結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

和装に合わせる「小物」を覚えよう!【花嫁和装の基礎知識】

音声で聴く!

0:00

0:00

和装小物を使った白無垢のコーディネート

公式インスタグラムはじまりました!

花嫁のドレスに合わせる小物といえば、ベールやグローブなど・・・

色々思いつきますが、和装に合わせる小物のことは知っていますか?

今回は、和装で結婚式を挙げる花嫁に必要な「和装小物」について、その意味や使い方も合わせて詳しくご紹介します。

INDEX

和装小物ってどういうもの?

ウェディングドレスに合わせる小物がたくさんあるのと同じで、和装にも必要な小物がいくつかあります。

和装で必需品とされるほとんどの小物は、江戸時代に実用品として女性が使っていたもの。

それを簡略化したものが、和装の花嫁の小物として使われているんです。

そのひとつひとつに、きちんと意味がある和装小物。

様々な和装小物

その意味や込められた願いを知った上で身につけると、よりありがたみが増しそうですよね!

では、代表的な和装小物と、その意味や使い方を見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

懐剣(かいけん)

懐剣

懐剣は、武家の女性が護身用に持っていた短剣です。

帯の間に挿して飾ります。

剣をそのまま挿すわけではなく、懐剣袋に入って、白い組み紐がついたものが一般的な形。

白無垢には白いもの、色打掛や引き振袖なら着物に合った色柄のものを選ぶといいでしょう。

白い懐剣を挿した白無垢姿

「邪悪なものを寄せ付けない」
「自分の身は自分で守る」
「一度嫁いだら帰らない」

そんな意味が込められているとされ、妻となる覚悟やお守り的な役割なんだそう。

明治時代以降、結婚式で小物として使われるようになったといわれています。

筥迫(はこせこ)

筥迫

武家の女性が、身だしなみに使う白粉や紅筆などを入れて、胸元に差し込んでいた箱状のものです。

今でいう、化粧ポーチのようなものですね。

刺繍や房が施されていて、胸元の合わせに差し込んで飾ります。

胸元の合わせに筥迫を差し込んだ和装姿

「身だしなみに気をつけて、いつまでも美しく」

そんな意味が込められているそう。

白無垢には白いもの、色打掛や引き振袖には豪華な金色や、着物に合った色のものを選びましょう。

最近では色味の入ったものを、白無垢に合わせることもあるようです。

末広(すえひろ)

扇子

末広とは、「扇子」のこと。
広げると、片側は金、もう片側は銀色になっています。

ただし、広げて使うのはマナー違反とされているので気をつけて!

帯に挿して飾りますが、例えば写真を撮るために手に持つときも、閉じた状態で持ちましょう。

白い扇子を閉じた状態で持っている手元

「末広がりの幸せが続きますように」

末広という文字通り、そんな意味が込められているそう。

面や房飾りの色は、白無垢のときには白いもの、色打掛、引き振袖のときは色を合わせて選びます。

抱帯(かかえおび)

抱帯を使ったコーディネート

抱帯は、帯の下の方に結ぶ、細い帯のことです。

昔、階級の高い家の女性は、長い裾を引きずって歩くような着物を着ていました。

外出の時はそんな裾を引きずらないように、紐でたくし上げていたんです。
それが抱帯のルーツ。

今では花嫁衣裳のみに使われる装飾品です。
帯の色とコーディネートして選びましょう。

ちなみに、抱帯の代わりに「しごき」というものを使うことも。

しごきは七五三の時に使う飾り帯で、抱帯よりより華やかな印象になりますよ。

しごきを使ったコーディネート

帯締め(おびじめ)

帯の中心近くを締める紐のことです。

帯締めを使ったコーディネート

一般的な着物でも使うアイテムですが、花嫁衣裳では中に綿が詰まった「丸ぐけ」という種類の帯締めを使います。

「永遠に続く幸せ」

丸ぐけにはそんな意味があるそう。

白無垢なら白のもの、打ち掛けや引き振袖なら帯や帯揚げと色を合わせて選びましょう。

帯揚げ(おびあげ)

帯枕を包み、背中からまわして前で結ぶ布です。

帯揚げを使ったコーディネート

「せおい揚げ」「しょい揚げ」と呼ばれることも。

鹿の子絞り(かのこしぼり)という方法で作られた帯揚げには、「子宝に恵まれる」「子孫繁栄」という意味もあるそうです。

帯の上から見えるので、帯や帯締めとコーディネートして選びましょう。

草履(ぞうり)

花嫁衣装用の草履

足元に欠かせないのが草履。

花嫁衣装に合わせる草履は、かかとの高さがあるものを使います。

高い方が華やかな印象になりますが、その分、歩きにくくなることも。

新郎との身長差なども考えて、ちょうどいい高さを選ぶといいですよ。

白無垢なら草履も白、色打掛や引き振袖には金色など、着物の色に合わせて選びましょう。

髪飾り

綿帽子

綿帽子をかぶった白無垢姿の花嫁

綿帽子とは、頭にかぶり、額部分まで覆い隠す大きな白い布です。

白無垢のときのみに使える装飾品。

昔は防寒やほこり除けに使われていましたが、今では花嫁衣裳としてのみ使われます。

「挙式が終わるまで、新郎以外に顔を見せない」

そんな奥ゆかしい意味が込められているんだそう。

基本的には「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」という日本髪に合わせますが、今は洋髪に合わせる花嫁も多いですよ。

角隠し

角隠しをかぶった花嫁

頭にかぶる帯状になった幅広の白い布です。

綿帽子と違って、髪型や髪飾りが見えるのが特徴。

白無垢にも、それ以外の着物にも使えます。

「嫉妬や怒り(ツノ)を隠して、良い妻でいます」

名前の通り、そんな意味が込められています。

簪(かんざし)・笄(こうがい)

簪や笄を使った日本髪のヘアースタイル

束ねた髪を固定する「かんざし」、マゲを束ねるために使われた「こうがい」。

花嫁の日本髪に飾る髪飾りとして使います。

先のとがったものを髪に挿すことで、魔除けの意味もあったとか。

べっこうを始め、色柄や素材もいろいろなので、好みに合わせて選びましょう。

和装の髪型について、詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

「文金高島田」とは?和装で結婚式を挙げるなら知っておきたい【髪型の基礎知識】

あわせて読んでみてくださいね。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

花嫁の和装小物とは、昔、実用品として使われていたものを装飾品として簡略化したものなんですね。

和装小物は花嫁衣裳を美しく見せるだけでなく、それぞれが持つ意味や願いもさまざま。

「花嫁が幸せになれるように」と願いが込められた小物たちを身につけて、美しい和装花嫁になりたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る