングドレス

ドレスショップが手掛けているフォトスタジオなら、衣裳の選択肢も増えそうですね!

事前に衣裳の下見をさせてもらえるスタジオなら、サイズ展開や衣装の種類もチェックできますよ。

あとは衣裳の持ち込みができるスタジオなら、自分で選んだこだわりの衣裳を着て撮影することも可能。

前撮りも後撮りも!と同じドレスで何度も撮影する場合は、ドレスをレンタルするより購入した方が安い場合もあります。

そしてヘアメイクも、花嫁が気になるポイントですよね。

花嫁のメイクアップ

記念になる写真なので、理想のヘアメイクで撮影したいところ。

スタジオのWEBサイトでは、所属しているヘアメイクアップアーティストの手掛けたヘアメイク写真を公開しているところもあります。

自分の好みのヘアメイクをしてくれるスタジオを選べば、理想のヘアメイクをお願いできそうですね。

フォトグラファーで選ぶ

カメラマン

フォトグラファー(カメラマン)にこだわって選ぶのもおすすめ。

撮影する写真の雰囲気は、フォトグラファーの腕や持ち味によって変わります。

スタジオのサイトではサンプル画像が載せられていることも多いので、好みの雰囲気のウェディングフォトを探し、気に入ったフォトグラファーのいるスタジオを選ぶという方法も。

スタジオによってはフォトグラファーの指名ができないところもあるので、写真の雰囲気にこだわりたいならそこは要チェックです。

撮影の種類で選ぶ

スタジオ

結婚式当日以外の撮影では、スタジオ内のセットで撮影する「スタジオ撮影」と、スタジオ以外の屋外などに撮影に出向く「ロケーション撮影」があります。

スタジオ撮影がしたい場合は、スタジオにふたり好みのセットがあるかどうかなども、チェックポイント。

天気に左右されないので、安心して撮影に臨めますね。

ロケーション撮影をするなら、ロケーション撮影に慣れているフォトグラファーがいるスタジオがおすすめ。

サンプル写真を見て、好みのロケーション撮影をしているスタジオを選ぶといいですよ。

あと、希望する場所が「撮影NG」ということもあります。

前もって申請が必要な場所などもあるので、撮影場所にこだわりがある場合は、その場所での撮影が可能かどうか、スタジオに確認しておくと安心ですね。

ハート

また、雨天の場合は延期できるのか、スタジオ撮影に切り替えるのかなど、悪天候の場合の対応も聞いておくようにしましょう。

プラン内容と料金を確認する

ウェディングフォトの価格は、だいたい数万円~20万円程度。

スタジオやプランによって価格に開きがありますが、確認しておきたいのはその内容です。

撮影料や衣装代、着付け・ヘアメイク代、小物代、写真データ、台紙やアルバム代など・・・
プラン料金にどこまで含まれているのかが重要。

たとえ安いプランでもオプションを多くつけることになれば、結果的に高くつきます。

豚の貯金箱

逆にプラン料金が多少高くても、衣裳が2着選べたり、追加料金がかからなかったりとお得な場合も。

プランの内容をよく確認して、料金と見合っているかを考えて選ぶのが大切なんですね。

・衣裳を追加した場合の料金
・写真は自分たちで選べるのか
・撮影カット数は何点なのか
・プリントだけでなくデータはもらえるか
・休日の場合追加料金があるか
・小物の種類や持ち込みの可否
・フォトグラファーの指名料
・アルバムや台紙付き写真の料金

このように、気になるポイントは事前にすべて聞いてから、スタジオやプラン選びをしましょう。

他にも、「家族と撮りたい」「ペットと撮りたい」「ヘアメイクリハーサルをしてもらいたい」など、こだわりポイントがある人もいますよね。

ペットと一緒に撮影

スタジオによってできることは違うので、ぜひ自分たちの希望を叶えてくれるスタジオを選んでくださいね。

ここでご紹介したポイントを意識しながら、いくつかのスタジオを比較してみるのがおすすめです。

結婚スタイルマガジンでは、フォトウェディングができる人気スタジオを紹介しています。

結婚スタイルマガジン - フォトスタジオを探す

プランや写真が多数掲載されているだけでなく、スタジオへの問い合わせもカンタンにできます。

自分たちに合ったスタジオが、きっと見つかりますよ!

スタジオ

また、こちらの記事では、フォトウェディングの失敗談&解決法を紹介しています。
こちらもぜひ、参考にどうぞ。

フォトウェディングの失敗談!「こんなハズじゃ…」と後悔しないためのチェックポイントは?

