結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

「親族のみの食事会」スタイルの結婚式、会場の選び方は?

最近、「親族のみの食事会」スタイルの結婚式を挙げる人が増えています。

あまり聞いたことがないという人も多いかもしれませんね。

いったい、どんな特徴があるのでしょう?

会場を選ぶときのポイントや、オススメの会場タイプなど、「親族のみの食事会」のあれこれをお届けします。

INDEX
「親族のみの食事会」の特徴とは?
挙式ってするの?
会場選びのポイント
食事会におすすめの会場
演出や余興はどうする?

「親族のみの食事会」の特徴とは?

まずは、「親族のみの食事会」がどんなものか一緒に見ていきましょう。

親族のみで行う食事会は、言ってしまえば身内だけの会なので、自由度が高いことが大きな特徴。

一人ひとりとゆっくり話す時間があるので、アットホームな雰囲気を楽しめます。

少人数が基本なので、会場の人数制限を気にしなくてよいところもポイント。

レストランや料亭、ホテルなど、幅広い会場から選べます。

また、豪華な演出や会場の装飾はしないことが多いので、一般的な結婚式より費用を抑えやすいのも魅力です。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

挙式ってするの?

特に決まりはありませんが、食事会の前に、教会や神社など、別の場所で式を挙げるプランが人気なようです。

エントランスで挙式ができる会場もありますし、最近は独立型チャペルがついているレストランなんかも登場!

専門の結婚式場でなくても、挙式をすることができるようです。

ウェディングドレスのレンタルサービスを行っている会場もあるので、ドレスを着たい場合は、事前に会場に相談してみてください。

会場選びのポイント

それでは、食事会の会場を選ぶときにおさえておきたいポイントを5つご紹介します。

【1】料理

料理は食事会のメインなので、内容にはこだわりたいところ。

彩り鮮やかな高級フレンチや日本料理など、ランクが高めの料理を選ぶと喜ばれそうです。

店によっては、結婚式用の「お食事会コース」を用意しているところも。

また、料理に次のような演出を取り入れてもOKです。

・シェフがゲストの目の前でお肉を切り分けてサーブしてくれる「カービングサービス」

・シェフによるメニュー紹介や食材についての説明

少人数の食事会だからこそ、出席者のアレルギーや好き嫌いなどはしっかりリサーチしておきましょう。

【2】雰囲気

会場の雰囲気は、食事会の雰囲気を左右する大きなポイントです。

たとえば、「明るく和やかな時間を楽しみたい」という場合は、「大きな窓がある開放的な会場を選ぶ」など。

どんな雰囲気の食事会にしたいかを考えて、会場を選ぶことが大切です。

【3】アクセス

親族のみの食事会は、比較的、年配のゲストが多くなりがちのようです。

年配の方に長い距離を歩かせたりしては申し訳ないので、次のことをチェックしておきましょう。

・駅からのアクセスの良さ
・会場で送迎車を用意してもらえるか

2人の地元が離れている場合は、どちらかの親族に負担がかかりすぎないように気遣いを。

ゲストの交通費や宿泊費を、ある程度2人で負担した方がいいかもしれません。

もしくは、2人の地元の中間地点を選ぶという手も。

この点については、両親にも相談してみた方が良さそうです。

【4】ロケーション

食事会では、会場から見える風景にもこだわるとGOOD。

たとえば、こんな会場はいかがでしょうか?

・海の見えるビーチサイドのレストラン

・静かに輝く夜景を見渡せるホテル最上階の会場

・緑に癒される日本庭園つきの料亭

美しい景色を眺めながら、こだわりの料理を楽しむ・・・

なんとも素敵なおもてなしですね。

ふたりや家族がよく訪れた街のレストランなど、「思い出の場所」を選ぶのもおすすめです。

【5】サービス

会場スタッフのおもてなしは、食事会の雰囲気に大きく関わってきます。

食事会に慣れている会場なら、サービスも丁寧で臨機応変に対応してくれるはずです。

特に、会の進行を上手くサポートしてもらえるかは大切なポイント。

一般的な結婚式では司会が進行をしてくれますが、食事会では司会を立てず、2人が進行していくことがほとんどです。

会の主役として、ゲストとの会話や記念撮影をしつつ、進行のことまで考える・・・

これはなかなか大変です。

でも、食事会に慣れている会場であれば、スタッフに進行のチェックを任せられます。

挨拶や家族紹介などのタイミングで声をかけてもらうよう、事前にお願いしておけば、2人は食事会に集中できるはず。


また、専門プランナーが事前に会の進行や演出のタイミングについてアドバイスをくれることもあります。

気になることは前もって相談しておくのがオススメです。

食事会におすすめの会場

どんな会場を選んでもOKですが、オススメしたいのは、プライベートな時間が過ごせる個室完備の会場や、貸切にできる会場。

いくつか具体的な例をリストアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

レストラン

個室のある高級レストランは、食事会に慣れていることも多いので、最も利用しやすい会場のひとつ。

セレモニースペースや独立型チャペルがついているお店もあるので、挙式をしたいという2人にもおすすめです。

老舗料亭

親族に年配の方が多く、ゆったりと落ち着いた時間を過ごしたい人には、風格ある老舗料亭が人気。

もちろん、和食好きのゲストが多い場合にもぴったりです。

ホテル

サービスや施設の充実度が魅力のホテル。

ホテルなら宿泊の手配もスムーズなので、遠方からのゲストが多い場合は特にオススメできます。

結婚式場

「食事会とはいえ、多少は演出にもこだわりたい」

という人は、披露宴で演出に慣れている結婚式場を選ぶのもひとつの手。

年配のゲストのことを考えて、段差が少ないなどのバリアフリーな会場を選びましょう。

演出や余興はどうする?

親族だけの食事会では、豪華な演出をする人は少ないようです。

とはいえ、本当に何もしないと「ただ集まって食事をするだけ」の会になってしまうかも・・・

ほどよくセレモニー感を出すためには、ポイントを絞って演出を盛りこむのがオススメです。

たとえば、

・両親への花束贈呈
・全員での記念撮影
・2人のプロフィールムービーの上映
・新郎新婦の挨拶
・両親の挨拶

など、お祝いの席にふさわしい演出を少し盛り込むだけで、特別感も増しますよ。

会場のスタッフに、どんな演出ができるか聞いてみても良さそうです。

まとめ

親族のみでアットホームに行う、食事会スタイルの結婚式。

食事会とひと言でいっても、

・どんな店を選ぶのか
・挙式はするのか
・演出はするのか

などによって、雰囲気も大きく変わるようです。

一生に一度の大切な日なので、少し特別感のある会場を選ぶと思い出にも残りそうですね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式場探し」の他の記事

「結婚式場探し」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る