結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

女性から彼の両親へ、結婚挨拶の「例文集」!

音声で聴く!

0:00

0:00

自分の両親への挨拶が済んだら、次はいよいよ彼の実家へ!

ご両親と面識があってもなくても、いつもとは違って改まったご挨拶。

ドキドキしてしまいますよね。

できれば、訪問した瞬間から帰宅した後まで、ご両親には好印象を残したいもの。

そのために覚えておきたい「挨拶の例文集」をご紹介します。

ぜひ参考にしてください!

INDEX
【例文1】はじめに玄関で挨拶を
【例文2】部屋に入ってからの挨拶は?
【例文3】結婚挨拶!彼の後に何を言う?
【例文4】おいとまの挨拶も忘れずに
【例文5】帰宅後に電話でお礼を言おう

【例文1】はじめに玄関で挨拶を

彼の実家を訪ねたら、まずは玄関先で軽く自己紹介。

先に彼から「○○さんです」と紹介してもらって、その後に自分でも挨拶をします。

ここで必ず伝えたいことは、

・自己紹介
・時間を作ってくださったことへのお礼

の2つ。

初めての場合、
次のようにご挨拶するといいですよ。

【あいさつ例文】初めまして。○○と申します。今日はお忙しいなか、お時間をいただきましてありがとうございます。どうぞよろしくお願いします
ご両親の顔を正面から見て、明るくハキハキと話すようにしましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【例文2】部屋に入ってからの挨拶は?

客間に通されたら、全員が席に着くのを待って、改めてしっかりと挨拶をします。

【改めてのあいさつ例文】あらためまして、○○と申します。かねてより、△△さんとお付き合いさせていただいております。本日はお忙しいところお邪魔してすみません。お時間を空けてくださいまして、誠にありがとうございます

和室なら座布団を外した状態で、洋室なら椅子にかける前に挨拶するのがマナー。

挨拶の後は、深々と一礼すればさらに好印象です。

【例文3】結婚挨拶!彼の後に何を言う?

結婚報告の挨拶は、女性の実家でも男性の実家でも、男性から先に切り出します。

女性はその後に自分の言葉で挨拶しましょう。

・彼とお付き合いしていること
・彼への気持ち
・自分の実家へ挨拶したときの様子
・彼と温かい家庭を築いていきたいと思っていること

などを真心こめて伝えると、彼の両親も安心してくれるはずです。

では、具体的に何を言えばいいのか、例文を見てみましょう。

【結婚報告例文1】△△さんとは、以前より真剣にお付き合いをさせていただいておりまして、先日、△△さんから私の両親に結婚の挨拶をしてくださいました。私の両親も賛成してくれて、とても嬉しく思っています。私も△△さんと一緒に、温かい家庭を築いて行けたらと思っています。至らぬところも多い私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします

【結婚報告例文2】先日、△△さんからプロポーズをしていただき、昨日、私の両親にも承諾を得ました。これから△△さんのお父様・お母様とも、末長いお付き合いをさせていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします

長くて覚えられない…と不安になるかもしれませんが、ここが正念場!

事前に言いたいことを整理して、スムーズに伝えられるようにがんばってみましょう。

いちばん大切なのは、「彼のことを大切に思っていること」、「二人で温かい家庭を築きたいと思っていること」、この2点をきちんと伝えることです。

これさえ落ち着いて伝えることができれば、きっとご両親も喜んで受け入れてくれますよ!

【例文4】おいとまの挨拶も忘れずに

さて、
無事に挨拶も終わり、おいとまの時間になりました。

自分から「そろそろ失礼します」と切り出すのはなかなか難しいですよね。

事前に彼と打ち合わせて、彼の方から、

「そろそろ送っていくよ」

などと切り出してもらうと、スマートかもしれません。

おいとまするときは、ご両親にもう一度お礼を伝えましょう。

【おいとまのあいさつ例文】本日はどうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします
このように、今後のお付き合いへの言葉も入っているといいですね。

きっちりとお辞儀をしてご挨拶しましょう。

【例文5】帰宅後に電話でお礼を言おう

無事に挨拶を終えて、ほっとひと息。

でも、最後にもう一つ!やってほしいことがあるんです。

それは何かというと…?

(答え)
「帰宅してから電話を入れること」です。

【帰宅後のあいさつ例文】ただいま無事に帰宅しました。今日は長い時間お邪魔してしまってすみません。本当にありがとうございました

という風に、「無事家につきました」ということと、「その日のお礼」を改めて伝えましょう。

顔が見えない電話だからこそ、より誠意が伝わるよう丁寧に話すことが大切です。

まとめ

彼の実家への訪問で使える、両親への挨拶文例集をお届けしました。

一通りの挨拶を事前に準備して、覚えておくとベスト。

あくまで態度は控えめに、彼の家族を立てる言葉遣いを心がけましょう。

大切なのは、「誠意を持って気持ちを伝える」こと。

心を込めて挨拶をすれば、きっと彼のご両親にも好印象を持ってもらえますよ!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る