結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

手首につけて可愛いリストブーケ、簡単な作り方ってあるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

公式インスタグラムはじまりました!

手首に巻くタイプの、とってもかわいい「リストブーケ」。

素敵なリストブーケを買うのもいいけれど、もし自分で作ったら、もっと思い入れのあるものになるかも!?

今回は、リストブーケの簡単な手作り方法を、オシャレな裏技もあわせてご紹介します。

INDEX
必要な材料と道具
基本の作り方
簡単バージョン
やってみたい!オシャレな裏技

必要な材料と道具

まずは材料と道具を揃えましょう。

こちらは「基本の作り方」で必要な材料と道具です。

材料

・造花
・針金(太めと細め・二種類)
・フローラルテープかマスキングテープ
・リボン(太めと細め・二種類)

道具

・はさみ
・ペンチ
・(強度を上げたい場合)グルーガンとグルースティックか接着剤


その他、パールやビーズ、ビジューなど飾りをつけたい人は、好みのものを用意しておきましょう。

造花は花材店や雑貨屋、百均でも手に入ります。

ほとんどの材料・道具は百均で手に入るものなので、手軽にチャレンジできそうですね。

材料が揃ったら、いよいよつくっていきましょう!

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

基本の作り方

1 土台をつくる

太い方の針金を40センチ程度に切り、両端に輪っかを作ります。

太い方の針金は後で造花を巻き付けていく土台となるので、強度のあるものを選びましょう。

輪と輪の間の長さは、手首の太さの半径に合わせましょう。

輪の間部分は、針金をねじねじと巻きつけます。

細めの針金を使った時はなおさらですが、この部分は針金を何本か巻き付けて補強しておくと壊れにくいリストブーケになりますよ。

2 フローラルテープを巻く

輪と輪の間、針金を巻き付けた部分をフローラルテープで巻きます。

フローラルテープはフラワーアレンジメントでよく使われるテープで、粘着力と伸縮性があります。

伸ばしながら巻くと粘着力が強くなるので、しっかり引っぱりながら巻きましょう。

なければマスキングテープでもOK。

そのままにしておくと手首につけたとき、針金が手に刺さって危ないので必ずテープで保護しましょう。

3 細いリボンを付ける

2でフローラルテープを巻いた部分に、細い方のリボンを添わせて一緒にテープで巻いていきましょう。

これはリストブーケを手首に固定するためのリボンになります。

これで土台は完成!

4 造花の準備をする

元々茎が針金でできている造花なら、茎を数センチ残してペンチで切るだけでOK。

でも茎が針金でないタイプなら、花から一センチ程度残して茎を切ります。

そしてその茎に細い方の針金を巻き付け、ねじっていきましょう。

巻きつけた針金をフローラルテープで補強、保護したら準備完了!

花の根元部分の茎に針で穴を開け、針金を通し、両側の針金をねじっていくという方法もありますよ。

この場合も、フローラルテープを巻いて保護しましょう。

花材の下準備については、こちらの記事でも詳しく説明しています。

あわせて読んでみてくださいね!

素人でも作れる!可愛い花嫁花冠の作り方!

5 土台に花を巻きつける

3の土台に、花を巻きつけていきます。

花からでた針金を、土台の針金(両端の輪の間)にくるくると巻きつけましょう。

余った針金はペンチで切り、着けたとき手首に刺さらないように、切り口はペンチでしっかりと土台に押し付けて。

さらに強度を上げたいなら、グルーガンで補強するといいですよ。

どんなリストブーケにしたいか、ボリュームはどれくらいほしいか・・・様子を見ながら、花を巻きつけていきましょう。

花を隙間なく密集させると、とってもキレイなリストブーケに!

6 太いリボンを輪に通す

最初に針金で作った両端の輪に、太い方のリボンを通しましょう。

これで完成です!

太いリボンは飾り用。

手首に着けるときは細い方のリボンをきつく結び、太い方のリボンは、サイドなど好みの場所で可愛くちょうちょ結びにして垂らしましょう。

ちょっと頑張れば、案外簡単に作れそうですね!

「それでも、私不器用だし・・・」

という人のために、もっと簡単な作り方もご紹介しておきましょう。

簡単バージョン

簡単バージョンでは、針金で土台を作ったり、造花を巻いたりしません!

市販の安いブレスレットを土台にしてしまうんです。

用意するものはこれだけ。

・造花
・ブレスレット(幅の広いもの)
・厚紙
・飾り用リボンやパーツ
・はさみ
・グルーガンとグルースティックか接着剤


それでは作り方です。

1 厚紙を切る

厚紙を切ります。

ここに花をくっつけていくので、縦長のリストブーケがいいのか、横長がいいのか、大きさはどれくらいがいいのか・・・

など、自分の好みの大きさに切りましょう。

花をつけるとボリュームが出るので、理想の大きさより少し小さめにカットしてもいいくらいです。

2 ブレスレットに厚紙を貼る

1で切った厚紙を、グルーガンでブレスレットに貼ります。

これで土台は完成!

3 造花の茎を切る

造花の茎を短く切ります。針金で巻かずグルーガンで貼りつけていくので、茎の根元から切ってしまってOKです。

4 土台に花をつける

2で作った土台の厚紙に、造花をグルーガンで貼りつけていきます。

大きな花を先に貼りつけ、バランスを見ながら小花やつぼみ、リボンなどの装飾パーツを足していくといいですよ。

厚紙が見えなくなるように、隙間なく貼りつければ完成です!

やってみたい!オシャレな裏技

華やかで明るい色のリストブーケも素敵だけど、ちょっと大人な雰囲気を出したいな・・・

そんな人にピッタリな裏技をご紹介します。

それは、紅茶を使って造花をレトロな風合いに染めてしまうという方法!

鮮やかな造花が少しくすんだ色味になって、クラシカルな雰囲気になりますよ。

やり方はこちら。

1 濃いめの紅茶を作る

ティーパックを2~3パック使って熱湯を注いでもよし、茶葉を鍋で煮出してもOKです。

茶葉を煮出す場合は濾す作業もいるので、ティーパックだと手軽ですね。

ポイントは、濃いめの紅茶にすること!

ここに造花を浸すので、使う造花が浸かるくらいじゅうぶんな量を用意しましょう。

2 紅茶に造花を入れる

1の紅茶に造花を浸し、好みの色になるまで一時間以上置きます。

造花の素材によって染まり具合が違うので、先に一本浸してみて染まり具合を確認すると安心ですよ。

3 しっかり乾かす

好みの色になったら取り出し、しっかり乾かして完成!!

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

手首につけるキュートなリストブーケは、意外と手軽にDIYできるアイテムなんですね!

針金を巻き付けていく方法や、もっと簡単に市販のブレスレットを土台にしてしまう方法も。

紅茶で花を染めてクラシカルな風合いにするのもおすすめです。

自分好みのリストブーケを作って、手元を華やかに彩りたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る