結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

20万~30万円台の婚約指輪、どんなものがあるの?おすすめを紹介!

婚約指輪

公式インスタグラムはじまりました!

婚約指輪は、婚約の記念に男性から女性へ贈られる一生ものの贈り物。

「婚約指輪は精一杯の気持ちを込めて贈りたいから・・・
お給料1~2ヶ月分くらいなら頑張りたい!」

という人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、20万~30万円台の婚約指輪の具体的なデザインをご紹介します。結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。一部NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

20万~30万円台の婚約指輪は安い?高い?

ひと昔前は、
“お給料の3ヶ月分”
なんて言われていた婚約指輪ですが・・・

3か月分のカレンダー

そもそも、予算20万~30万円台の婚約指輪は安いのでしょうか?高いのでしょうか?

婚約指輪の相場を知るべく、「結婚スタイルマガジントレンド調査2019」を見ていきましょう。

実際に婚約指輪を購入した男性に、かかった金額を聞いたところ、
【30万円~40万円未満】と回答した人が25.2%でもっとも多い結果に。

次いで、【20万円~30万円未満】が22.3%で続きます。

婚約指輪は20万円台もしくは30万円台で購入した人が47.5%と、約半数を占めていることがわかりました。

婚約指輪を20万円もしくは30万円台で購入した人の割合、47.5%を表したグラフ

婚約指輪の予算20万~30万円台は平均的と考えて良さそうですね。

婚約指輪の相場について詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

婚約指輪の予算ってどれくらい?平均金額は?決め方や彼女が期待する金額も紹介

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円分ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

婚約指輪の価格は何で決まる?

続いて、婚約指輪の価格は何によって決まるのか見ていきましょう。

婚約指輪の価格は主に、「リング部分(枠)」と「ダイヤモンド」のふたつの金額を足した合計で決まります。

「リング部分(枠)」+「ダイヤモンド」=婚約指輪

まずは、「リング部分(枠)」についてお話しますね。

婚約指輪の素材として定番なのは、プラチナやゴールド。

どちらの金属も安定していて、婚約の証として贈られる婚約指輪にふさわしい素材です。

特にプラチナの人気は高く、婚約指輪を購入した人の内、73.9%が婚約指輪の素材にプラチナを選んでいます。

もし、婚約指輪の価格を抑えたいなら、プラチナではなくゴールドの素材を選んでみるのもあり。

プラチナは加工がむずかしく精錬コストがかかることから、プラチナ製品よりゴールド製品のほうが、安い価格で購入できる場合が多いようです。

NIWAKA の婚約指輪 白鈴(しろすず)

白鈴(しろすず)

婚約指輪の素材について気になる人はこちらをどうぞ。

婚約・結婚指輪の素材「プラチナ」「ゴールド」「ピンクゴールド」って何?

続いて、「ダイヤモンド」についてお話します。

婚約指輪の価格に大きく影響するのがダイヤモンド。

ダイヤモンド

ダイヤモンドの価値は、国際的なダイヤの鑑定機関であるGIA(米国宝石学会)が考案した「4C」と呼ばれる基準によって評価されます。

4Cとは・・・

・カット(Cut)
・カラー(Color)
・クラリティ(Clarity)
・カラット(Carat)

の4つの基準の頭文字を総称したもの。

ダイヤモンドの価値はこの4つの基準によって総合的に判断されます。

そのため、同じ大きさのダイヤでも、価格に数十万円ほど差が出ることがあります。

また、小さくても無色で透明度の高いダイヤだと価値が上がるため、サイズが大きいダイヤよりも高い値がつくこともあります。

小さいが無色で透明度の高いダイヤと大きく色の付いたダイヤの価格の比較

ダイヤモンドの評価基準である「4C」について詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

ダイヤモンドの価格が決まる評価基準「4C」って知ってる?

婚約指輪に留められるダイヤの
一般的なカラット数は?

4Cの中でも価値がわかりやすいものは「カラット」でしょう。

カラットは重さの単位ですが、重さが増すと大きさも増すので、大きさの目安として使われます。

測りに乗せたダイヤモンド

一般的に婚約指輪に選ばれているダイヤモンドの大きさはどれくらいなのでしょうか。

ダイヤモンドのカラット数を、婚約指輪をもらった既婚女性に聞いたところ・・・

もっとも多かったのは【0.2~0.3ct未満】で29.4%。

次いで【0.3~0.4ct未満】が22.6%で続きました。

婚約指輪を購入するときの目安にしてみてください。

婚約指輪のダイヤの平均の大きさについて詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

婚約指輪のダイヤ、平均の大きさは?1カラット、0.5カラット、0.3カラット?

