結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

失敗しない会場装花の打ち合わせのコツは?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式会場の印象を左右する会場装花。

理想どおりの装花でバッチリ決めたいところですよね。

そこで重要なのが、当日の装花を手がけてくれるフローリストとの打ち合わせ。

打ち合わせで行うことやフローリストに希望を上手に伝える方法、事前に準備しておきたいことなど、打ち合わせのポイントをご紹介します。

INDEX
打ち合わせでは何をするの?
【コツ1】希望のイメージを決めておく
【コツ2】装花やドレスの写真を用意する
【コツ3】予算やこだわることを決めておく
【コツ4】プロの意見を聞く

打ち合わせでは何をするの?

打ち合わせのコツをご紹介する前に、打ち合わせの内容をざっと見ておきましょう。

フローリストとの装花の打ち合わせは、だいたい1~2回程度。

衣裳や料理、ヘアメイクなどが決まった後、全体の準備スケジュールの中では後半の時期に行われることが多いようです。

結婚式場にもよりますが、本番の2ヶ月前ぐらいが目安です。

打ち合わせでは次のようなことを行います。

1 希望のイメージや好みのヒアリング

打ち合わせでまず行うのは、フローリストに二人の希望や好みを知ってもらうこと。

装花のカタログやサンプル写真からいくつか気になる装花を選んだり、希望の装花のイメージを伝えたりします。

とはいえ、装花の希望ははっきり決まっていないことも多いので、装花そのものだけでなく、

・どんな雰囲気の結婚式にしたいのか
・結婚式のテーマ
・二人の好きな色
・好きな花はあるか

など、結婚式全体のことや二人の好みについても聞かれることが多いようです。

2 花や飾り方などの相談

ヒアリングした内容や、カタログなどからピックアップした装花の例をもとに、どんな装花がいいか、具体的に話し合って決めていきます。

・花の種類(花材)
・装花の色
・装花のボリューム・高さ
・飾る場所や飾り方

フローリストによっては、ざっくり決めた上記の内容を後日デッサンやイメージ画像などに再現してもらえるケースもあるようです。

見積もりもあわせてもらいます。

3 予算などによる調整と決定

フローリストに提案してもらった装花について、調整を行います。

装花の内容も費用も問題なければOKですが、
イメージ案を見て、

「もう少しグリーンを増やしてほしい」

など、変えてほしいところがあれば修正のお願いをします。

また、見積もり金額が予算を超えている場合も、予算内におさまるように使う花の種類を変えたり、装花を減らす部分などを話し合います。

調整をして、納得できる装花のイメージができたら終了。

ここまでが、おおまかな打ち合わせの流れです。

では、この打ち合わせを上手に進めて理想の装花にしてもらうには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

4つのコツを見てみましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【コツ1】希望のイメージを決めておく

先ほどお伝えしたように、打ち合わせでは装花の希望イメージや結婚式のテーマなどについて聞かれます。

でも、突然希望のイメージを聞かれても、なかなか答えられない人もいるかもしれませんね。

また、二人の意見が違っていた場合、意見をすり合わせるのに時間を費やすことになる可能性も・・・。

限られた打ち合わせの時間は有効に使いたいもの。

ですので、例えば

「挙式の時期が8月なので、夏らしく爽やかな雰囲気がいい」

「グリーン多めのナチュラルな感じで」

「チューリップが好きなので、チューリップをたくさん使ってほしい」

など、簡単でもいいので事前に二人で希望を考えておきましょう。

当日の打ち合わせがスムーズに進みますよ。

【コツ2】装花やドレスの写真を用意する

「装花にはとことんこだわりたい!」

「すでに理想の装花のイメージがある!」

そんなこだわり派は、好きな装花の写真を集めて、打ち合わせに持って行くのがおすすめ。

装花のイメージや、花の微妙な色合いなどを言葉であらわすのは難しいもの。

ネットや書籍などで気になる装花の写真や画像を集めておき、打ち合わせでフローリストに見てもらいましょう。

写真は何枚か用意しておくと、フローリストも好みや特徴をつかみやすいようですよ。


また、結婚式で着る予定のウェディングドレスやカラードレスの写真も持って行くとGOOD。

フローリストによっては、ドレスの雰囲気や形を参考にしたり、ドレスに合った装花を提案してくれることもあります。

【コツ3】予算やこだわることを決めておく

予算を決めておこう

装花を決めるときに、ネックになりやすいのが費用。

装花の費用は、だいたい予想よりも高くなることが多いよう。

理想を忠実に再現したり、単価の高い花を使ったらすぐに予算オーバー!なんてことも。

「予算は控えめでお願いします」とフローリストに伝えても、具体的な金額がわからなければフローリストも調整しにくいもの。

例えば15万円など、あらかじめ装花にかけられる予算を二人で決めておきましょう。

そして、打ち合わせの最初にフローリストに予算を伝え、予算内で提案してもらえるようにお願いすると費用面での調整が少なくてすみます。

こだわる場所やポイントを決めよう

装花でこだわりたい場所やポイントを決めておくのも有効です。

装花はメインテーブルやゲストテーブルのほか、ウェディングケーキをのせる台やスピーチ用のマイク、受付のテーブルなどに施すことも。

装花をする場所やアイテムが多ければ多いほど費用がかかります。

前もって装花を取り入れたい場所やアイテムの優先順位を考えておくと、予算オーバーになったときに削るところを決めやすくなります。

あわせて、ボリューム重視なのか、花やグリーンの色や種類にこだわりたいのか、ポイントも考えておくとバッチリです。

【コツ4】プロの意見を聞く

最後のコツはフローリストの意見やアドバイスを聞くこと。

フローリストはお花のプロ。

とくに日頃から結婚式の装花を担当しているフローリストは、装花の知識も経験もたくさん持っています。


細かく花の種類を指定したり、希望やこだわりを色々伝えてお願いするのもアリですが・・・

プロの意見を聞いたり、アドバイスを取り入れた方が上手くいくこともあるようです。

装花に対してとくに希望やこだわりがない場合、

「簡単な希望のイメージだけ伝えてフローリストにおまかせするのが一番」

という意見もあります。

とは言っても、フローリストから提案された案がどうもしっくりこない、という場合もあるかもしれませんね。

そんなときは

「このピンク色の花をあと2割ほど増やしてほしい」

など、要望を具体的に伝えましょう。

先ほどご紹介したように、理想のイメージに近い写真を見てもらうのもおすすめです。

まとめ

結婚式準備の後半で行うことの多い装花の打ち合わせ。

打ち合わせは、二人の希望のイメージやテーマをもとに、フローリストと相談しながら内容を考えていく流れが一般的です。

主な打ち合わせのコツは4つあります。

・希望のイメージを決めておく 
・装花やドレスの写真を用意する
・予算やこだわることを決めておく
・プロの意見を聞く

結婚式を彩る大切な装花。ぜひご紹介したコツを参考に理想の装花にしてくださいね。

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る