結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の「前撮り」はこれでバッチリ!メリット、費用、衣裳、全体の流れなど基本を解説!

音声で聴く!

0:00

0:00

写真撮影する新郎新婦

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式を考えているカップルの皆さん。
「前撮り」ってご存知ですか?

「撮るってことは、写真を撮るのかな・・・?
結婚式の間の写真撮影とは違うの?」

ここでは、「前撮り」とは何なのか、気になるメリットや費用、衣裳、大まかな流れまでご紹介。

前撮りの全体像がわかる入門編です!

「まずは前撮りができる撮影スタジオを見てみたい」そんなひとはこちらをチェック。

結婚スタイルマガジン - フォトスタジオを探す

前撮りができる撮影スタジオをまとめて紹介しています。先輩カップルの写真もたくさん掲載されているので参考になりますよ。

INDEX

前撮りってどんなもの?

結婚式当日とは別の日に、着物やウェディングドレス、タキシードなどの衣裳を着て写真を撮ることを、「別撮り」と言います。

「別撮り」の中でも、結婚式より前のタイミングで撮影するのが「前撮り」。

「前撮り」はさらに「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類に分かれます。

スタジオ撮影とロケーション撮影

一言で説明すると、スタジオ撮影は「フォトスタジオの中での撮影」。

ロケーション撮影は「スタジオの外での撮影」です。

ロケーション撮影では、庭園や神社、海など、いろいろな場所での撮影ができます。

ただ、撮影当日が雨の場合、延期やキャンセルになったりすることも。

雨に打たれながら走るイヌ

一方、屋内スタジオ撮影なら、天気に関わらず撮影できるので、予定通り確実に撮影をしたい人にはおすすめです。

スタジオ、ロケーション、それぞれの詳しいメリットについてはこちらをどうぞ。

結婚式の前撮り!スタジオ撮影・ロケーション撮影、それぞれのメリットは?

前撮りは必ず必要なものではありません。

ですが、実際に行った人の大半は、「やって良かった!」と満足しているよう。

先輩カップルへのアンケート調査では、

・別撮り(前撮りや後撮り)を行った 48.1%
・いずれも行わなかった 51.9%

という結果に。

約半数のカップルが別撮りを行っているようですね。

では、前撮りが支持される理由とは何なのでしょうか?

メリットを5つご紹介します!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

前撮りのメリット

1 落ち着いて、きれいな写真を残せる

新婦のソロ写真を撮る様子

結婚式を挙げた先輩カップルの中には、

「式はイベントが多くて忙しく、あまり落ち着いて写真を撮る時間がなかった」

「披露宴ではお酒を飲まされるし、緊張もあって、赤い顔の写真ばかり・・・」

などなど、写真についてちょっぴり後悔が残ったという人も。

前撮りなら、式当日と違って撮影に集中できます!

表情やポーズにこだわって、写真写りを確認しながら進められるので、満足の行く写真になると好評なんです。

2 式当日と違う衣裳や場所で撮れる

「結婚式ではドレスを着るつもりだけど、着物も捨てがたい・・・」

そんな人は和装で前撮りをしましょう!

紅葉のロケーションで番傘を持った和装姿の新郎新婦

撮影プランによっては、衣裳だけでなく、撮影する場所も、

「和装に合わせて日本庭園で」
「ふたりの思い出の場所で」
など、希望に沿って選べます。

3 事前に式の雰囲気を確認できる

結婚式当日は着慣れないドレスや着物を着ますよね。

前撮りをすれば、事前に衣裳を着た感覚やその扱い方を確認できます。

衣裳を着た新郎新婦

着付けや立ち振る舞いに慣れておけば、当日も動きがスムーズです。

またヘアメイクやアクセサリーのイメージも前もって確認できて安心。

何より前撮りをすれば、「自分たちは結婚するんだ」というワクワク感も増しますよ!

4 楽しくて記念になる!