それでは、20万~30万円台の婚約指輪を紹介します。

婚約指輪を買いに向かう男性

20万円台の婚約指輪

まずは、20万円台で販売されている一粒タイプ(ダイヤモンドが一石留められたもの)の婚約指輪から紹介します。

婚約指輪の各部の名称については、下の図を参考にしてください。

婚約指輪の各部の名勝 「中石(なかいし)」、「爪(つめ)」、「脇石(わきいし)」、「腕(うで)」、「石座(いしざ)」

一粒タイプ

NIWAKA の婚約指輪 パレパレ
248,600円~

「パレ」はフラットで平らな形状の腕と、四角い形をした「バゲットカット」のダイヤモンドがクールな印象の婚約指輪。

中央に留められたダイヤモンドは0.14カラットです。

0.20カラット以上のダイヤモンドが入った婚約指輪を求めているなら、こんなデザインはいかがでしょう。

NIWAKA の婚約指輪 花雪(はなゆき)花雪(はなゆき)
265,100円~

NIWAKA の婚約指輪 結(ゆい)結(ゆい)
277,200円~

NIWAKA の婚約指輪 ことほぎ アーム透かしなしことほぎ アーム透かしなし
299,200円~

中央のダイヤモンドを高く掲げたデザインは、ダイヤモンドの輝きをさらに引き立てます。

美しさを極めたフォルムがシンプルなデザインに特別感を与える婚約指輪です。

下の「初桜(ういざくら)」は、ダイヤモンドを枝に咲く桜の花に見立てた婚約指輪。

NIWAKA の婚約指輪 初桜(ういざくら)初桜(ういざくら)
289,300円~

腕の形がV字になっているので、つけたときに指をすっきりと長く見せてくれます。

その他、爪を使わずに、ダイヤモンドをぴったりとはめ込んで留める埋め込みタイプの婚約指輪もおしゃれ。

NIWAKA の婚約指輪 暁(あかつき)暁(あかつき)
294,800円~

腕で抱え込むようにしてダイヤを留めているデザインの「暁(あかつき)」は、ひっかかりが気になりにくく、使いやすいデザインです。

メレタイプ

小粒のダイヤモンド(メレダイヤ)が留められたメレタイプの婚約指輪には、さまざまなバリエーションがあります。

NIWAKA の婚約指輪 露華(ろか)露華(ろか)
280,500円〜

NIWAKA の婚約指輪 木洩日(こもれび)木洩日(こもれび)
277,200円~

NIWAKA の婚約指輪 白鈴(しろすず)白鈴(しろすず)
292,600円~

上の「白鈴(しろすず)」はリングの中央に配された大粒のダイヤモンドの左右に、一粒ずつ脇石(メレダイヤモンド)が添えられたデザイン。

寄り添うように留められたメレダイヤが可愛らしい印象を与えてくれます。

エタニティタイプ

「エタニティリング」は、リング上に同じ大きさのダイヤモンドが並んで留められた指輪。

リングの全周にダイヤモンドが留められたデザインを「フルエタニティリング」、リングの半周にダイヤが留められたものを「ハーフエタニティリング」と言います。

「フルエタニティリング」と「ハーフエタニティリング」

素材をゴールドにすれば、フルエタニティリングでありながら20万円台で購入できるようになることも。

NIWAKA の婚約指輪 フェイス YF02フェイス YF02
257,400円~

「フェイス」は、ホワイトカラーのゴールドであるホワイトゴールドを使用したフルエタニティリング。

NIWAKA(ニワカ)のホワイトゴールドはプラチナを10%配合し、コーティングを施さないので、メッキがはがれる心配もなく安心して使えます。

また、ダイヤモンドが留められている部分はプラチナを使っており、手を動かすたびにまばゆい光を放ちます。


ダイヤモンドがリングの半周に留められたハーフエタニティタイプなら、プラチナ素材のものでも20万円台で購入できますよ。

NIWAKA の婚約指輪 ことほぎ ナチュラルタイプ メレ・ハーフことほぎ ナチュラルタイプ メレ・ハーフ
268,400円~

素材にゴールドが使われたリング

おしゃれにファッションリング感覚で婚約指輪をつけたいなら、こんなデザインはいかがでしょう。

NIWAKA の婚約指輪 サンティエサンティエ
257,400円~

上の「サンティエ」はミル打ちという小さな粒が施されたイエローゴールドの腕と、プラチナでできた王冠のような石座が特徴的な婚約指輪。

NIWAKA の婚約指輪 アルクアルク
284,900円~

「アルク」は、ダイヤを留めるゴールドのフォルムが橋を思わせるデザイン。

丸い形をしたダイヤモンドのまばゆい輝きと、気品溢れるバゲットカットのふたつの輝きを楽しむことができます。

30万円台の婚約指輪

30万~40万円未満は婚約指輪の中心価格帯なので、デザインバリエーションが充実しているブランドが多いです。

これくらいの予算があれば、色んなデザインを検討できるので、婚約指輪選びがより楽しくなるでしょう。

色んなデザインの指輪を思い浮かべてワクワクしている女性

メレダイヤをたくさんあしらった華やかなデザインや、腕(アーム)にデザイン性やボリューム感がある婚約指輪なども選べます。

