結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【ブライダルエステ】シェービングを受ける時期やポイントって?

ブライダルエステでよく聞く、「シェービング」ってどんなことをするのでしょうか?

多くの先輩花嫁が受けているようだけど・・・自分には必要なの?

そんな疑問にお答えして、今回は、シェービングの内容や期待できる効果、受ける時期やポイントをご紹介します。

INDEX
シェービングってどういうもの?
レザーシェービング
ソフトシェービング
シェービングで期待できる効果
シェービングの実施時期
受けるときのポイント

シェービングってどういうもの?

ブライダルエステで行う「シェービング」とは、結婚式当日の花嫁衣裳に合わせて、肌が露出する部分の産毛を処理することです。

主な部位としては、顔、首、デコルテ、背中、肩、腕、手などがあります。
ドレスを着た時に目立つ部分ですね。

もちろん衣裳の形によって、シェービングが必要な部位は違ってくるもの。

例えば和装なら、うなじや襟足、手先だけで十分な場合もあります。

自分が選んだ衣裳の形を伝え、どの部位のシェービングが必要なのか、サロンで相談して決めるといいですね。

シェービングでは産毛を剃って処理しますが、その方法には二種類あります。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

レザーシェービング

専用のカミソリを使い、産毛を剃る方法です。
産毛を剃ると同時に古い角質も除去し、明るい肌を作ってくれるというメリットも!

小鼻まわりなど、細かい部分も綺麗に剃ることができるので、なめらかで美しい仕上がりを期待できます。

理容師免許を持つスタッフのみが行うことのできる、本格的なシェービングです。

ソフトシェービング

電気シェーバーを使って産毛を剃る方法です。

特別な資格はいらないので、理容師のいないエステサロンなどでも施術を受けられます。

電気シェーバーがあれば自分で剃ることも可能ですが、サロンにおまかせすることにより、背中など自分では手が届きにくい箇所もきれいに仕上げてもらうことができます。

レザーシェービングよりも毛が生えてくるまでの期間が短いのはデメリットですが、お肌に負担をかけないというメリットもありますよ。

どちらの方法でシェービングを行うかは、自分の肌の状態や、式までのスケジュールなど、サロンのスタッフとよく相談して決めるといいですね。

シェービングがどんなものか、だいたい分かったところで、気になるのはその効果ですよね。

一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

期待できる効果や、実施期間の目安を見ていきましょう。

シェービングで期待できる効果

自分では処理できない部位も綺麗に

顔や腕は、普段自分で産毛の処理をしているという人もいるのではないでしょうか?

でも背中やうなじなど、自分ではなかなか手が届かないところもありますよね。

普段は産毛のケアをしないような部位でも、ドレスや着物になると目立つ場合も。

そんな部位も、プロにお任せすれば綺麗にシェービングしてもらえます。

自分で見えない部分まで手入れが行き届くのが嬉しいですね。

メイクのノリが良くなる

産毛が肌に生えている状態でメイクをすると、ファンデーションが肌に密着することができません。

でも産毛を処理してツルンとしたお肌に整えておけば、メイクがピッタリと肌に乗り、美しい仕上がりに!

メイク崩れもしにくくなります。

たくさんの人に至近距離で見られることも多い一日ですから、メイク崩れが少しでも長く防げるのはありがたいですね。

レザーシェービングならくすみもスッキリ

産毛と一緒に古い角質も除去してくれるレザーシェービングなら、くすみがとれて肌が明るく見えることも!