手を取り合い楽しそうにする新郎新婦

屋外での撮影は、「人目があって恥ずかしい」とためらう人もいるようです。

でも、そんな人も実際に前撮りをしてみると・・・

「通りすがりの人に『おめでとう』って言ってもらえて、幸せだった」

「普段はしないような色んなポーズで撮影できて、楽しかった!」

海を背にジャンプする新郎新婦

などなど、良い思い出になった!との声が多数。

何より写真は形に残ります。

一生の記念品として、結婚してからも見返せるのは素敵ですね。

特にきちんとした和装の写真は、「アルバムにして両親や親族にプレゼントしたら、すごく喜んでもらえた」との声も。

手作りのアルバム

5 結婚式の演出などにも使える

前撮り写真は、記念になるだけじゃないんです。

早めに撮影しておけば、できあがった写真を結婚式で使うこともできます!

たとえば、式場入り口の案内板である「ウェルカムボード」や、ゲストの席次表などの「ペーパーアイテム」に写真を貼ったり。

披露宴で新郎新婦を紹介する「プロフィールムービー」に写真を入れたり。

前撮りの写真をパソコンに表示させた様子

式の後で「私たち結婚しました」の報告をする「結婚報告はがき」にも使えます。


いいことずくめの前撮りですが、やはり撮影にはお金と時間がかかります。

どのくらい費用がかかるのか、次にご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

前撮りの費用や写真の枚数は?

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によると、前撮りの費用相場として一番多かった回答は、8~10万円未満。

スタジオ撮影とロケーション撮影をそれぞれ見てみると、スタジオ撮影では、8~10万円が20.8%、続いて4~6万円が18.1%。

スタジオ撮影の費用相場

ロケーション撮影では、8~10万円が18.2%、10~12万円が15.3%と続きます。


ロケーション撮影の費用相場

ロケーション撮影の方が、撮影場所への移動費用がかかる分、高くなる傾向があるようです。

また、「写真の枚数」も費用に大きく影響します。
購入枚数の平均はこちら。

・スタジオ撮影で購入した枚数  …70.7カット
・ロケーション撮影で購入した枚数…115.9カット

ロケーション撮影の方が多いですね。

スタジオ撮影に比べて、基本的に撮影場所の数が多いからかもしれません。

車の中で女性の肩を抱く男性

費用についてはこちらの記事で、節約ポイントも併せて詳しく解説しています!

結婚式写真、前撮り、後撮りの費用相場は?

「このくらいの費用なら、前撮り、やってみてもいいかも?」
と思った人。

ここからは、気になる衣裳や小物、前撮り全体の流れについてご紹介していきます。

前撮りで人気の衣裳はコレ!

衣裳の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

人気の衣裳を見ていきましょう!

新婦の衣裳

ウェディングドレス

ウェディングドレスを着た女性

ウェディングドレスについては、
「リハーサルも兼ねて結婚式で着るのと同じものにした」
という人がいる一方、

「結婚式で着るものとは別に、気になっているドレスがあったからそれにした」
という人も。

色打掛(いろうちかけ)

色打掛を着た女性

「式当日とは違う衣裳を着たい!」という女性に人気の衣裳が、和装の色打掛。

色鮮やかで、とっても華やか!

おめでたい鶴や花の柄入りで、結婚写真にぴったりです。

前撮りでは特に、赤を基調としたものがよく見られます。

カラードレス

ブルーのカラードレスを着た女性

披露宴のお色直し(衣裳チェンジ)で定番のカラードレス。

「結婚式当日は最初から最後までウェディングドレスで過ごしたい」という人などは、お色直しをせず、前撮りでカラードレスを着るのもいいですね。

白無垢(しろむく)

白無垢を着た女性

真っ白な着物である白無垢は、まさに「花嫁のための和装」。

神社などでの挙式で着ることが多いですが、前撮りで着るのも素敵ですね。

新郎の衣裳

タキシード

黒のタキシードを着た男性

洋装ではタキシードが定番。

キリッとお洒落に決まります!

紋服(もんぷく)

黒の紋服を着た男性

新郎の前撮り衣裳では、和装の紋服が人気。

どっしりと構えた、落ち着きのある佇まいが素敵です。

新郎新婦ともに、衣裳の着用数は1着か2着が多いよう。

衣裳はスタジオでレンタルするのが基本ですが、中には自分で用意して持ち込む人も。

人気の衣裳は予約が埋まりやすいので、こだわりたい人は早めに動き出しましょう。

撮影小物、アクセサリー

撮影小物はどんなものがある?