撮影前におさえておくべきポイント

スタジオやプランが決まったら、次は撮影前におさえておきたいポイントをチェックしましょう。

撮ってほしいカットを考えておく

「背中合わせのカットが欲しい」「プロポーズ風ショットがしたい」など、希望のシチュエーションやポーズは前もってのリサーチが大切!

ウェディングフォト

すべてフォトグラファーにお任せだと、仕上がった時に「もっとこんな写真が欲しかったのに・・・」と後悔することになるかもしれません。

SNSや雑誌などで素敵なウェディングフォトを探し、「マネしたい!」「この雰囲気が好き」と思う写真をピックアップ。

そして当日お世話になるフォトグラファーさんに共有しておきましょう。

また、前撮りの場合、写真を結婚式当日に使うこともありますよね。

「ウェルカムボードにしたい」「ムービーに使いたい」など目的がある場合、目的に合ったカットも必要。

@chi_chi_0904

撮影前から使用目的を考えておくと、必要なカットを撮り忘れることがないですよ。

希望のポーズやシチュエーションによって必要なセットや小物も変わってくるので、スタジオで用意できるのか、持ち込みが可能かなどを事前に聞いておきましょう。

撮影当日も、「こんなカットも欲しい」など、思いついた要望は遠慮なく伝えて。

フォトグラファーとコミュニケーションをとりつつ、ふたりが満足のいく撮影にしましょう!

鏡の前で練習もおすすめ

普段から撮影に慣れている人以外は、まるでモデルのようなポーズをしたり、自然な笑顔をカメラに向けたりするのは結構難しいもの。

そこで、撮影までに鏡の前で自分の表情を研究するのがおすすめです!

鏡を見て笑う女性

笑顔や真顔など色々な表情を作ってみて、自分の好きな顔や好きな角度を知っておきましょう。

撮影当日は、恥ずかしがらずふたりの世界観にどっぷり浸って撮影するといいですよ!

イメージに合う小物を準備

小物は、写真映えにとっても役立つアイテム!

例えば、和装に「番傘」や「扇子」などがあれば、写真が色鮮やかになります。

「赤い糸のオブジェ」や「紙風船」なら、可愛らしい雰囲気にもできますね。

@kk_wd0515

ドレスの場合も、ガーランドを持ってキュートに演出したり、ナチュラルな印象にしたいならドライフラワーのブーケを持ったりしてもピッタリです。

使いたい小物がスタジオでレンタルできる場合はいいですが、持ち込みが可能ならぜひ準備しておきましょう。

夏冬は防寒・暑さ対策を

とくにロケーション撮影で屋外へ行く場合、暑さと寒さの対策は必須!

温度計

冬はドレスの下にカイロを貼ったり、休憩中に羽織れるコートを持参するのを忘れないようにしましょう。

夏は、暑さと汗、日焼け対策も必要。

特に前撮りの場合、後には結婚式が控えていますよね。

日焼け止めは忘れないように塗っておくと安心です。

携帯用の扇風機や扇子などを持参して、汗と暑さ対策もするといいですね。

彼のモチベーションを上げる!

彼もノリノリでウェディングフォトに前向きな場合は、問題なし。

でも男性の中には、「まぁ君がやりたいなら付き合うよ」くらいのテンションで臨む人も少なくないですよね。

でもせっかくなので、彼にも撮影を楽しんでもらいたいもの。

新郎新婦

例えば撮影に向けて「二人でダイエットしよう!」と持ちかけ、お互いにモチベーションを上げるのも楽しそう。

色々なウェディングフォトを一緒に見て、どんなポーズやシチュエーションがいいかなどを一緒に決めるのもおすすめです。

ふたりでポーズの練習をしてみると、より楽しいかもしれませんね。

婚礼衣裳以外での撮影なら、女性の衣裳だけでなく、彼の衣裳も新調するといいかも。

撮影用の衣裳を用意すれば、彼も撮影に向けてテンションがあがりそう!

「一緒に楽しもう!」という気持ちにもっていくのがポイントですね。


では最後に、撮影の参考になる、先輩花嫁の素敵なウェディングフォト実例をご紹介します!

【実例集】こだわりのウェディングフォト

エンゲージメントフォト

  • エンゲージメントフォト_01
    @cocoheart0215
  • エンゲージメントフォト_02
    @cocoheart0215

プロポーズの再現ショット。

リングの向こうに見える二人の姿が、とっても素敵ですね!

