結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

服装に気をつけて!結婚挨拶で彼の両親が「嫁としてどうなのか…」と思う服装6選

音声で聴く!

0:00

0:00

彼のご両親への結婚挨拶。

挨拶の言葉もきっちり覚えて、ちゃんと言えるように練習もしたし、準備は万端!

でも、ちょっと待ってください。

「その服装は大丈夫かな…?」

服装選びを失敗してしまうと、せっかく準備をした挨拶も台無しに。

なるべくいい印象をもってもらえるように、「これだけはNG!」というラインを知っておきましょう。

INDEX
派手すぎる/地味すぎる色合い
露出の多い服装
カジュアルすぎるジーンズ
派手なヘアメイク、ネイル
夏のミュール、冬のブーツ
アクセサリーのつけすぎ

派手すぎる/地味すぎる色合い

服装選びのキーワードは「清楚&上品」!

彼の両親への結婚挨拶には、「派手すぎず、地味すぎず」の服装を心がけましょう。

服の色は、白、ベージュ、ピンクベージュ、淡いブルーなど、柔らかさのある明るい色がおすすめです。

原色や、派手な柄は避けたほうが無難。

第一印象に大切なのは

「私なりのオシャレ」…ではなくて
「清潔感」です!

反対に、黒一色などの暗い色使いも避けたほうがいいですね。

結婚というおめでたい話の場ですから、暗い色より明るい色の方が向いています。

また、グレーや紺のパンツスーツは、それだけだと「仕事中です」って感じがするので、少し堅すぎるかもしれません。

パンツスーツを着たい場合は、インナーやアクセサリーに柔らかい雰囲気のものを合わせて、女性らしさを演出しましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

露出の多い服装

ワンピースを選ぶにしてもスーツを選ぶにしても、スカートの丈は「膝が隠れるくらい」がベスト。

座ったときに太モモがあらわになるほど丈が短いものは、「ちょっと品がないな」と思われてしまいます。

また、胸元が大きく開いた服もあまりおすすめできません。夏場のノースリーブも、露出度が高く、挨拶の場にはふさわしくないと思われるかもしれませんね。

胸元がある程度詰まって、袖のある服が良いと思います。

カジュアルすぎるジーンズ

「ワンピースもスーツも持ってないよ~」という人。

ジーンズなど、あまりにもカジュアルな服装で挨拶に行くのは、ちょっと危険です。

ワンピースでも、ジャージ素材やニット生地だと、カジュアル度がすこし高い印象になってしまうものも。

服装選びを間違えてしまうと、彼のご両親から、

「一生に一度のことなのに、ちょっとだらしないかな~」

と、残念な印象を持たれてしまいます。

初対面なら、なおさら気をつけたいところ。

結婚への真剣さをご両親に伝えるためにも、手持ちに良い服がなければ、思い切って新調してみるのも、いいかもしれません。

派手なヘアメイク、ネイル

繰り返しになりますが、キーワードは「清楚&上品」。

明るすぎる茶髪、つけまつげやマスカラをたっぷり使った濃いアイメイクは、とても上品とは言えません。

メイクは「足し算ではなく、引き算で」を意識すれば上手くいきますよ。

髪が長い人はハーフアップにしてまとめ、シンプルな髪飾りをアクセントにすれば、清楚で清潔感のあるヘアスタイルに。

また、爪が長かったり派手なネイルアートをしていたりすると、「家事をしないのでは?」と思われてしまう可能性も。

色を塗るなら、ピンクやベージュなどのさりげないカラーを選んで、爪先にも清潔感を忘れずに!

結婚挨拶は、彼のご両親に結婚を認めてもらうのが目的。

努力も必要ですね。

夏のミュール、冬のブーツ

夏のミュールやサンダル。

結婚挨拶には、ものによってカジュアル過ぎる印象かもしれません。

また、サンダルやミュールだと、素足で彼の家に上がることになってしまいます。

素足でお家に上がるのはマナー違反。ご両親にも失礼になりますので、必ず「肌色のストッキング」を履いていきましょう。

素足がNGなのは夏だけでなく、どの季節でも同じ話です。

冬のブーツも避けたほうが無難。

玄関先で、ブーツを脱いだり履いたりするのに時間がかかってしまい、ご両親をお待たせしてしまうかも。

気まずいですね…。

結婚挨拶におすすめしたい靴は、「爪先が隠れる3〜5cmヒールのパンプス」です。

ただし、汚れていたり、ヒールのかかとが取れていたりしたらマイナスポイント。しっかりと手入れをしておきましょう。

また、冬の寒い日なら、ストッキングの替わりに、厚手のタイツを履いてもOKです。黒など、落ち着いた色を選ぶといいですね。

アクセサリーのつけすぎ

せっかくの「晴れの日」だから! と気合いを入れすぎて、アクセサリーをじゃらじゃらとつけていくのもマイナスポイント。

おしゃれをしたい気持ちはわかりますが、あまりにキラキラなものや、ボリュームのあるアクセサリーを身につけていくと、

ご両親から
「ちょっと派手だな…」とか、

「結婚相手には、もう少し控えめな方がいいんじゃないかしら…」

なんて思われてしまうことも。

何かをつけるにしても、小ぶりのパールピアスや、シンプルなネックレスなど、さりげないぐらいの物がちょうど良いですね。

また、挨拶の時に婚約指輪をしていると、
「もう結婚は決まりました!!」
という事後報告のように思われてしまう可能性があります。

本来なら、婚約指輪は両家の親に挨拶を済ませた後に結納などで贈るもの。

結婚の承諾をもらうために挨拶に行くのですから、もしプロポーズのときにすでにもらっていたとしても、婚約指輪はしていかないほうが良いでしょう。

ただ、前もって相手の両親が二人の結婚を了承していて、改めての挨拶にうかがうという場合は話が別です。

「○○さんからこちらの指輪を頂きました。とても嬉しいです」

と彼への感謝も込めてお披露目すれば、きっとご両親も喜んでくれますよ!

まとめ

「結婚挨拶で、これだけは避けたいNGな服装」
6つをご紹介しました。

結婚挨拶の当日は、女性らしさを感じさせつつ、清潔感と品のある服装が一番です。

彼のご両親に、「非常識な女性」「結婚相手としてちょっと…」という印象を与えないよう、「清楚&上品」でまとめた服装を心がけましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚報告・挨拶」の他の記事

「結婚報告・挨拶」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る