結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

簡単にドレスの印象を変えることができる「サッシュベルト」って?

公式インスタグラムはじまりました!

花嫁に人気の「サッシュベルト」って、どんなアイテム?

今回は、ウェディングドレスにぜひ取り入れたいサッシュベルトについてご紹介。

色やデザインの選び方、つけ方もあわせて見てみましょう!

INDEX
サッシュベルトってなに?
色を選ぼう!
サッシュベルトの素材
どんなデザインがいい?
つけ方いろいろ

サッシュベルトってなに?

「サッシュベルト」とは、ウエスト部分に巻き付けて結ぶタイプのベルト(リボン)のこと。

ウェディングドレスに巻くだけで簡単にドレスのイメージを変えることができるので、とっても便利なアイテムなんです!

素材や色もさまざま。
ではまず、どんな色があるのか見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

色を選ぼう!

ピンク・ラベンダー

まずは女の子の王道、ピンクのリボン!
純白のウェディングドレスにピンクのリボンは、可愛さ間違いなしの組み合わせですね。

濃いピンクと淡いピンクではイメージも変わるので、自分にぴったりのピンクを見つけましょう。

ラベンダーなど優しいカラーも、女性らしさを引き立ててくれておすすめです。

ダークカラー

ダークカラーのサッシュベルトは、ドレス姿をキュッと引き締めてくれます。

黒だととても大人っぽい雰囲気で、より引き締め効果も大。

ネイビーはとってもラグジュアリーな印象に。

上品に見えるグレーも素敵です。

リボンの可愛さを抑えたい大人花嫁には、ダークカラーがおすすめですよ。

ホワイト・ベージュ

白いドレスに白いベルト?
・・・と疑問に思いそうですが、同系色はサッシュベルトが目立ち過ぎないおすすめの組み合わせです。

白やベージュなどドレスと同系色のベルトなら、リボンが太めや長め、大きめでも目立ち過ぎず、上品なワンポイントになりますよ。

新郎やテーマカラーと合わせて

サッシュベルトの色を、新郎とおそろいにするのもおすすめ!

新郎のシャツやブートニア、ポケットチーフなどと同じカラーにすると統一感が出ます。

会場の装花やテーマカラーと合わせるのもいいですね。


色が決まったら、次は素材を見ていきましょう。

サッシュベルトの素材

サテン・シルク

ドレスに合わせるサッシュベルトの王道は、サテンのリボンです。

光沢のある上品な素材で、どんなドレスにも合いそう。

またシルクも、高級感があって大人っぽい印象になりますよ。

チュール

ふわふわとした素材のチュールは、ボリューム感があってもかわいい印象に。

真っ白のウェディングドレスに巻けば、少女のように愛らしい花嫁になれそうですね!

オーガンジー

薄くて透け感のあるオーガンジー。
優しいイメージなので、ウェディングドレスにピッタリです。

デニム

ちょっと個性を出すなら、デニム生地のサッシュベルトもアリ!

カジュアルなイメージになりますが、斬新な花嫁姿になりますよ。

季節感のある素材

夏なら涼しげな麻のリボンや透明感のあるオーガンジー。

冬ならぬくもりのあるベルベットなど、季節に合わせて素材を選ぶのもおすすめ。

ウェディングドレスに季節感を添えてくれます。


色と素材は決まりましたね。
ではサッシュベルトには、どんなデザインがあるのでしょうか?

どんなデザインがいい?

ビジューでキラキラに!

クリスタルやガラス、ビーズなどが散りばめられたサッシュベルトは、とってもゴージャスな雰囲気!

歩くたびに輝いて、華やかなドレス姿になりそうですね。

フラワー・グリーンモチーフ

お花をモチーフにしたサッシュベルトは、とってもキュートです。

お花のコサージュをつけたり、生花そのものを巻くという手段も!

ナチュラルなイメージにしたいなら、グリーン(葉)を主役にするのもいいですね。

ヘアアクセサリーやブーケとおそろいにしても素敵。

一輪だけでワンポイントにするか、たくさんつけるかでも印象はだいぶ変わりますよ。

ダブルリボン

結び方は普通の蝶結びと同じですが、結ぶ前にリボンを二重にしておく方法です。

そうすることで、蝶の部分が四枚になり華やかなリボンの出来上がり!

色違いのリボンを重ねても可愛いですよ。

レースや刺繍を

刺繍やレースがあしらわれたサッシュベルトは、とっても繊細で美しい印象に。

エレガントなドレス姿を演出したい花嫁におすすめです。

同じデザインでも、リボンの太さを変えることで印象が変わります。

細めだと繊細で、スレンダーなドレスにもピッタリ。

濃い色だと細めでも存在感がでますよ。

太めだと、オシャレでインパクトがありますね。

ウェストに太めリボンを巻くことで、脚が長く見える効果も!

自分のなりたいイメージに合わせたデザインを選びましょう。

つけ方いろいろ

前リボン

サッシュベルトを目立たせたいなら、体の前でリボンを結ぶのがおすすめ!

一番目立つリボン部分が前面にくることで、とってもキュートな印象になります。

後ろリボン

サッシュリボンの王道の結び方は、前から巻いて後ろで結ぶこのスタイルです。

バージンロードを歩くときなど、後姿を美しく見せてくれるのがポイント!

横リボン

リボンを正面から少しずらして、サイドに近い部分で結ぶのも素敵です。

とってもオシャレな印象になりますよ。

大きさや長さ

〇蝶部分の大きさ

蝶の羽根部分の大きさを変えると、イメージががらりと変わります。

大きめだと可愛らしく少女のようなイメージ、小さめだとシンプルで繊細なイメージに。


〇長さ

垂らすリボンの長さもさまざま。
足元まで伸びる長めのリボンを選ぶと、縦長効果で脚が長く見えますよ!

脚長効果を狙うなら、ウエストより少し高い位置に巻くとなおGOOD。
細身のドレスにもよく似合いそうですね。

太めのサッシュベルトだったり、蝶部分を大きめにするなら、短めのリボンがキュート。

垂らす部分が少なくても、リボン部分にポイントがあればじゅうぶんインパクトが出ますよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

サッシュベルトとは、巻くだけで簡単にドレスの印象を変えることができるアイテムなんですね。

色、素材、デザインもさまざま!
長さや太さによってもイメージが変わるので、自分のなりたい雰囲気に合わせて選びましょう。

つけ方も色々あるので、色々試してみるといいかもしれませんね。

自分好みのサッシュベルトを見つけて、世界に一つだけのウェディングドレス姿をつくりましょう!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る