結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

そもそも装花とは?結婚式の会場装花のキホンを知ろう!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式を盛り上げる重要なアイテム「装花(そうか)」。

結婚式に出席したことのある人なら、会場の至るところに飾られたお花を目にした人も多いかもしれませんね。

今回は装花の意味や役割、代表的な種類など、装花のキホンをまとめてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

INDEX
装花の意味や役割は?
挙式会場の装花
披露宴会場の装花

装花の意味や役割は?

「装花(そうか)」とは、挙式会場や披露宴会場を飾るお花のこと。

「会場装花」と呼ばれることもあります。

結婚式場やフラワー業界で使われることが多い言葉で、結婚式特有の言葉と言えるかもしれません。

装花は、結婚式全体を華やかに演出してくれる大切なアイテムのひとつ。

装花として選んだ花の色や、その花が持つイメージによって、会場の雰囲気を自由にアレンジすることができます。

希望や予算などをもとに、どの花をどこにセッティングするかフローリストと相談しながら決めるのが一般的です。

ただ、ひとくちに装花と言っても花を飾る場所はさまざま。

会場でゲストがよく目にするところからさりげない場所まで、結婚式ではたくさんお花が使われているんです。

実際にどんな装花があるのか、会場の場所ごとに見てみましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

挙式会場の装花

まずは挙式会場内の装花から。

一般的に教会やチャペルなどで結婚式をする場合、次のような装花で飾ります。

1 祭壇装花

祭壇装花とはその名のとおり、新郎新婦が結婚を誓う祭壇に飾る装花のこと。

祭壇の上や両隣に飾るタイプが一般的です。

使われる花の色は、神聖な挙式に合わせて白系が主流。

厳かな雰囲気を醸し出します。

2 チェアフラワー

チャペルや教会のゲスト用の椅子を飾る「チェアフラワー」。

ベンチフラワーとも呼ばれます。

この装花は、会場に華やかさをプラスするためのもの。

バージンロードのすぐ脇の椅子に飾ります。

3 フラワーバージンロード

フラワーバージンロードとは、バージンロードを花で飾る演出のこと。

フラワーバージンロードには主に

・バージンロードの両脇に花びらを撒くタイプ

・バージンロードに生花や造花を敷き詰めるタイプ

の2つがあります。

式場によってフラワーバージンロードができる場合とできない場合があるので、気になる人は直接式場に問い合わせてみてくださいね。

披露宴会場の装花

続いては披露宴会場で用いられる装花。

挙式会場以上にたくさんの場所で花が飾られます。

ここでは代表的な9つの装花をご紹介します。順番に見ていきましょう。

1 メイン装花

メイン装花とは、新郎新婦が座るメインテーブルの上に飾られるお花のこと。

披露宴で新郎新婦が座る、ゲスト席より一段高くなった場所「高砂(たかさご)」にちなんで、「高砂花」と呼ばれることもあります。

つねにゲストの視線が集まる場所のため、メイン装花は欠かせない装飾のひとつ。

結婚式全体の雰囲気を左右する、とても重要な装花です。

2 ゲストテーブル装花

ゲストテーブル装花は、名前のとおり、ゲストのテーブルの上に飾る「卓上花」のこと。

テーブルの中心に飾ることが一般的です。

ゲストの近くに飾るので、おもてなしを兼ねて華やかにするカップルも多いよう。

また、この装花は披露宴が終わった後にゲストに持ち帰ってもらうこともあります。

3 ウェディングケーキ装花

披露宴で登場することの多いウェディングケーキ。

新郎新婦が二人でウェディングケーキにナイフを入れるケーキカットの演出が定番です。

そんなウェディングケーキを彩るのが「ケーキ装花」。

お花でケーキの周りやケーキがのっている台を飾ります。


また、ケーキだけでなく、ケーキカット用のナイフにお花を付ける「ナイフ装花」という装花もあります。

こちらは、ナイフの柄の部分にお花を飾り、華やかさを出すためのもの。

ケーキカットはよく写真に撮られるから、ナイフまで可愛くしたい!と、ナイフ装花も取り入れる人もいるようですね。

4 キャンドル装花

ゲストテーブルに用意したキャンドルに火を灯してまわるキャンドルサービスの演出をするカップルには、キャンドル装花もオススメ。

ゲストテーブルにあるキャンドルのほか、新郎新婦用の大きなメインキャンドルにお花を添えてゴージャスにアレンジするのも素敵です。

さらに、キャンドルに火を灯すために使うスティック状のトーチにお花を飾るケースも。

「トーチ装花」と呼ばれています。

5 マイク装花

マイク装花は、スピーチ用のマイクのスタンドに施す装花のこと。

披露宴ではゲストにスピーチをいただく人も多いですよね。

みんなの視線が一斉に集まるスピーチ。

追加で費用がかかることが多いですが、マイクをおしゃれに演出するのもアリかもしれませんね。

6 グラス装花

装花はグラスにもできるんです。

新郎新婦の乾杯用グラスにお花をアレンジすれば、乾杯するときの手元がとっても華やかに。

リボンで飾ることもありますが、こだわりたい人は装花にしてみてはいかがでしょうか。

7 受付装花

受付装花とは、受付のテーブルにお花を飾ること。

お花以外のものを置く場合もありますが、装花にするとお花がテーブルのワンポイントになって、結婚式らしく華やいだ雰囲気になりますよ。

8 ウェルカムスペース・ウェルカムボード装花

同じく会場の入り口を彩ってくれるのが、ウェルカムスペースやウェルカムボードの装花。

二人の写真や思い出のアイテムなどの後ろにお花を活けたり、グリーンを飾ったりするととってもオシャレ。

アイテムのまわりに花びらを散らすのも可愛いですね。

大きな観葉植物を飾る演出もあります。

また、ゲストを歓迎するためのウェルカムボードをお花で飾るのもGOOD。

飾り方のアイデアは色々。

ボードにお花をくっつけたり周りを囲ったり、リース型にしてボードの前に立てかけるタイプなどがあります。

9 エントランス装花

最後にご紹介するのはエントランス装花。

会場に入るドアやエントランス周辺をお花で装飾することです。

エントランスにフラワーアーチを設ければ、一気にパーティーらしい雰囲気に。

ドアにフラワーリースをかけたり、持ち手部分をお花で飾ったりする場合もあります。

ゲストを出迎えるエントランスを装花で美しく演出するのも素敵ですね。

まとめ

いかがでしたか?
結婚式会場をお花で彩る「装花」は、さまざまな場所に飾られるんですね。

挙式会場でよく取り入れられる装花は、
・祭壇装花
・チェアフラワー
・フラワーバージンロード
など。

披露宴会場では、次のようにさまざまな場所やアイテムの装花があります。

・メイン装花
・ゲストテーブル装花
・ウェディングケーキ装花・ナイフ装花
・キャンドル装花・トーチ装花
・マイク装花
・グラス装花
・受付装花
・ウェルカムスペース・ウェルカムボード装花
・エントランス装花

ご紹介した装花を参考に、会場を華やかに飾ってくださいね。

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る