写真撮影を盛り上げてくれる小物としては、

・ガーランド

壁に吊るされたガーランド

・フォトプロップス

たくさんのフォトプロップス

・額縁

額縁を使って撮影する新郎新婦

などが定番。

フォトプロップスのアイデアや作り方を知りたい方はこちらもチェックしてくださいね。

もはや結婚式の定番?!フォトプロップスの人気デザインや作り方をチェックしよう

和装なら傘や扇子、色とりどりの紙風船、それから赤い糸でふたりの指を結ぶなんていうのも素敵です。

以下の記事では和装に合う小道具のアイデアがたくさん!ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2022年版】和装前撮りの小物アイテム24選&映えるおしゃれな撮影アイデア実例

アクセサリーはどんなものがある?

女性のアクセサリーでは、髪につける花飾りが人気。

ピンクと白の花冠を付けた女性

和装なら「かんざし」、洋装ならネックレスやピアスをつける人も。

小物やアクセサリーは、定番のものだとスタジオで色んな種類を用意してあることが多いです。

「こんなものがないかな~」と気になったら、お店のHPを見たり、問い合わせをしたりして、確認してみましょう。

気になったお店に問い合わせようとしている女性

どんな流れで進める?

最後に、前撮り全体の流れを簡単にご紹介します。

STEP1
撮影の場所、衣裳、時期を決める

計画を立てる女性

STEP2
ふたりの希望に合う依頼先・プランを選ぶ

大きなカメラを持った女性

※依頼先の選び方についてはこちら

結婚式前の「前撮り」どこに頼む?スタジオ選びの基礎知識

STEP3
スタジオへ予約を入れ、後日、お店で打ち合わせをする

スタジオを電話で予約する女性

STEP4
撮影当日までの準備をする

必要なものを買いそろえた女性


※当日までの準備やチェックポイントについてはこちら

結婚式写真の前撮り、当日までの準備やチェックポイントまとめ!

また、せっかく前撮りをするなら納得のいく写真を撮りたいですよね。

撮影当日は緊張で表情が固まってしまったり、慣れないポーズをしたりすることも。

事前に笑顔の練習や希望のポーズを話し合っておくのがオススメです。

これらの記事も参考に「こんな写真が撮りたいな」とイメージを膨らませましょう!

結婚式や前撮りの写真、「楽しそう!」が伝わる撮り方・ポーズのアイデア集

【ウェディングフォトのポーズ集】前撮りやフォトウェディングで使えるアイデア50選

STEP5
撮影当日

カメラマンに撮影してもらう新婦

①衣裳の着付け、ヘアメイク
②ロケーション撮影の場合は、撮影場所へ移動
③撮影!
④スタジオへ戻って私服に着替え
⑤写真を選ぶ

あとは写真の出来上がりを待つだけです!

2冊のアルバム

打ち合わせの回数や当日の流れはスタジオによって違うことも。

ご紹介したのはあくまで「一般的な流れ」なので、詳しくは各スタジオに確認してくださいね。

結婚スタイルマガジンでは前撮りができる撮影スタジオをたくさん紹介しています。

結婚スタイルマガジン - フォトスタジオを探す

さらにここからWEB予約→撮影するだけで最大3万円分が割引になるお得な特典も!

前撮りを考えている人はぜひチェックしてみてください。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式より前の日に着物やドレスで写真を撮る「前撮り」。

メリットは、落ち着いて撮影ができる、結婚式とは別の衣裳が着られる、写真を結婚式の演出にも使える、など。

スタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があり、費用の相場は8~10万円未満。

衣裳は女性の和装なら色打掛や白無垢、男性の和装なら紋服が一般的。

洋装の場合、女性はウェディングドレス、男性はタキシードが人気です。

その他、ユニークな撮影小物や、こだわりのアクセサリーを取り入れてもOK。

ふたりでプランを練って、ぜひ前撮りを楽しんでみてくださいね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

「フォトウェディング・前撮り」の他の記事

「フォトウェディング・前撮り の基礎知識」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る