エンゲージメントフォト_03@mc______wedd20

とっても幸せそうな後ろ姿。

二人並んだ背中のショットは、とても微笑ましいものです。

仲の良さが伝わってくる、自然な一枚ですね。

エンゲージメントフォト_04@kana_tk

ふたりでパクリ!
オシャレでおちゃめなショットです。

前撮り

@weddinghirano

街のイルミネーションの中で。
映画のワンシーンみたいですね。

  • 前撮り_01
    @koji42.195
  • 前撮り_02
    @koji42.195

こちらのカップルは、趣味のスキーでウェディングフォト!

ウェディングドレスでスキーなんて、斬新ですよね。
ブーケを持って追いかける新郎さんの姿もユニーク。

ウェディングフォトのスタイルは二人の自由です。

前撮り_03@pamyukon_wedding

藤の花に囲まれた、幻想的な一枚。
こちらはスタジオ撮影です。

スタジオによって色々なセットがあるので、ロケーションとはまた違う撮影が可能ですよ。

前撮り_04@rir1_wd__

番傘、扇子、折鶴と、和装を引き立てる小物をふんだんに使ったショット。

小物使いで、写真が華やかになりますよ。

結婚式当日

結婚式当日_01@natsu__mickey

お色直し入場前に、「しー」のポーズで。
いたずらっぽいしぐさが可愛いですね!

結婚式当日_02@emiiiita18

こちらはもう、のぞき込んでいます(笑)

後から見返したときに、「このとき緊張したよね!」と思い出話に花が咲きそうな一枚です。

  • ベールダウン_01
    @p.q__wd
  • ベールダウン_02
    @p.q__wd

母親にベールダウンしてもらう瞬間をパチリ。

結婚式当日は、感動的なシーンをたくさん写真に収めてもらえますよ。

@y_wd1106

カラードレスを目いっぱい広げて、ハート型に!

お色直し入場前に撮影したそうです。

印象的で、このまま新居に飾れそうなショットですね。

後撮り

後撮り_01@ayumimu_wedding

こちらは、結婚式の一年後に憧れのドレスで後撮りしたそう。

結婚式で着たもの以外に、どうしても着たかったこだわりのドレスがある場合、後悔のないように後撮りで着ておくのもいいですね。

後撮り_02@ayumimu_wedding

後撮りなら、時期も自由に選べます。

イルミネーションの時期なら、こんなロマンチックなロケーションも可能!

後撮り_03@hmriii325

こんなクールなロケーションなら、どこで撮っても写真映え間違いなし。

ウェディングフォトのためにリゾートへ出向く人も少なくありません。

せっかくロケーション撮影するなら、場所にもこだわりましょう!

後撮り_04@hmriii325

ベールに包まれて、ドラマチックな一枚に。

あえて色をあまり使わず、ナチュラルなウェディングフォトです。

ウェディングフォトの色々なアイデアをもっと見たい人は、こちらの記事もどうぞ。

ドラマチック!映画のようなウェディングフォトの撮り方アイデア

白黒写真で撮る、大人のウェディングフォトのアイデア集

リゾートウェディングならではの結婚式写真の撮影アイデア集

結婚式や前撮りの写真、「楽しそう!」が伝わる撮り方・ポーズのアイデア集

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

ウェディングフォトを撮るときに、おさえておきたいポイントをご紹介しました。

おしゃれなウェディングフォトを撮るためには、まずスタジオやプラン選びも大切。

衣裳やヘアメイク、好きな写真の雰囲気など、自分のこだわりポイントをきちんと把握し、それを実現できるスタジオを選びましょう。

プランの内容と料金が見合っているかをよくチェックしてから契約すると安心ですよ。

希望のカットは前もってリサーチし、フォトグラファーに共有しておきます。

撮影当日もフォトグラファーとコミュニケーションを撮りながら要望を伝え、いい写真を作り上げていけるといいですね。

当日までに鏡の前で表情やポーズの研究をしたり、使いたい小物を用意しておいたりなど、準備も大切。

ロケーション撮影の場合、夏暑さ対策、冬は防寒対策も忘れないようにしましょう。

彼とポーズの練習をするなど、一緒に楽しんで撮影に挑めるといいですね。

先輩カップルのこだわり写真も参考にして、最高のウェディングフォトを残したいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「写真・ムービー」の他の記事

「写真・ムービー」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る