結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

海や南国をテーマに!リゾート婚にもピッタリな夏らしい会場装花って?

音声で聴く!

0:00

0:00

夏の結婚式やリゾート婚には、海をテーマにした爽やかな会場装花や南国風のテーブルコーディネートはいかがでしょう。

花や海辺のアイテムを上手に使えば、簡単に海やビーチリゾートをイメージさせるコーディネートができるんです!

今回は、夏の結婚式やリゾート婚にぴったりのコーディネート例をいくつかご紹介します。

INDEX
ブルー系の花で爽やかに
貝殻やスターフィッシュで浜辺感をプラス!
ブルーゼリーを使ったアレンジ
クロスやナフキンで海らしさを演出
色鮮やかな南国風アレンジ
ひまわりやオレンジ系の装花も夏らしい!

ブルー系の花で爽やかに

夏と言えば、海。

海をイメージさせるカラーと言えば、やはり青ですよね。

海をテーマにした結婚式では、青系の装花や、青や水色と白を組み合わせた装花が人気です。

アジサイやデルフィニウムなどの淡いブルーの花に白バラをミックスしたフラワーアレンジは、爽やかさ満点!

暑い夏にぴったりの涼やかなコーディネートですね。

ビビッドな青いバラを使えば、クリアな海や明るい日差しに映える鮮やかな印象に。

同じブルー系のアレンジでも、使う花の種類や色味によって雰囲気を変えることができます。

「青と白だけでは色味がちょっと物足りない?」

と感じる場合は、ピンクなどを差し色として混ぜるのもおすすめ。

ピンクのバラやダリアなどを使うと、華やかさをプラスできますよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

貝殻やスターフィッシュで浜辺感をプラス!

海辺のアイテムを使って、海らしさを演出することもできます。

代表的なのは、貝殻やスターフィッシュ(ヒトデ)。

ゲストテーブルに貝殻やスターフィッシュをごろごろとランダムに置いたり、ガラスの器に砂と一緒に入れたりしてもオシャレ。

可憐なブルースターやデルフィニウム、かすみ草などを使った装花の周りに小さな貝殻を散りばめれば、優しく可愛らしい雰囲気に。

貝殻は、白やピンクなどの淡い色の装花とも相性バッチリですよ。

サンゴのオブジェはインパクトがありますね。

浜辺に打ち上げられる流木を飾れば、自然のビーチのような光景に。

大人っぽいオシャレなコーディネートですね。

海のモチーフをいくつか取り入れると、自然とマリンテイストのテーブルが出来上がりますよ。


ほかには、シンプルな装花を活けた水の中に、さりげなく貝殻を沈めるという方法も。

貝殻などのアイテムは、ネットで手に入れることができます。

時間に余裕があるなら二人で海へ出かけて、海辺の砂やきれいな貝殻を集めるのも楽しいかもしれませんね。

ブルーゼリーを使ったアレンジ

海水を表したいときは、青色の保水ゼリーが便利。

ガラス製の花器に青色のゼリーを入れてプルメリアやモカラの花びらをのせれば、まるで花が海水に浮かんでいるよう!

爽やかで夏らしいアレンジです。

青色ゼリーは、先ほどご紹介した貝殻やスターフィッシュなどとも相性GOOD。

お花と一緒に入れたり、近くに飾ったりすれば、たちまちマリンテイストあふれる装飾になりますよ。

青色ゼリーの入手が難しい場合は、代わりに青いガラス製の花器を使ってもいいですね。

クロスやナフキンで海らしさを演出

海をテーマにしたコーディネートでは、テーブルクロスやナフキンの色選びも重要。

定番の白いテーブルクロスも爽やかで良いですが、やはりおすすめは青い海をイメージさせるブルーのテーブルクロス。

青いクロスを一枚敷いただけで、なんとなく海っぽいコーディネートに近づきますよ。

では、ブルーのテーブルクロスにはどんな装花が似合うのでしょうか。

まずは、白とグリーンのシンプルな装花。

綺麗なブルーのクロスに、ユリやカラーなど華やかな白い花とグリーンの装花を飾れば、すっきり洗練された雰囲気のテーブルに。

濃いピンクが美しいモカラやデンファレの装花もおすすめです。

外国の海辺をイメージさせるオシャレなコーディネートになりますよ。

ナフキンやテーブルの中央にかけるテーブルランナーを青色にして、アクセントにするのもアリ。

ガラス製のお皿やコップなども、マリンテイストのテーブルによく馴染むアイテムです。

青みがかったカラーのものを選べば、さらに統一感が生まれますよ。

色鮮やかな南国風アレンジ

リゾート婚にはカラフルな南国風のフラワーアレンジもおすすめです。

アンスリウムやモカラ、デンファレ、プルメリアといった南国の花は、リラックスムードが漂うリゾート地での結婚式にぴったり!

カラーも、ビビッドな赤、ピンク、オレンジに紫など色々揃っているので、色の組み合わせを楽しめます。

赤いアンスリウムにオレンジの花やグリーンを合わせたり、木製の花器を使って、カラフルな花とグリーンを引き立たせたりするコーディネートも素敵。

全体の色数を抑えたい場合は、白のプルメリアなどを少し添えるだけでもリゾートらしい雰囲気を演出できますよ。

花以外なら、南国の葉っぱモンステラやバナナリーフを使ったコーディネートもGOOD。

大きな葉っぱをお皿の下に敷いてローカル感を出すのも面白いかもしれませんね。

ひまわりやオレンジ系の装花も夏らしい!

夏の結婚式におすすめの装花はほかにもあります。

ひまわりを主役にしたコーディネート

忘れてはいけないのが、明るいイエローが印象的なひまわりの花。

白いバラやグリーンにひまわりを加えたアレンジは、爽やかな夏らしいコーディネートです。

かすみ草とひまわりの組み合わせは、ナチュラルな雰囲気の結婚式にぴったり。

ひまわりの花びらをテーブルに散らせば、まるでテーブルがひまわり畑のよう!
ゲストからも歓声が上がりそうですね。

オレンジ系の装花もおすすめ

クールな印象の青とは対照的なオレンジの色。
あえて夏の強い日差しをあらわしたようなオレンジベースの装花はいかがでしょうか。

オレンジやイエローのガーベラ、黄緑色のマムを使ってアレンジした装花は明るく元気な雰囲気。

バラを使って柔らかさを出してもいいですね。

オレンジやイエローなどのビタミンカラーの装花は、会場をパッと華やかに彩ってくれますよ。

まとめ

いかがでしたか。

夏の結婚式やリゾート婚にぴったりな会場装花やテーブルコーディネート例として、次の6つをご紹介しました。

・青系の花をメインにしたコーディネート

・貝殻やスターフィッシュなど海のモチーフを取り入れたコーディネート

・青色のゼリーや花器を使ったコーディネート

・青いテーブルクロスやナフキンが目を引くコーディネート

・南国の花や葉っぱを使ったリゾート感漂うコーディネート

・黄色やオレンジがメインカラーのコーディネート

ご紹介した例を参考に、二人らしい夏の結婚式を作ってくださいね。

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る