結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式二次会の服装、ワンピースのコーディネート集&注意ポイント

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式二次会の服装は、ワンピースが定番。

招待されたら

「どんなワンピースを着て行こうかな」

「どんなコーディネートにしよう」

と悩みますよね。

ワンピースの選び方と小物とのコーディネート方法を紹介します。

INDEX
ワンピースの選び方って?
小物の選び方って?
ワンピースのカラー別コーディネート
コーディネートするときに注意したいマナー

ワンピースの選び方って?

季節に合わせた
「色」と「素材」のワンピースを選ぶ

結婚式の二次会では、華やかな服装で会場を明るく盛り上げるのがマナーです。

季節に合った色のワンピースを選ぶとさらにGOOD!

春はお花や新緑をイメージするようなパステルカラー、夏は涼しげな色やビタミンカラーがピッタリ。

秋は紅葉を思わせるような、マスタードイエローなどの深みのある色、冬は上品で落ち着いたワインレッドやロイヤルブルーなどを選ぶとステキです。

単色のワンピースが基本ですが、カフェやバーで行われるカジュアルな二次会なら、バイカラーも良いですね。

派手になり過ぎないものなら、花柄やドットなどの柄物もOKです。


次に気をつけたいのが、ワンピースの素材。

春夏はシフォンやサテンなどの軽やかな素材、秋冬はジャガードやベロア、ベルベットなどの温かそうな素材を選びましょう。

演出したいイメージに合った
ワンピースを選ぶ

ワンピースと一言で言っても、選ぶ形によってイメージがだいぶ違ってきます。

どんなイメージで着たいのかを考えて、ワンピースのデザインを選ぶと良いですよ。

では、主なワンピースのデザインを見てみましょう。


○Aラインワンピース

スカートの裾にむかってふわっと広がっているAラインワンピースは、可愛らしいシルエットになります。


○Vネックワンピース

首元がVネックになっていると顔周りがスッキリ見えて、大人っぽい印象になります。


○ウェストマークワンピース

ウェスト部分にリボンやラインの切り替えしのあるデザインは、足長効果が期待でき、すっきりとスタイルよく見えます。


○レースワンピース

繊細なレースのワンピースは上品なイメージ。

黒やネイビーなどの暗めの色でも、レースのものを選べば華やかに見えます。


○袖付きワンピース

肩の出ているワンピースなら、肌の露出を隠すためにも、羽織が必要。

でも、袖があるワンピースなら羽織を考える必要がありません。

コーディネートを考えるのが苦手な人にオススメです。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

小物の選び方って?

