結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

大人っぽい演出が叶う!アンティークな結婚式の装花アイデア集

「アンティークな雰囲気の結婚式がしたい!」

それなら会場装花もアンティークな花や色合いでまとめましょう。

装花をアンティークな雰囲気にするためのポイントや、おすすめの花材、アンティークな装花と一緒に取り入れたい小物などを具体的にご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

INDEX
アンティークな雰囲気の装花にするには?
アンティークな装花におすすめの花材
ドライフラワーを取り入れるのもアリ
装花に取り入れたいアンティーク小物
花器やテーブルクロスにもこだわって

アンティークな雰囲気の装花にするには?

「アンティーク」とは、フランス語で骨董品や古美術品のこと。

一般的には、古びた趣のある装飾品や家具をイメージする人が多いのではないでしょうか。

「可愛らしいパステルカラーもいいけど、大人っぽい落ち着きが欲しい・・・」

そんな人にぴったりなのが、アンティークな雰囲気の装花です。

結婚式の装花をアンティークな雰囲気にするためには、次の2つのポイントをおさえておくとGOOD

1 落ち着いた色合いやくすんだ色味でまとめる
2 古い小物を装飾に取り入れる

それぞれくわしく見ていきましょう。

1 落ち着いた色合いやくすんだ色味でまとめる

アンティーク感を出すためには、装花やその周りをどんなカラーでコーディネートするかがとっても重要。

色合いとしては、ピンクやオフホワイト、紫、茶色など、落ち着いた色味でまとめるとアンティークな雰囲気になります。

また、同じ色味でも鮮やかな色ではなく、「スモーキーカラー」と呼ばれるグレーが混ざった濁りのあるカラーを選ぶとベター。

スモーキーピンクやスモーキーグリーンなど、くすみのある色を取り入れるだけで、落ち着いたアンティーク感を醸し出せますよ。

2 古い小物を装飾に取り入れる

もうひとつ簡単なのは、古い小物を装飾に取り入れること。

骨董品など、古びた趣のある小物を花と合わせて飾れば、それだけでぐっとアンティーク感が増します。

とはいえ、本物の骨董品を使うのはなかなか難しいので、少し古びた加工がされた雑貨や古書など、アンティークなイメージのある小物を選んで使うと良いですよ。


では、どんな花や小物を使えばいいのか、具体的に見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

アンティークな装花におすすめの花材

アンティークな装花にはどんな花が向いているのでしょうか。

よく用いられる代表的な花は次の3つ。

・バラ
・秋色アジサイ
・かすみ草

特徴を1つずつ簡単にチェックしてみましょう。

バラ

その気品のある美しさから大人気のバラは、アンティークな装花にもぴったりな花材。

淡いピンクやオフホワイトのバラを使って柔らかくまとめたり、ワインレッドのバラでクラシカルな雰囲気にするのもアリ。

バラは色も種類も豊富にあるので、会場の内装や好みに合わせて選べそうですね。

秋色アジサイ

本来は梅雨が旬のアジサイですが、夏から秋にかけて落ち着いた色味に変化したものや、色が変化するよう品種改良されたアジサイのことを秋色アジサイといいます。

アンティークアジサイと呼ばれることもあります。

品種や育て方によって色には微妙な差がありますが、渋みのある赤やくすんだピンクや緑のものが多いよう。

シックな色合いを楽しめます。

かすみ草

ナチュラルなアンティーク感を出したいときは、かすみ草が一番。

白く可憐なかすみ草は、繊細なアンティーク小物だけでなく、木箱やかごなど素朴なアイテムにもよく馴染みます。

かすみ草をふんだんに使って飾っても可愛いですし、バラなどと一緒にコーディネートしてもおしゃれですよ。

木の実やグリーンも

花のほかには、ペッパーベリーなどの赤い実やシルバー系グリーンなどもアンティーク感があります。

シルバー系グリーンとは、その名の通りシルバーがかった葉っぱのこと。