先ほど紹介した20万円台の婚約指輪を選び、ダイヤモンドのカラット数を大きくするのも良いでしょう。

ダイヤモンドの大きさを抑えてグレードにこだわるのも良いですね。

それでは、30万円台の婚約指輪をご紹介します。

NIWAKA の婚約指輪 瑞穂波(みずほなみ)瑞穂波(みずほなみ)
382,800円~

30万円台となると「瑞穂波(みずほなみ)」のようなボリューム感のあるデザインの婚約指輪も選べるように。

ダイヤだけでなくマテリアル(素材)の輝きも存分に楽しめます。

アーム部分にメレダイヤを散りばめたデザインは、シンプルな中にも華やかさが生まれます。

NIWAKA の婚約指輪 唐花(からはな)メレあり、片側唐花(からはな)メレあり、片側
302,500円~

「唐花(からはな)」は、有機的なフォルムに沿って大小異なるメレダイヤが留められたデザイン。

リング全体に続くやわらかな曲線が優美な印象を感じさせます。

NIWAKA の婚約指輪 かれん メレありかれん メレあり
317,900円~

NIWAKA の婚約指輪 パルファンパルファン
319,000円~

上の「パルファン」には、ダイヤが連なって留められた腕に繊細な細工のミルが施されており、華やかさと上品さを兼ね備えています。

NIWAKA の婚約指輪 睡蓮(すいれん)メレあり睡蓮(すいれん)メレあり
342,100円~

「睡蓮(すいれん)」は中心にむかってアーム部分が絞り込まれているため、中心のダイヤモンドが大きく見える効果もあります。

NIWAKA の婚約指輪 ことほぎ メレあり、アーム透かしありことほぎ メレあり、アーム透かしあり
367,400円~

「ことほぎ」は、アームの金属部分にカットが施されていることで輝きが増し、より豪華な印象となります。

NIWAKA の婚約指輪 花麗(はなうらら)メレあり、ロング花麗(はなうらら)メレあり、ロング
350,900円~

「花麗(はなうらら)」は、一体感のあるダイヤモンドの輝きと、上品に仕上げられた腕のやわらかい曲線で、麗らかに咲き誇るお花を完成度高く表現しています。

NIWAKA の婚約指輪 八重霞(やえがすみ)メレあり八重霞(やえがすみ)メレあり
380,600円~

「八重霞(やえがすみ)」は、ダイヤモンドの周りを金属で囲んだ覆輪(ふくりん)タイプの婚約指輪。

側面の隙間から光を取り込むことで、一般的な覆輪タイプのデザインよりもダイヤモンドが強く輝きます。

NIWAKA の婚約指輪 ことほぎ メレフルことほぎ ナチュラルタイプ メレ・フル
336,600円~

こちらは、先ほど紹介した「ことほぎ」と同じデザインですが、さらにたくさんのダイヤモンドが留められたフルエタニティリング。

なんと最小サイズの1号で作っても、留められているダイアを合計すると約0.6カラット程になるデザインです。

一般的な婚約指輪の中央に留められるダイヤモンドのカラット数よりも大きいのに、30万円台なんて魅力的ですね。


華やかでインパクトのあるダイヤモンドリングを身につけたいならこんなデザインはいかがでしょう。

NIWAKA の婚約指輪 コリーヌコリーヌ
314,600円~

つや消し加工のゴールドに、白く輝くダイヤモンドが際立ちます。

ダイヤモンドを留める爪はプラチナ素材になっているので、一回りダイヤモンドが大きく華やかに見えるのも特徴です。

紹介したデザイン以外にも20万~30万円台で購入できる婚約指輪はあるので、こちらもぜひ見てみてください。

婚約指輪|結婚指輪・婚約指輪|俄 NIWAKA

「結婚スタイルマガジントレンド調査2019」
婚約指輪・結婚指輪に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍5年以内の男女
調査時期:2019年1月
対象人数:男性500人 女性500人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円分ご祝儀もらえる!

まとめ

アンケートによると婚約指輪は20万円台もしくは30万円台で購入した人が47.5%と、約半数を占めていることがわかりました。

婚約指輪の予算20万~30万円台は平均的と考えて良さそうです。

特に30万円台は中心価格帯なので、デザインバリエーションが充実しているブランドが多いです。

これくらいの予算があれば、デザインの幅が広がり、ダイヤモンドのグレードもこだわることができるでしょう。

価格帯が同じでも腕(アーム)に華やかさを求めるか、ダイヤの大きさや質を求めるかで選べるデザインは変わってきます。

実際にお店を訪れてみてお店のスタッフに予算と、好みや外したくない条件を伝えてみましょう。

予算を踏まえた上で、ふたりにふさわしい婚約指輪を提案してくれるはずですよ。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「婚約指輪」の他の記事

「婚約指輪の価格」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る