同じワンピースでも小物の合わせ方によって、全然違う雰囲気のコーディネートが楽しめます。

羽織

肩や背中が大きく開くワンピースの場合、肌の露出を隠すために羽織ものはマストです。

結婚式二次会では次のような羽織が一般的。

・ジャケット
・ボレロ
・ショール
・ストール

きちんと感を出したいならジャケットがオススメです。

丈の短いものや長いもの、ノーカラーのものなど、ワンピースと合わせてコーディネートするといいですね。


ボレロはジャケットよりカジュアルなデザインのものが多いです。

フォーマルなワンピースにちょっとカジュアルなボレロを合わせれば、フォーマルになり過ぎず、カフェやレストランにもぴったり。


ショールやストールはシフォン、オーガンジーなどの薄い素材から、ウールやカシミヤといった温かい素材のものまでさまざま。

季節に合った素材を選ぶと良いですね。

ショールやストールはそのまま羽織るのもいいですが、後ろで結べばボレロ風、前でコサージュを使って留めれば華やかさがプラスされますよ。

アレンジがしやすいのがショールやストールのメリットです。

アクセサリー

ネックレスやピアス、イヤリングなど、ワンピースに合わせてチョイスします。

昼の二次会では、キラキラ光るものは避けて、パールのような落ち着いた光沢のあるものを。

逆に、夜の二次会は、ダイアモンドやラインストーンといったキラキラ輝くアクセサリーを選びましょう。

ネックレスは首の詰まっているワンピースならロングなもの、デコルテが開いているワンピースなら首回りに沿うものを選ぶとバランス良く見えます。

もし、首回りにビジューがついたワンピースを着るなら、ネックレスは不要です。

ネックレスと合わせて、ピアス、イヤリングを着けるとさらに華やかになります。

パンプス

布製やエナメル素材のもので、ヒールのあるパンプスを選びましょう。

靴は小物と色を合わせると、まとまり感が出ます。

すべての小物を靴と同じ1色にするのではなく、どれか1つの小物は別の色にするなどして、2色でまとめるのもオシャレですよ。

バッグ

パーティー向けの小ぶりなバッグをチョイスしましょう。

素材はシルクやサテン、レースのものを選びます。

ドレスの色と対照的なカラーにするとワンポイントになりますよ。

ワンピースのカラー別コーディネート

では、ワンピースのカラー別に、どんな羽織ものや小物と合わせればいいのか、コーディネート例を見てみましょう。

ピンクのワンピース

ピンクのワンピースを着たゲストが会場にいると、いっきに雰囲気が明るくなりますよね。

ピンクのような淡い色のワンピースには、シルバーの小物とのコーディネートがオススメ。

甘くなり過ぎず、涼しげな印象になります。

ラメ入りのショールに、細かいスパンコールがついたパーティーバッグを合わせてみてはどうでしょう。

上品な輝きがプラスされますよ。

ネイビーのワンピース

人気のネイビーのワンピースは、光沢のある素材のものを選べば、パーティー感が出ます。

濃い色のワンピースには、白色の小物を合わせると、重くなりすぎず、ぱっと明るいイメージになりますよ。

ワインレッドのワンピース

華やかなワインレッドのワンピースには、ブラックの小物や大きめのパールアクセサリーを合わせると、しっとりと落ち着いた女性らしいコーディネートになります。

ブラックのワンピース

ブラックのワンピースは、他のカラーのドレスと比べると重い印象になりがち。

シフォン素材や、部分的にレースになっているワンピースを選ぶと軽やかに見えます。

羽織ものや小物をブラック以外のシルバーやゴールド、ピンクにして、華やかさをプラスしましょう。

コーディネートするときに注意したいマナー

白のワンピース、
真っ黒なコーディネートはNG

結婚式の二次会でも、新郎新婦が真っ白のタキシードやウェディングドレスを着ることは多いもの。

白は新郎新婦の色なので、ゲストの真っ白の服装はNGとされています。

でも小物で白色を取り入れるのはOKですよ。

また、全身真っ黒な服装は不祝儀をイメージさせるので避けましょう。

ブラックパールもマナー的にはNGではありませんが、どうしてもお葬式をイメージさせるので避けたほうが無難かもしれません。

過剰な肌の露出はNG

新郎新婦や周りのゲストがギョッとするようなミニスカートや胸の大きく開いたワンピースは控えましょう。

カジュアルな素材はNG

綿や麻、デニムといった素材のワンピースは、カジュアル過ぎてお祝いの席にはふさわしくありません。

毛皮、動物の毛を使ったファー、
ワニ革・ヘビ革はNG

動物の殺生をイメージするので縁起が悪いと言われる毛皮や、ファー、ワニ革・ヘビ革が使われているアイテムは避けましょう。

アニマル柄もカジュアル過ぎるので避けるようにします。

サンダル、ミュール、ブーツ、素足はNG

つま先やかかとが出るサンダルやミュール、カジュアルになるブーツはマナー違反とされています。

また、素足はNGですので、ベージュのストッキングを履きましょう。

まとめ

ワンピースを選ぶ時は季節に合わせて色と素材を気にしながら選びましょう。

また、結婚式二次会では「会場の雰囲気に合わせた服装」をするのがマナー。

小物を上手に使って、フォーマルに寄せたり、カジュアルダウンするとコーディネートしやすいですよ。

お祝いの席としての服装のマナーに注意しながら、オシャレにコーディネートしてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式二次会」の他の記事

「結婚式二次会」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る