ユーカリやダスティーミラー、オリーブの葉などが有名です。

先ほど紹介した花とあわせて飾れば、落ち着いた雰囲気の木の実やグリーンがお花のアンティーク感を引き立ててくれますよ。

ドライフラワーを取り入れるのもアリ

ドライフラワーを使ってアンティーク感を出すのもアリ。

ドライフラワー特有のくすんだ色合いや乾いた質感は、コーディネートに古びた印象を与えてくれます。

生花と同じように、花器に活けたり、リースにしたり飾り方はいろいろ。

ウェルカムボードの装花として使われることも。

ドライフラワーは、自然に乾燥させたり、専用の乾燥剤を使ったりして自分で作ることもできます。

気になる人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

装花に取り入れたいアンティーク小物

続いて、アンティークな雰囲気を盛り上げてくれる小物を見てみましょう。

鳥かご

ちょっと甘め×ロマンチックな雰囲気にしたいなら、「鳥かご」がおすすめ。

飾り方は、かごの大きさによってお花やグリーンを中に入れても、かごの周りにお花を飾ってもどちらでもOK

鳥かごにキャンドルを入れてもおしゃれです。

また、鳥かごの色も、オフホワイトやゴールドなどいくつか種類があるので、装花の色合いにあわせてコーディネートするのもいいですね。

キャンドル

装花と一緒にぜひ飾ってほしいのがキャンドル。

ゆらゆらと灯りが揺れるキャンドルは、アンティークな雰囲気にぴったり。

おしゃれで花との相性も良いため、人気のアイテムです。

会場の照明を少し落として、幻想的なキャンドルの灯りを楽しむのもアリ。

形や高さも色々あるので、装花に合わせて好みのものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

洋書

外国の古い洋書は、それだけでアンティーク感を醸し出してくれる優秀なアイテム。

数冊ランダムに積み重ねたり、装花の下に敷いたりすると自然とこなれた印象に。

会場や装花、花器の色味に合わせて選ぶと、さらにおしゃれ感がアップ。

洋書とコーディネートすると、知的で上品な雰囲気に仕上がりそうですね。

こんなアンティーク小物もおすすめ

ほかにもアンティークな小物や雑貨は、探してみると意外とたくさんあります。

装飾が美しいアンティークゴールドのフレームや鏡、天使のオブジェなど。

このようなアンティーク小物は、ウェルカムスペースの飾り付けにも大活躍。

メインテーブルの装花と一緒にコーディネートするのも素敵ですよ。

花器やテーブルクロスにもこだわって

アンティークの装花にするなら、花を飾る花器やテーブルクロスにもこだわりたいところ。

落ち着いた色やくすんだ色味の装花に合わせて、花器もアイアンや陶器でできたアンティーク調のものをチョイスするとGOOD

テイストを揃えるだけで、よりアンティーク感がアップしますよ。


テーブルクロスは、オフホワイト、スモーキーピンク、シャンパンゴールドなどの優しい色を選ぶと、装花とコーディネートしやすいかもしれません。

さらにアンティーク感を強調したいなら、ボルドーなどの濃い色をナフキンや、クロスの上にかけるテーブルランナーに取り入れるのもおすすめですよ。

まとめ

結婚式会場やテーブルの装花をアンティークな雰囲気に仕上げるためのアイデアをご紹介しました。

アンティークな装花を作るためには、主に次の2つのポイントがあります。

・落ち着いた色合いやくすんだ色味でまとめる
・古い小物を装飾に取り入れる

花材として、バラ、秋色アジサイ、かすみ草などを選ぶとアンティーク感を出しやすいです。

ドライフラワーを使ったり、鳥かごやキャンドル、洋書を取り入れるのもおすすめ。

また、装花やテーブルクロスには、くすんだ色味のスモーキーカラーを取り入れるとアンティーク感がアップ。

ぜひ好みのアイテムや色を上手に使って、アンティーク感たっぷりの結婚式を楽しんでくださいね。

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る