結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式ご祝儀に「2万円」を包むのはどうなの?金額のマナー教えて!

音声で聴く!

0:00

0:00

ご祝儀は「3万円が相場」と言われています。

でも、状況によっては3万円を包むのが難しいこともありますよね。

「2万円だとダメなのかな・・・」

「偶数は縁起が悪いって言うし・・・」

そんな悩みにお答えして、「2万円のご祝儀」について調べてみました。

INDEX
「2万円」のご祝儀はアリ?
ご祝儀が2万円でもOKな場合は?
縁起が悪いって本当?
2万円の包み方
2万円じゃ少ないかも…と気になる人は

「2万円」のご祝儀はアリ?

まず、
「ご祝儀として2万円を包むのはダメなの?」

という問題ですが、実はそういうわけでもないよう。

ゲストが用意するご祝儀には、次の2つの金額が含まれていると言われています。

1 新郎新婦が結婚式でゲストをもてなすのにかかる金額
2 ゲストから新郎新婦へのお祝いのお金

1 の、新郎新婦がゲストのおもてなしにかける費用の代表は、「披露宴の食事代」と「引き出物代」です。

一般的な相場はだいたい次の通り。

 ・お食事代 ・・・1万5千~2万円
 ・引き出物代・・・3千~7千円

つまり、ゲスト1人のおもてなしに、2万円前後はかかるという計算ですね。

これを踏まえて考えると、相場の3万円のご祝儀は、「おもてなしにかかる2万円」に「お祝いのお金1万円」をプラスした金額ということになります。

お祝いの気持ちとしては適切な金額と言えそうですね。

でも、どうしても相場の3万円を準備するのが難しい場合・・・

そんなときは、せめて、「おもてなしにかかる金額」だけでもご祝儀としてお返しするのがマナー。

ですので、おもてなしにかかる2万円以上で、きりの良い金額であればご祝儀としてマナー違反ではないとされているんですね。

とはいえ、やはり一般的には「ご祝儀は3万円」というイメージが強いもの。

「基本は3万円。2万円は一部の場合のみOK」と覚えておきましょう。

「一部の場合って、どんな場合・・・?」
そう思った人は、次の章へどうぞ!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ご祝儀が2万円でもOKな場合は?

次のような場合が考えられます。

・学生
・社会人1~2年目
・経済的にどうしても苦しい状況

学生や社会人になってまだ日が浅い人は、経済的に余裕がない場合もあるかもしれません。

こういった場合に当てはまるなら、ご祝儀に2万円を包んでも問題ないとされています。

ただし、もし自分が先に結婚式を挙げていて、ご祝儀として3万円を頂いていた場合は、同じように3万円を包むのがマナーです。

縁起が悪いって本当?

「ご祝儀の金額は、偶数だと縁起が悪いって聞いたことがあるな。
やっぱり2万円はダメなんじゃ・・・?」

そう思った人もいるかもしれませんね。

たしかに、一般的にご祝儀の金額は、「偶数を避けて、きりの良い金額にする」というマナーがあります。

偶数を避けるのは、「2で割り切れる」ので「二人が別れる」ことをイメージさせるからだそう。

でも最近では、偶数でも「2」という数字は、「夫婦、ペア、二重の慶び」といった縁起の良い意味があるという考え方をする人も。

それにそもそも、縁起を気にする人自体が少なくなってきていますよね。

新郎新婦がそこまで縁起を気にしそうになければ、縁起が悪いからという理由で2万円を避ける必要はなさそうです。

2万円の包み方

次に、2万円のご祝儀の包み方を2パターンご紹介しますね。

【包み方1】1万円札を1枚+5千円札を2枚

1万円札1枚と5千円札2枚の、計3枚にします。

なぜわざわざ1万円を5千円札2枚に分けるのでしょうか?

これは、「金額」は偶数になったとしても、「お札の枚数」を奇数にして縁起をかつごうという包み方です。

新郎新婦が縁起を大事にし、「偶数は縁起が悪い」と気にするようであれば、この包み方をすると良いかもしれません。

【包み方2】1万円札を2枚

お札の枚数にこだわらず、1万円札2枚を包む方法です。

一般的にゲストがご祝儀として用意するお札は、ほとんどが1万円札。5千円札が混ざることは少ないようです。

5千円札が混ざっていると、新郎新婦がご祝儀を集計するときに、1万円札と見間違えて混乱してしまうかもしれません。

また、5千円札を2枚にして、お札の枚数が奇数になるように配慮したつもりでも、

「1万円札が足りなくて5千円札にしたのかな?」
と勘違いされることも。

新郎新婦が縁起を気にしそうになければ、素直に1万円札を2枚包んだほうが、受け取る側もわかりやすいですね。

2つの包み方をご紹介しました。

縁起を重んじる新郎新婦に贈るなら、「1万円札を1枚+5千円札を2枚」。

そうでなければ「1万円札を2枚」とするといいですね。

2万円じゃ少ないかも…と気になる人は

「せっかくのお祝いにご祝儀が少なめになってしまって、申し訳ないな」

と思うのであれば、ご祝儀以外の方法も合わせて、お祝いの気持ちを伝えてはどうでしょうか。

例えば

・5、6千円ほどのお祝いの品を別で贈る

・結婚式後に友達と一緒に新郎新婦を食事に招待する

・結婚式のお手伝いを一生懸命する

など。

お祝いの気持ちが伝わるよう、新郎新婦に喜んでもらえることを考えたいですね。


「お祝いの品って、何がいいのかなあ」と思った人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

入籍日に贈りたい!新郎新婦が喜ぶプレゼントは?

まとめ

お悩みはスッキリしたでしょうか?

経済的に余裕がないときは、2万円をご祝儀に包んでも問題ないようです。

ただし、先に自分の結婚式で3万円の祝儀を頂いている場合は、同額を贈るのがマナーなので気をつけましょう。

2万円をご祝儀として包む方法は、

・1万円札を1枚+5千円札を2枚
・1万円札を2枚

の2パターンありました。

縁起を気にする新郎新婦かどうかで、包み方を変えると良いですね。

「2万円じゃ少ないかも」と気になるなら、ご祝儀以外にもプレゼントを用意するなど、他の方法でもお祝いしてはいかがでしょうか?

新郎新婦に喜んでもらえるように頑張れば、
きっとあなたの気持ちは伝わりますよ!

また、一般的なご祝儀の相場が知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
会社関係・友人・親族へのお祝い!結婚式のご祝儀の相場は?

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のご祝儀」の他の記事

「結婚式のご祝儀」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る