結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

冬の結婚式二次会!お呼ばれコーディネート&注意ポイント

音声で聴く!

0:00

0:00

冬の結婚式二次会は雪が舞ったり、街のイルミネーションがきらめいて、とってもロマンティック。

ですが・・・やっぱり寒い!

ですので、二次会に出席するとき

「どんな服装をしていけばいいのかな?」

と悩みますよね。

冬の結婚式二次会に出席するときのコーディネートについて紹介します。

INDEX
結婚式二次会の服装の基本的なマナー
【女性ゲスト】冬の二次会コーディネート
【男性ゲスト】冬の二次会コーディネート
コートは着て行っていいの?

結婚式二次会の服装の基本的なマナー

冬の結婚式二次会のコーディネートを見ていく前に、二次会に参加するときの服装について、基本的なマナーを確認しましょう。

華やかな色の服を選ぶ

おめでたい席なので、パーティー会場がぱっと明るくなるように、華やかな色の服を選びます。

ただし、1色だけNGな色があります。
それは「白色」。

ウェディングドレスが白であることからも、白色は主役である新婦の色とされています。

白色以外で華やかな色の服を選ぶようにしましょう。

男性も、上下真っ白なスーツなどは避けるようにします。

派手すぎる服装は避ける

例えば、「肌の露出が多い服」や「奇抜すぎる服装」はお祝いの席にふさわしくないと言われています。

また、カジュアルすぎる服装もNG。

男性はブラックやダークカラーのスーツ、女性はフォーマルなワンピースを着るのが一般的です。

殺生をイメージさせる素材は避ける

毛皮、動物の毛を使ったファー、ワニ革・ヘビ革といった素材は、動物の殺生をイメージさせるので縁起が悪いと言われています。

また、アニマル柄もカジュアル過ぎてお祝いの場にふさわしくないので、避けたほうが無難です。

毛皮やアニマル柄は、寒い季節になるとストールや靴、バッグといった小物に使われやすいので、小物を選ぶ時は注意しましょう。


結婚式二次会の服装マナーについて、もっと詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてくださいね。

女性は必見!結婚式二次会の服装マナー
男性必見!結婚式二次会の服装マナー

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【女性ゲスト】冬の二次会コーディネート

まずは女性ゲストの冬のコーディネートです。

女性ゲストはワンピースが一般的。

冬らしさを出すために、「素材」と「カラー」に注目して選ぶのがオススメです。

冬にオススメな素材とカラー

次のような素材を選ぶと冬らしさが出ますよ。

・ベロア
・ベルベット
・ジャガード
・ツィード

光沢があって上品に見える素材や、あったかい厚めの生地がオススメです。

ツィードは少しカジュアルな印象になりますが、二次会ならOK。


また、色は深みのあるカラーが、冬にピッタリ。

例えば、

・ワインレッド
・バイオレット
・ダークグリーン
・ロイヤルブルー
・マスタードイエロー
・ブラウン

など 。

暖色系のピンクやオレンジも良いですね。

足元はヒールのあるパンプスで

靴はヒールのあるパンプスを選びましょう。

つま先のあいている「オープントゥ」やミュール、サンダル、ブーツはマナー違反とされています。

もし、当日に雪が降っているとか、会場まで寒くてどうしてもブーツを履きたいという場合は、パンプスを持って行って、会場に入る前に履き替えましょう。


また、冬に履きたくなるタイツや黒のストッキングは、フォーマルな場ではマナー違反。

ベージュのストッキングを履くようにしましょう。

防寒対策に・・・

羽織ものには長袖のボレロやジャケットを選ぶと良いですね。

防寒対策としてだけでなく、肩の出るドレスやワンピースの場合、肌が露出する部分を隠すためにも羽織ものは必要になります。

ショールなどを羽織っても良いですよ。

それでも寒いのが心配な人は、使い捨てカイロを忍ばせておくのもいいかも。

【男性ゲスト】冬の二次会コーディネート

男性ゲストはスーツが一般的ですが、カジュアルな二次会であれば「テーラードジャケットにパンツ」というスタイルでもOK。

冬らしさを出すために、シャツの上にベストを重ねるとよさそう。

ジャケット、ベスト、スラックスが一揃いになった「スリーピース」でビシッと決めるのも良いですね!

防寒対策に・・・

寒い冬は、ジャケットの下にニットを着たくなりますよね。

ニット素材はカジュアルなイメージになるので、フォーマルな結婚式や披露宴ではNGとされています。

ですが、カジュアル寄りになる二次会であればOK。

暖色系の温かみのある色のニットを、オシャレに取り入れてみてくださいね。

コートは着て行っていいの?

もちろんコートは着て行ってOKです。

ただし、コートもやはりフォーマルなものにします。

ウールやカシミヤ素材で、落ち着いた色のシンプルな形のコートを選ぶようにしましょう。


また、コートを脱ぐタイミングにもマナーがあります。

コートは会場の建物に入る前に脱ぐのが正しいマナー。

脱いだコートは、たいてい会場にクロークが用意されていますので、受付を済ませてからクロークに預けましょう。

まとめ

冬らしいコーディネートは、女性ゲストなら、服の「素材」と「カラー」選びがポイント。

ベロアやジャガードといった光沢があって上品かつ厚手の生地のものを選びましょう。

カラーはロイヤルブルーやマスタードイエローといった冬カラーがオススメ。

防寒対策や肌を隠すために、長袖のボレロやジャケットを羽織りましょう。

足元はベージュのストッキングにヒールのあるパンプスを合わせます。

男性ゲストはジャケットに合わせたベストや、暖色系の温かみのあるニットを重ねて着ると、冬らしいコーディネートに。

結婚式二次会の基本的な服装マナーを押さえて、冬らしいコーディネートで二次会を楽しんでくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式二次会」の他の記事

「結婚式二次会」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る