結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

まさかの結婚式キャンセル!結婚式場のキャンセル料っておいくら?

音声で聴く!

0:00

0:00

もし結婚式をキャンセルすることになったら・・・
気になるのが「キャンセル料」ですよね。

ここでは、結婚式場のキャンセル料が「どんな時に」「どんな理由で」かかるのかといった基礎知識をご紹介。

他にも、キャンセル料の金額の相場や、延期の場合のキャンセル料など、気になる情報が満載です。

ぜひ参考にしてください!

INDEX
キャンセル料がかかるのはどんな時?
どうしてキャンセル料がかかるの?
キャンセル料の相場は時期によって違う
事前確認が大切!
「延期」の場合はどうなる?
キャンセル料を補償してくれる保険も!

キャンセル料がかかるのはどんな時?

一般的に、結婚式場への「本予約」をした後で式をキャンセルするためには、キャンセル料がかかります。

「本予約」とは、式場と契約書を取り交わして行う「正式な予約」。

これに対して、「本予約」の前に1週間~10日ほどの短期間だけ、仮で式場を押さえられるのが「仮予約」です。

「仮予約」は「どの式場にしようかな」と迷っている式場探し中の人が利用するもので、基本的にキャンセル料はかかりません。

「キャンセル料がかかるのは『本予約』後」という点をまず押さえておきましょう。


ただ、本予約の後でもキャンセル料がかからない場合もあります。

それは、「式場側の都合で結婚式ができない」ケース。

たとえば、何らかの事故や災害で、式当日に結婚式会場が使えないといった場合ですね。

逆に言うと、「式場側の都合」を除けば、キャンセル料はかかるのが基本。

結婚式の直前に身内に不幸があったり、新郎新婦のどちらかがケガで入院したり・・・

といった「やむをえない事情」でも、式場側に責任がない限り、キャンセル料はかかるんですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どうしてキャンセル料がかかるの?

キャンセル料がかかる理由の1つは、「式場側の準備コストを支払う必要があるから」。

結婚式のために、式場では式のプランニングから必要なものの手配まで、いろいろ準備をしてくれます。

たとえ式を行わなくても、キャンセルするまでの準備の段階でコストがかかっているので、その分キャンセル料を払うのです。


また、結婚式場と契約をするということは、式の日取りを押さえるということ。

もし他のカップルがその日取りで式を挙げたいと思っても、式場は断らなければなりません。

キャンセル料は、本来その日取りで行われるはずだった挙式に対する「賠償金」でもあるんですね。

キャンセル料の相場は時期によって違う

先ほどお伝えした通り、キャンセル料はキャンセルまでに式場側が行った準備に対して支払うもの。

そのため、準備が進めば進むほど・・・つまり挙式日が近づけば近づくほど、高くなるのが一般的です。

ということで、ここでは「時期ごとの相場」をご紹介しますね。

もちろん、式場によってキャンセル料の設定は違うので、ここでお届けするのはあくまで一例として、参考程度に考えてください。

詳しくは式場との契約書をしっかり確認する必要があります。

「内金」というのは、式場に本予約をするときに払う「申込金」のようなもの。

式場によって違いますが、5~10万円ほどが相場です。

キャンセル時期が早い場合は、この「内金」からキャンセル料を計算することが多いよう。

挙式が近づいてくると、キャンセル料は「内金」ではなく、結婚式費用の「見積額」の○%という形で計算されます。

仮に見積額が300万円だとしたら、キャンセル料は10%でも30万円、40%だと120万円・・・。

さらに、結婚式で使うアイテムなどを、既に式場が外部業者へ発注or手配してしまった場合は、その費用がキャンセル料に加算されることも。

事前確認が大切!

金額が大きくなりがちなキャンセル料だからこそ、大切なのが「事前確認」。

・挙式何か月前からキャンセル料が発生するのか
・時期ごとのキャンセル料の金額

この2つは最低限、本予約の前に契約書に目を通して、しっかり確認を。

分からないことがあれば、式場の担当者に聞いて、説明してもらいましょう。


また、式自体はキャンセルしない人でも、

「ドレスをキャンセルして別のものにしたい」

といった場合、「ドレスのキャンセル料」がかかることはあります。

こういった「項目ごとのキャンセル料」についても確認しておくと良いですね。


それから、本予約の前に「仮予約」をする場合は、「仮予約の期間はいつまでか」をチェック。

念のため、「仮予約のキャンセルにキャンセル料はかからないのか」も確認しておきましょう。

「延期」の場合はどうなる?

結婚式をキャンセルではなく「延期」したい場合、キャンセル料はかかるのでしょうか?

多いのは、「延期の期間や日時によってはキャンセル料がかかる」と条件つきになっているケースのようです。

たとえば、
「元々の挙式予定日から、1年以上後の日時へ延期する場合は、キャンセル料がかかる」
といった感じですね。

もちろん、こちらも式場側によって決まりが違いますので、必ず事前に契約書の内容を確認しておきましょう。

キャンセル料を補償してくれる保険も!

最近では「もしもの事態」での結婚式キャンセルに備えられる「結婚式保険」も登場しています。

入院や身内の不幸、災害など、やむをえない理由でのキャンセルに対して、保障として保険金が下りるんです。

おおむね数万円の料金で加入できるようなので、「もしもの時」が心配な人は利用を考えてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

結婚式のキャンセル料は、結婚式場との正式な契約である「本予約」を交わした後のキャンセルで発生するもの。

本予約の前の「仮予約」では基本的に発生しないということでしたね。

キャンセル料は、挙式の予定日が近づくにつれて高くなり、「結婚式費用の見積額の○%」という風に計算されることが多いようです。

もちろん、式場によってキャンセル料の設定はさまざまなので、必ず本予約の前に契約書で内容をしっかり確認しましょう。

ケガや災害など、もしもの事態が心配な人は、キャンセル料を補償してくれる保険への加入を検討しても良いかもしれません。

  • LINEで送る

「結婚式費用」の他の記事

「結婚式費用」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る