結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

費用や人気カラーは?披露宴で着る「カラードレス」の基礎知識!

音声で聴く!

0:00

0:00

紫のカラードレスを着て窓辺で佇む花嫁

公式インスタグラムはじまりました!

披露宴でのお色直しや結婚式の二次会などで着る「カラードレス」。

カラードレスは、色の種類やデザインも豊富で、花嫁の個性をアピールすることができます。

そんなカラードレスの手配方法や費用、人気のカラーなど、知っておきたいカラードレスの基礎知識をまとめました!

INDEX
カラードレスを着用した先輩花嫁の割合は?
カラードレスの手配方法や手配先は?
カラードレスの購入・レンタル費用は?
先輩花嫁は何色のカラードレスを着た?

カラードレスを着用した先輩花嫁の割合は?

まずは挙式、披露宴でどれくらいの花嫁がカラードレスを着ているのか見てみましょう。

挙式、披露宴、披露パーティーで着た衣装について先輩花嫁のアンケート「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」より
以下、データ出典はすべて同じ

挙式では、約8割の人が教会式もしくは人前式を選んでいることもあり、79.3%の人がウェディングドレスを着ているようです。

カラードレスを着た人は3.1%と、挙式でカラードレスを着る人は少ないようですね。

披露宴では、カラードレスの着用率がぐんと上がります。

真紅のカラードレスを着た花嫁

披露宴の1着目は、挙式で着用していたウェディングドレスをそのまま着ている人が45.1%と最も多いですが、次いでカラードレスが33.9%となっています。

披露宴2着目(お色直し後)となると、カラードレスを着た人の割合は56.2%と最も高くなっています。

カラードレスは披露宴でのお色直しで着用されることが多いようですね。

お色直しの由来や最近のお色直し事情について詳しく知りたい人は、こちらの記事をどうぞ。

実は深い意味がある!お色直しってなんでするの?最近のお色直し事情は?

また、披露宴でのお色直しでどんな衣裳へチェンジしようか迷っている人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

最近は「和装派」が増えている?披露宴のお色直しで何を着る?

ウェディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛が並んだ様子

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

カラードレスの手配方法や手配先は?

続いて、カラードレスの手配方法や手配先について見ていきましょう。

カラードレスを着た人に対して、その手配方法を尋ねたところ、

・購入した・・・・ 6.0%
・レンタルした・・ 94.0%

という結果に。

圧倒的にレンタルした人が多いようですね。

レンタルのプレートをあげる先輩花嫁たち

購入・レンタルしたカラードレスの種類については、

・既製品が91.7%
・オーダーメイド(レンタル)が8.3%

と、「既製品」が突出して高くなっています。

手配先は?

カラードレスを試着した嬉しそうな表情の花嫁

カラードレスを購入またはレンタルした人に対して、購入・レンタル先を尋ねたところ、次のような結果に。

Q.カラードレスはどこで購入・レンタルしましたか
利用した挙式、
披露宴・披露パーティー会場
42.7%
利用した会場が提携している衣裳店 48.2%
外部の衣裳店(インターネット
での購入・レンタルを除く)
8.0%
インターネットでの購入・レンタル 1.0%

「利用した挙式、披露宴・披露パーティー会場」もしくは「利用した会場が提携している衣裳店」が計90.9%と大半を占めています。

チャペルと手を取るドレスショップ

カラードレスの購入・レンタル費用は?

自分の納得のいくカラードレスを選びたいところですが、費用も気になるところ。

紙幣を折って作ったドレス

カラードレスを購入またはレンタルした人に、その費用を尋ねてみました。

Q.購入・レンタルしたカラードレスの
料金はいくらでしたか
5万円未満 8.5%
5~10万円未満 12.1%
10~15万円未満 17.1%
15~20万円未満 18.6%
20~25万円未満 18.1%
25~30万円未満 9.0%
30~35万円未満 7.5%
35~40万円未満 4.0%
40~45万円未満 2.5%
45~50万円未満 2.0%
50万円以上 0.5%

※カラードレスを2着以上着た場合は、金額の高い方について尋ねています

「15~20万円未満」が18.6%で最も高く、次いで「20~25万円未満」が18.1%、「10~15万円未満」が17.1%で続きます。

平均は「18.5万円」。

ウェディングドレスとカラードレスを天秤にかけている様子

ウェディングドレスの平均費用は「22.0万円」なので、カラードレスのほうが少しだけ安くなっているようですね。

ちなみに、ウェディングドレスの費用について詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

ウェディングドレスは購入とレンタル、どっちがお得?それぞれのメリットは?

先輩花嫁は何色のカラードレスを着た?

カラードレスを着てほほ笑む花嫁たち

では最後に、先輩花嫁は何色のカラードレスを選んだのか見ていきましょう。

Q.何色のカラードレスを着ましたか
ブルー系 24.6%
ピンク系 24.1%
赤系 14.6%
黄色系 10.1%
オレンジ系 7.5%
グリーン系 6.5%
パープル系 6.5%
ホワイト系 4.0%
その他 1.5%
紺系 0.5%

「ブルー系」が24.6%で最も多いよう。

淡いブルーのカラードレスを着た花嫁

ブルーは清潔感があり、クールで大人っぽい雰囲気を好む花嫁から支持を得ているようです。

一方、「ピンク系」もブルー系と同じくらい人気があります。

ピンク色のカラードレスを着た花嫁

ピンクは、女性らしい色合いで、花嫁にぴったりのカラー。

日本人の肌によくなじむのも人気の理由の一つです。

カラードレスの色の選び方について詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

カラードレスは何色を着る?各カラーの特徴やイメージを一挙ご紹介

自分のなりたいイメージや肌に合う色を選ぶことは大事ですが、もう一つ押さえておきたいのが、会場の雰囲気に合うかどうか。

例えば、ガーデンなど自然光があふれる明るい会場では、パステルカラーなど淡くて優しい色合いのドレスがぴったり。

ガーデンのブランコに座る、ピンクのパステルカラードレスを着た花嫁

反対に、ホテルなどの内装が豪華な会場では、赤やネイビーなどの深い色合いが映えます。

ホテルの一室で佇む、真紅のカラードレスを着た花嫁

ぴったりなカラードレスを会場別にまとめた記事もあるので、そちらもぜひ読んでみてくださいね。

会場別!ぴったりなカラードレスの選び方

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

先輩花嫁の約7割が着ているカラードレス。

ウェディングドレスから、披露宴でのお色直しでカラードレスへ着替える花嫁が多いようです。

披露宴でのお色直しで着替える花嫁が多いカラードレス。

カラードレスの手配方法は、既製品をレンタルする人が多いようです

手配先は、「利用した会場(42.7%)」か「利用した会場が提携している衣裳店(48.2%)」が90.9%と大半を占めています。

カラードレスの購入・レンタル費用は「15~20万円未満」が18.6%で最も多く、平均費用は「18.5万円」。

カラーは「ブルー系」が24.6%で最も人気。一方で、「ピンク系」も24.1%と同じくらい人気があるようです。

カラードレスは、色の種類やデザインも豊富で、ウェディングドレス以上に迷ってしまうという花嫁も多いようです。

下の記事ではカラードレスの選び方のコツについてまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

何色?どんなシルエット?結婚式のカラードレス、失敗しない選び方

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る