産毛がなくなるだけでなく、美肌効果も期待できるなんて嬉しいですよね。

透明感のある明るい肌は、写真映えもバッチリですよ。

シェービングの実施時期

シェービングを受けるおすすめの時期は、シェービング方法によって少し違ってきます。

レザーシェービング
結婚式1週間~3日前くらい

カミソリを使うレザーシェービングの場合、受けた後しばらくは肌の状態が安定しない場合があります。

肌が落ち着いて、コンディションがよい状態になるのは、レザーシェービングを受けてから数日後。

また、万が一シェービングによって肌トラブルが起きた場合も、回復するまでに最低でも3日ほどは回復期間を確保したいものですよね。

そういったことから、レザーシェービングは結婚式の1週間~3日前くらいに受けるのがおすすめです。

ソフトシェービング
結婚式3日前から前日くらい

ソフトシェービングは、レザーシェービングに比べて産毛が生えてくるまでの期間が短いので、なるべく結婚式に近い日に受けるのがおすすめ。

ただし、お肌に刺激の少ないソフトーシェービングでも、肌トラブルを起こしてしまう可能性もゼロではありません。

気になる人は前日に受けるのは避け、3日前くらいに済ませておけば安心かもしれません。

受ける時期は、自分の肌状態によってスタッフとよく相談して決めるといいですね。

では最後に、シェービングを受けるときに気を付けたいポイントをいくつかお話ししましょう。

受けるときのポイント

1ヶ月くらい前に試し剃りをする

先ほども少しお話ししましたが、レザーシェービングでもソフトシェービングでも、肌トラブルを起こしてしまう可能性がゼロではありません。

レザーシェービングの場合は特にカミソリを使うので、自分のお肌に合うかどうか試し剃りしておくのがおすすめ。

結婚式の1ヶ月前くらいに試しておくと安心です。

部位やデザインをよく相談する

どこまでシェービングしてほしいのか、眉やうなじの場合、どんなデザインにしてほしいのかなど、事前にきちんと相談しておくことが大切。

和装の場合はうなじや襟足が目立ちますし、眉の形で顔のイメージは大きく変わります。

また、ドレスの形によって必要なシェービング範囲も異なるもの。

本番で「ここも剃ってほしかったのに!」なんてことのないよう、きちんとサロンのスタッフと話して決めておくようにしましょう。

受ける前に肌状態を整えよう

せっかく試し剃りで満足のいく仕上がりになり、いざ本番・・・というときに、肌荒れがひどくてシェービングを受けられない!なんてことになったら困りますよね。

結婚式準備で何かと忙しい毎日ではありますが、十分な睡眠をとり、肌を乾燥させないようにしっかりと保湿をしてあげましょう。

生理前や生理中など肌が敏感になる時期も、避けられるなら避けたほうがベスト。

でも時期的にどうしても生理中に・・・ということもありますよね。

もちろん生理中でもシェービングは受けられるので、できるだけ睡眠・保湿を意識して、お肌のコンディションを崩さないようにするといいですよ。

受ける前後はスキンケアに気をつけよう

レザーシェービングは古い角質を除去するので、しばらくは肌が刺激に対して敏感な状態になることも。

レザーシェービングを受ける前後は保湿ケアをしっかり行い、外に出るときは紫外線対策をして日焼けは避けましょう。

受けた当日はメイクをするのも避けたほうが無難です。

肌の角質を取るピーリングをしたり、スクラブが入った洗顔料を使ったりなど、より刺激を与えてしまうようなケアもNG。

シェービングと併用してブライダルエステを受ける場合は、日にちを開けて予約を取るといいですね。

最高の状態で結婚式当日を迎えるために、覚えておきたいポイントです。

まとめ

花嫁衣裳から露出する部分の産毛を剃る「ブライダルシェービング」。

理容師免許が必要な「レザーシェービング」と、電気シェーバーを使う「ソフトシェービング」の二種類があります。

自分ではできない部位も綺麗にできるだけではなく、メイクのノリがよくなったり、古い角質が取れたりと期待できる効果は色々。

レザーシェービングは結婚式1週間前~3日前、ソフトシェービングは結婚式3日前~前日に受けるのがおすすめです。

ただし、1ヶ月前に試し剃りは必須。

受けるべき部位やデザインは事前によく相談し、受ける前後はスキンケアに気をつけましょう。

美しい花嫁姿のためにも、シェービングはぜひ検討したいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ブライダルエステ・ネイル」の他の記事

「ブライダルエステ・ネイル」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る